はじめに

祇王寺

桜の季節から始まり冬まで四季折々の光景を楽しめる京都ですが、見事な紅葉で有名な京都はやはり秋が一番観光客が多いです。

そんな京都観光定番の清水寺や金閣寺から、あまり知られていないおすすめ穴場スポットもピックアップしてみました。

秋の京都は期間限定のライトアップなどもあり、とってもロマンティックなんです。

今から秋に向けて計画を立てて、期間限定の京都らしい季節を楽しめる完璧なデートにしちゃいましょう!

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

1. 鷲峰山 高台寺

歴史ある寺とプロジェクションマッピングの融合

ねねの道

清水寺近くにある高台寺では、紅葉のライトアップがされており、夜の京都デートにぴったりのスポットになっています。

やはり行くなら夜が狙い目。
ということで、夜の高台寺へ向かいます。

その時に通るこの道はねねの道といい、この地で19年の余生を送った豊臣秀吉の正妻北政所ねねにちなんで名付けられたそうです。

京都らしい雰囲気が溢れているので是非通ってみてください。

高台寺

高台寺に到着しました。

上へと続く階段はライトアップされているためとても綺麗です。
外せない撮影スポットです!

受付で拝観券(大人 600円)を購入しましょう。

夜の特別拝観の期間中プロジェクトマッピングが開催されます。

高台寺

写真は圧巻の高台寺プロジェクションマッピングです。

こちらは百鬼夜行をイメージしたもので、鬼や妖怪が登場します。
そしてかなり広い範囲に移されるので迫力満点!

高台寺

和傘を使ったお庭のライトアップが京都らしいですよね。
プロジェクトマッピングは毎年少しずつ変わります。

今年はどんなプロジェクトマッピングが見れるか楽しみですね。

高台寺

境内は広く、竹林もあるのでゆっくり散策を楽しむのに最適です。

高台寺

先に進みます。

10月~12月までの秋の夜間特別拝観のメインがこちら。
臥龍池のライトアップです。

波1つない水面にはライトアップされた木々が静かに写り込んでいます。

まさに逆さ紅葉

鏡かと思うくらい綺麗に写っています。

高台寺

想像以上に幻想的な景色で、言葉が出ません。

高台寺
場所:京都府京都市東山区高台寺下河原町526
アクセス:祇園四条駅[7]から徒歩約13分

2. 音羽山 清水寺

京都旅行なら絶対に外せない。

清水寺

やはり京都に行ったら外せないのが清水寺。

清水の舞台からの景色はもう絶景!

昼夜関係なく、見ごたえのある世界文化遺産です。

1994年に世界遺産に登録されました。

京都の顔と言っても過言ではない大人気スポットなので紅葉シーズンは特に混雑しています。

早朝に行くか、電車など車以外の交通手段がおすすめです。

清水寺

ちなみに、日没後の夜のライトアップもとても綺麗です。

ライトアップされた仁王門、舞台から望むもみじ。

京都タワーや街の夜景。

もみじに包み込まれているように浮かび上がる大変ロマンチックな清水の舞台。

どこを切り取っても絶景なんです。

20時以降は人も少なくゆっくり紅葉を楽しめますよ。

清水寺

お寺に入ってすぐは、「まだ色づいていないのかな?」と思ったのですが、中に入ると紅葉が目の前に広がります。

そして京都観光のおすすめはレンタル着物です。

京都市内にはレンタル着物ショップが多く、気軽に着物を着て京都を散策できます。

着物と紅葉の色鮮やかなコントラストが美しく、女性ならではのとても華のある絵になりますよね。

清水寺

お寺の一角の茶室で抹茶をいただくこともできます。
ここからも素敵な景色が見られて、参拝後の安らぎのひと時を過ごせますよ♪

さらに、清水寺といえば境内にある音羽の滝も忘れずに訪れましょう。

この滝は三筋の滝から構成され、ご利益は向かって左から学業成就・真ん中恋愛成就・右側命長寿の順番とされているようです。

それぞれ自分が叶えたい願いの滝の水を飲めば良いといわれています。

清水寺
場所:京都府京都市北区真弓八幡町216
アクセス:祇園四条駅からバスで清水道下車後徒歩約10分

3. 源光庵

丸い窓から見える紅葉は格別な光景。

源光庵

こちらは源光庵という穴場スポットです。

1346年(貞和2年)大徳寺2代徹翁義享国師によって開創されました。

京都バスに乗り、鷹峰源光庵前で下車します。

バス停から徒歩約1分で着きます。

源光庵

悟りの窓という丸い茶室から見える紅葉がとても綺麗なんです!

何事にもとらわれないおおらかな気持ちを禅と円通の心で表しているそう。

ちなみに廊下の天井を見上げると、血痕らしきものが確認できます。

これは有名な血天井で、1600年(慶長5年)に伏見城が落城した時の自刃した武将の血の付いた床板を供養の為にこちらに移したものです。

源光庵
場所:京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
アクセス:北大路駅[1]から徒歩約39分