茨城県は東京からのアクセスも抜群!

水戸の納豆記念碑

東京からのアクセスも良く、日帰り旅行にも使える茨城は人気の観光地ですよね。
でも、スポットが多すぎて何処に行ったら良いか分からない…、なんて事ありませんか?

今回はプレイライフ編集部が、茨城のおすすめ人気観光スポットをランキング形式でご紹介します!
茨城へ観光の際は参考にしてみてくださいね♪

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

第1位 袋田の滝

風情あるとはまさにこのこと!

袋田の滝 滝見台

茨城県北部の大小町にあるスポット、袋田の滝
栃木県の華厳の滝、和歌山県の那智の滝と並ぶ日本三名瀑のひとつであり、荒々しく流れる滝の絶景がみられます。

袋田の滝 滝見台

茨城観光では定番中の定番ですが、四季折々によって違う姿が楽しめます!
昔西行法師が訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したほどの滝なんです!
特に、秋は紅葉が色鮮やかに染まって、とても美しいです♪

袋田の滝 滝見台

滝まで向かうトンネルには分かれ道があり、順路をそれて右に曲がると吊り橋があるなど、料金300円とは思えないほど、楽しさが詰まっています!
またエレベーターで観瀑台の登れて、そこから見る滝は美しいの一言に尽きます。
時期によってイベントも開催しているので、ぜひ訪れてみてください♪

袋田の滝
場所:茨城県久慈郡大子町袋田
アクセス:袋田駅[出口]から徒歩約41分 JR水郡線「袋田駅」よりバスで10分

第2位 花貫渓谷

景色は紅葉、気持ちも高揚♡

花貫渓谷

茨城県の高萩市にある観光スポット、花貫渓谷
こちらは、なんと秋になると吊り橋の上で紅葉を見られる珍しい絶景スポットなのです。

吊り橋といえば、かの有名な「吊り橋効果」が思い浮かびますよね!
吊り橋を渡るドキドキで彼がさらにステキに見えちゃうかも?
カップルでデートの方は、ぜひ訪れてみてください♪

花貫渓谷

吊り橋だけではなく、吊り橋周辺にもたくさんの自然があるので、ハイキング気分で紅葉を感じられます♪
例年11月ごろには、「紅葉まつり」が開催されるのでそちらもチェックしてみてください。
ちょっとドキドキしながら紅葉を楽しむなら花貫渓谷に決まりです!

第3位 国営ひたち海浜公園

遊園地もあって1日遊びつくせちゃう♪

国営ひたち海浜公園

ひたちなか市にある花と緑の都市公園、ひたち海浜公園
日本最大級の夏フェス『ROCK IN JAPAN FES』も開催されることで、知っている方も多いのではないでしょうか?
約200haもの広大な面積を誇り、サイクリングやアスレチック、BBQなど雄大な自然を楽しめるアクティビティも満載です!

入園料は大人450円で、中学生以下は無料で入園できますよ。

国営ひたち海浜公園

そんなひたち海浜公園は花のテーマパークでもあり、四季によってさまざまな種類の花々が楽しめます!
おすすめは春と秋。
春(4~5月)にはネモフィラが満開になって、みはらしの丘一面に咲き誇ります。
鮮やかなムラサキ色のネモフィラが辺りに広がるさまは、まさに絶景でとてもフォトジェニックですよ!
また、春には菜の花とチューリップも見頃であり、そちらも見ごたえがあります♪

国営ひたち海浜公園

秋にはコキアという植物が人気です。
コキアは9月下旬~10月上旬で紅葉を始めます。
移ろいゆく緑と赤のグラデーションも魅力的だし、紅葉しきって丘を真っ赤に染め上げるさまも絶景です。
また秋の風物詩のひとつでもあるコスモスも同時に楽しめます!
大草原フラワーガーデンやコキアと同じみはらしの丘でさまざまな品種のコスモスが見られます。

国営ひたち海浜公園

公園内には遊園地もあるので、絶景に感動した後に遊んで帰ることができます♪
1日中楽しめるので、おでかけスポットに困ったらひたち海浜公園へ来てみましょう!

国営ひたち海浜公園
場所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
アクセス:阿字ケ浦駅[出口]から徒歩約43分
営業時間:9:30〜17:00 ※季節により変動あり