錦糸町といえば…?

錦糸町駅

錦糸町といえば、どんな観光地を想像しますか?あんまり、錦糸町の観光地と聞いて「ピンっ!」と来るスポットってないですよね。

そう、なかなか銀糸町の観光地って思いつかないんです!でも意外と楽しめる・映える素敵なスポットが隠れているんですよ!この特集では、錦糸町でオススメな観光スポットをご紹介していきます。

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

1. たばこと塩の博物館

学べる&フォトジェニックな博物館

たばこと塩の博物館

錦糸町駅から徒歩18分のところにある、たばこと塩の博物館

エントランスで入館料100円を支払い、チケットやパンフレットを受け取りましょう。

たばこと塩の博物館

ここはフォトジェニックなスポット、街角のたばこ屋さんレトロな雰囲気がとってもかわいいです♡フォトジェニックな塩とたばこの世界、いかがでしょうか?

学べるし、目でも楽しめるし、おもしろい博物館です!次からご紹介するのは、塩のブース。

たばこと塩の博物館

塩のブースでは、いろんな動物に出会うことが出来ます。アフリカゾウは迫力があって、しかもフォトジェニック♡

ここはただの動物園ではなくって、塩と動物について学ぶことができるんです。子供に大人気ですが、大人も楽しめるスポットです。

たばこと塩の博物館
場所:東京都墨田区横川1-16-3
アクセス:とうきょうスカイツリー駅[出口1]から徒歩約7分
営業時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

2. 東京都江戸東京博物館

まだ知らない「東京」を知ろう

東京都江戸東京博物館

錦糸町駅から徒歩18分のところにある東京都江戸東京博物館。入館料600円を払い館内へ。

ここは江戸と東京の歴史・文化を学べる博物館です。復元された実物大の日本橋芝居小屋があったり、江戸時代の町並の模型がったりします。

東京都江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館という名前なので江戸時代のものばかりかと思いきや、明治から昭和現代のものまで幅広く展示。

いま流行しているものも、次の世代へ歴史として受け継がれていくのかなと思うと感慨深い気分でした。

江戸時代に使われていた駕籠(かご)に乗る体験や、前輪が大きな昔のダルマ自転車に乗ったりと、その時代を体感できる展示も多く楽しい博物館です。

東京都江戸東京博物館
場所:東京都墨田区横網1-4-1
アクセス:両国(都営線)駅[A3]から徒歩約2分
営業時間:9:30〜19:30

3. 錦糸町 肉バル U29(ユニーク)

ディナーだって映えたいよね?

錦糸町 肉バル U29(ユニーク)

錦糸町駅から徒歩4分のところに錦糸町 肉バル U29(ユニーク)はあります。錦糸町の観光食事スポットといえばココです。ここではなんとUFOチキンフォンデュが頂けます♡

UFOチキンフォンデュが食べ放題のコースも

錦糸町 肉バル U29(ユニーク)

チキンは骨ありと骨なしがあり、おかわりの際は選べるそう。またチキンの味付けは4種類あり。飽きることなく食事を進めることができます。

混雑も考えられるので、スムーズに入店したい際は予約をして行くことをおすすめします。

錦糸町 肉バル U29(ユニーク)は下の赤いボタンから予約できます。
錦糸町 肉バル U29(ユニーク)
場所:東京都墨田区江東橋3-3-8 タカヨビルB1F
アクセス:地下鉄半蔵門線 錦糸町駅 1番出口 徒歩5分JR総武線 錦糸町駅 南口 徒歩5分 錦糸町駅から360m
営業時間:日:17:00〜23:30 ※日曜が祝前日の場合翌朝5時まで営業致します。 月〜土:17:00〜翌5:00 ※時間外営業もしております。 予約制になりますのでお気軽にご相談ください。 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業、日曜営業