「きみ波」思い出マップを片手に聖地巡礼!

「きみと、波にのれたら」は、湯浅政明監督が贈る最新オリジナル劇場アニメーション映画。

アヌシー国際アニメーション映画祭・クリスタル賞(グランプリ)受賞作品『夜明け告げるルーのうた』(17年)、日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、昨年Netflixで配信がスタートした「DEVILMAN crybaby」など数々の話題作を世に送り出し、疾走感と躍動感に溢れる自由闊達な映像表現で、日本のみならず世界を魅了してきた湯浅政明

活躍の勢いがとどまることを知らない湯浅監督待望の最新作は、海辺の街を舞台にした、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との、運命的な恋を描くラブストーリー

ここで少しストーリーについて、触れておきましょう。

小さな港町へ越してきたひな子は、サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。
ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる

お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。
そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。

「ずっとひな子のことを助けるって約束したろ?」
死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。
奇跡がもたらした二人の恋の行方は?
そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?

「きみ波」デートしない?♡

実は、「きみ波」の舞台になっている千葉県
そんな千葉の魅力が詰まった、ロケ地マップがあります。
劇中に出てくる港とひな子のデートスポットも多数掲載されております。

このスポットを回れば、千葉の美しさ、魅力を再確認!
二人の気持ちも盛り上がる事、間違いなしです♡

ぜひ、きみ波デートの参考にしてみてください。

1.千葉ポートタワー

クリスマスに港とひな子が訪れた場所。

千葉県民にはお馴染みの場所。
「千葉ポートタワー」

作中では、港とひな子がデートでクリスマスに訪れた場所です。

千葉ポートタワー

こちらは、1983年(昭和58年)に千葉県人口500万人突破を記念して建設された、高さ125mのタワー。

幕張新都心エリアのオフィスビルやホテル、千葉市内の商業施設の灯りが一望できるとして、日本夜景遺産にも登録されています。

千葉ポートタワー

冬期限定のクリスマスイルミネーションでは、映画にも登場する、壁面がクリスマスツリーのようにライトアップします。
映画の公開記念で、クリスマス限定のライトアップを、特別に夏に点灯するイベントが開催されております。

『きみと、波にのれたら』公開記念 真夏のクリスマスツリー点灯
●期間:6月21日(金)~7月28日(日)土日限定
●点灯時間:19:00~21:00

つい、数年前までは、夏の花火大会は、ここがメイン会場でした。
(いまは、幕張に移動)
それもすごく印象的だったんですけどね…

千葉ポートタワー

千葉ポートタワーの2階の展望フロアは、2011年4月に「恋人の聖地」に選定されました。

眼下には東京湾から千葉の市街を臨む360°の絶景が広がり、日が沈むと、日中とは全く違う表情を見せる夜景がキラキラと輝き、二人の距離は自然と近づくはずです。

恋の街ローマで、恋人達が愛を誓い合いミルヴィオ橋に南京錠をかけたことで有名になった、「愛の南京錠」
地上105mにあるポートタワー2階「サンセットプロムナード」には、そんな二人の愛を誓う南京錠をロックするフェンスのほか、「恋人の聖地」認定を記念したモニュメントがあります。

千葉ポートタワー
場所:千葉県千葉市中央区中央港1
アクセス:千葉みなと駅[西口]から徒歩約13分
営業時間:6月〜9月/9:00〜21:00、10月〜5月/9:00〜19:00

2.原岡海岸

海に沈む夕日が美しい!

港とひな子が手をつないでキスをするロマンチックなシーンで登場した、きれいな夕日が見られる桟橋。
実は、千葉の新たな撮影スポットしても、かなり前から有名になっておりました。

岡本桟橋は全国でも数少ない、木製の桟橋としてロケ地の聖地としても有名です。

原岡海岸キャンプ場

やっぱり彼と訪れるなら、夕暮れ時がおすすめ
空気が澄んでいる冬などは、富士山が望めたりします。
海に沈む夕日を見ながら、愛を誓っちゃう?

ただ、そこに着くまでの道が少し狭いようなので、運転には十分気を付けて!
また、夜はとても暗いので、特に注意が必要です。

原岡海岸キャンプ場
場所:千葉県南房総市富浦町 原岡海岸
アクセス:富浦(千葉県)駅[出口]から徒歩約9分

3.館山ファミリーパーク

色とりどりのお花がお出迎え♪

港とひな子がデートをした公園「館山ファミリーパーク」。
1年中四季の花やハーブが楽しめます。

特に映画に登場した春のポピー畑は約100万本と関東最大級!(満開見ごろは2月末~3月末)

ポピーの里 館山ファミリーパーク

ポピーの里「館山ファミリーパーク」は、房総半島の南端、洲埼灯台と野島埼灯台の中間地点にあります。
館山の人気スポットで、房総フラワーライン沿いの平砂浦を望む、7,500平方メートルの広大な花畑と癒しの楽園になっております。

一年を通して、様々なお花を見ることができるので、オールシーズンおすすめなスポットでもあります。
見渡す限りのお花畑は、まさにインスタ映えでもありますね!

ポピーの里 館山ファミリーパーク
場所:千葉県館山市布沼1210
アクセス:館山駅から車で21 分(9.7 km、「国道410号線」経由)
営業時間:Aシーズン:8:30~17:00(7月第4月曜日~8/31、12月第3月曜日~5/6、土日祝日)、Bシーズン:9:00~16:00(Aシーズン以外の平日)