本当に行った 遊びのガイド

赤穂浪士47士の眠るお寺「泉岳寺」に行って全員にお参りしてきた!

泉岳寺は慶長17年(1612年)に徳川家康が外桜田に門庵宗関を招いて創建。寛永18年(1641年)寛永の大火で焼失したが、徳川家光の命で、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の5大名により、現在の高輪の地で再建された由緒正しきお寺です。一度行って見ては如何でしょうか。

さん
更新日:
閲覧数
255
お気に入り
0

おば九 ABURI 泉岳寺駅前店

おば九 ABURI 泉岳寺駅前店
東京都港区高輪2-16-35

お寺に行く前に駅前にあるおば九さんでランチをいただきました。

和食がメインで、千円前後で食べることができます。

とっても人気のあるお店、夜もとても雰囲気が良いそうです。
泉岳寺の駅前にあるので、お寺に行く前や、後に行くのをおすすめします。

★食べログサイト
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13048293/

泉岳寺

泉岳寺泉岳寺泉岳寺
東京都港区高輪2-11-1

都営浅草線「泉岳寺」駅から徒歩2分。

泉岳寺はあります。天気の良い日にはベンチで本を読んだりしている方もいる、なんだか思っていた印象と違うお寺です。とても清らかで気持ちのいいお寺でした。

泉岳寺泉岳寺泉岳寺泉岳寺

赤穂浪士の眠るお寺、入り口にはお線香が売っていてお店の方が火をともしてくださいます。

お墓に眠っている方が沢山いるので量もかなりあります。
お線香は100円で購入できます。

泉岳寺泉岳寺泉岳寺泉岳寺

赤穂浪士は一般に「四十七士」と言われますが、泉岳寺の赤穂義士墓地には討入り以前に自害した萱野重実(三平)の供養墓を含め48基の墓塔があるそうです。

その一つ一つに、先ほどのお線香をあげてお参りをしていきました。

泉岳寺泉岳寺

吉良上野介の首を切り取り、本所からこの寺に引き上げた後、主君の墓前に供えるため、その首を洗い清めたという井戸がここにあります。

すごく表現の難しい…とにかく見守ることしか私にはできません。。。

いろんな思いの詰まったお寺、お線香をあげたことで少し清らかな気分になりました。

このプランのマップ

0
ライター紹介
遊びのスペシャリスト、食べ歩きと旅行が趣味、コスパの良い食べ歩きデートや美味しいお店探す日々。行って見たくなる楽しいプランを考えるのが大好きです。