東の果てに、面白さ求めに行く。

亀有駅

みなさん、”東の果て”と聞いて思い浮かべるのはどこですか?

東京は、東東京、西東京と2分されていますが、果てと言われてもどこぞや…とピンとくる人はあんまり居ないですよね。

正解は、令和になった今でも知らない人はいないあのアニメの舞台ともなっている「亀有」です!

亀有と言えば…

亀有駅

そう、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」こと「こち亀」の舞台となった場所です。
駅から出ると、両津 勘吉や中川 圭一、秋本 カトリーヌ 麗子の銅像が出迎えてくれることでしょう。

でも、わざわざその写真を撮るほど出かける場所でもないな~って思っているそこのあなた!

実は、亀有にはまだまだお洒落なスポットや地元民いきつけの人気店が身を潜めているですよ。
さぁ、下町の新トレンドを求めに、亀有へお出かけしに行きましょう。

1. ドアーズ

音楽の力を感じる喫茶店

ドアーズ

「ドアーズ」は、見るからに純喫茶!という見た目のお店。
普段入らないところに行くと緊張する…という人も、勇気を出してドアを開けてみてください。

そこには想像を超えた「音楽の世界」が待っています。

その理由は…

ドアーズ

元々、店名は60年代のロックバンド「The Doors」からつけられたそう。
一心に音楽活動を続けるThe Doorsの姿勢に感化され、店名にしたのだとか。

そんなロックな名前とは裏腹に、店内のBGMは昭和を代表する「オフ・コース」。
そんなところも面白いですね。

ドアーズ

看板メニューはやっぱり「ナポリタン」(980円)。
ランチセットには、サラダ・スープ・ドリンクがついています。

純喫茶と言えば、タマゴセットやトーストセットもはずせないところですが、
今回はナポリタンを注文してみました。

味はケチャップの酸味が効いていて、とてもボリューミー!
やはり、どこか懐かしさを感じます…。

看板に描かれた、「The future's uncertain and the end is always nearー」(未来は不確かだ、そして終わりはいつもそばに―」
なんだかエモさがじわじわと伝わってくる、店主のメッセージが込められた文章でした。

ドアーズ
場所:東京都葛飾区亀有5-21-9
アクセス:亀有駅から217m
営業時間:10:00〜19:00 ランチ営業

2. 栄真堂書店

平成生まれでも一目置いちゃう、レコードが生きている書店

栄真堂書店

「栄真堂書店」は亀戸駅北口からすぐのところにある本屋さん。
1957年に開店をしたというこのお店。
一見、普通の本屋さんに見えますが、店内をじっくりと覗いてみると…?

「昭和の新宿」や「」など、乱雑に並べられたディープな本の数々。
その古い本のいい香りに、つい手を伸ばしてみてしまいます。

古書の匂いってどうしてこんなにも落ち着くのでしょう。

栄真堂書店

そしてなにより注目してほしいのが、令和になった今、消えつつあるレコードがまだ生きているということ。

長年ファンに愛されたポップスのレコードが、確かに存在していました。
少し色褪せたジャケットのレコードですが、当時はアイドルとして名を響かせていたあの有名な方がちらほら…。

お宝の山だらけの本屋、素通りするわけにはいきません!

栄真堂書店
場所:東京都葛飾区亀有5-32-11
アクセス:亀有駅から徒歩1分
営業時間:10:00~24:00

3. ラッキー亀有2号店

純喫茶のクリームソーダ最強説

ラッキー亀有2号店

純喫茶のクリームソーダに心躍らせる2019年。
「ラッキー亀有2号店」にも、皆さんがつい注文してしまうクリームソーダがあります。

ガラス越しに伝わってくる老舗感。
ご近所さんが集う場所で「初めまして」でも、きっと数十分いればきっとその雰囲気に溶け込んでいるはずです。

ラッキー亀有2号店

マスターと共に楽しくおしゃべりをする地元の方々。
店員さんもフレンドリーで、おすすめのコーヒーの質問をしやすかったです。

ラッキー亀有2号店

こちらが目当ての「クリームソーダ」(550円)。

強めの炭酸に、ほんのり甘いバニラアイスが乗っています。

レトロで重圧感のある空間にぽつんとクリームソーダがあるだけで、たちまち愛らしさが伝わってきます。

ラッキー亀有2号店
場所:東京都葛飾区亀有5-37-1
アクセス:亀有駅から169m