本当に行った 遊びのガイド

【昭和25年から続く有楽町の名店】広東料理慶楽で絶品の上湯炒飯を

老舗中華料理店で大人気の上湯炒飯を食べます。有楽町界隈で最も有名な広東料理店です。創業は1950年(昭和25年)。小説家の池波正太郎や落語家の9代目林家正蔵が訪れたことがある名店です!この店はスープ炒飯が有名です。

さん
更新日:
閲覧数
2188
お気に入り
0

慶楽

慶楽
東京都千代田区有楽町1-2-8 慶楽ビル

老舗の中華料理店です。外から見ると他の街にある中華料理屋さんなのですが、多くの作家やや芸能人が通う有楽町の名店なのです。それが中華料理慶楽です。

慶楽慶楽

店内はいかにも中華料理屋屋という内装になっています!この空間で料理がやってくるのを待ちます。

慶楽

揚湯炒飯がやってきました。炒飯は玉子、叉焼、刻み葱と上にのった3匹の海老です!
パラパラの炒飯を鶏ガラスープと共に炒飯のお茶漬け感覚で楽しめます!

慶楽

ちなみにチャーハンランチも盛りがよく味もよいです。酢豚、ザーサイ、豚肉炒めがのっています!デザートにあんこがはいったごまだんごもついてきます!

住所:千代田区有楽町1-2-8 慶楽ビル
営業時間:11:30~21:45   ランチは17:00まで
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002730/

このプランのマップ

0
ライター紹介
グローバルローカル問わず様々な地域を探検し魅力を発見するのが趣味です。プレイライフでは日本全国の食べ物や楽しい遊びを集めて精力的に発信していきます!どうぞよろしくお願い致します!