もうすぐ沖縄へ修学旅行!

美らSUNビーチ

学生生活のイベントでも、特に人気の修学旅行
中でも高校生に多い国内の旅行先は沖縄ではないでしょうか?
今回は、自分たちで計画を立てて沖縄を回る班別自由行動で行っておくべきスポットをご紹介します!
沖縄本島の北部中部南部の3つに分けているので、出発・到着地点から行きやすい自分たちにぴったりのスポットが見つかるはず…!
どこに行こうか迷っている方に、今回の特集をぜひ読んでいただきたいです♪
※ちなみに自主行動なので、団体で行くであろう沖縄の超有名スポットはあえて外しています

沖縄本島南部

おきなわワールド

おきなわワールド

おきなわワールドは、那覇市内から30~40分ほどで到着する南城市にあります。
琉球時代の街並みを再現した琉球王国城下町や、沖縄の生き物の代名詞ともいえるハブを見ることができるハブ博物公園など、様々な施設が複合されています。

おきなわワールド おみやげ専門店街

中でも目玉は玉泉洞という鍾乳洞です!
鍾乳石の数は100万本以上で国内最多と言われており、全長1000mのうち現在890mが公開されています。
涼しくて神秘的な雰囲気が漂っています。

【開園時間】9:00~18:00(最終入場 17:00)
【入園料金】
フリーパス(玉泉洞・王国村・ハブ博物公園) 大人¥1,650
玉泉洞&王国村 ¥1,240
【住所】沖縄県南城市玉城字前川1336番地
【HP】
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

ケイブカフェ

ガンガラーの谷 ケイブカフェ

せっかくなら一休みしたいときも沖縄を感じたいですよね!
ケイブカフェはネットなどで有名になったカフェです。
先ほど紹介したおきなわワールドとほど近いので、とても行きやすいのもポイント◎

ガンガラーの谷 ケイブカフェ

その理由は、ガンガラーの谷という谷の入り口に位置していて、なんと洞窟の中にあること!
ガンガラーの谷はガイド付き入場のみで入場料がかかりますが、こちらは無料で入場することができます。

ガンガラーの谷 ケイブカフェ

小雨が降っていると、より一層神秘的な雰囲気なんです。
ドリンクメニューにはシークヮーサーのジュースなど、アイスクリームには紅芋味などがあります。味覚でも沖縄を感じることができますね♪
おきなわワールド沖縄体験をした後にはこちらで休憩してみてはいかがですか?

【営業時間】10:00~18:00(LO17:30)
【住所】沖縄県南城市玉城字前川202番地
【HP】http://www.gangala.com/cave-cafe/
【食べログ】
http://tabelog.com/okinawa/A4704/A470403/47006084/

斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽

斎場御嶽は、那覇空港から車で50分の場所に位置する神聖なるスポット。
琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地です。

斎場御嶽

多くの祭壇がありパワースポットとしても有名です。
たくさんの緑に囲まれ、新鮮な気持ちになれますよ!

【開館時間】
3月〜10月 9:00~18:00(最終入館17:30)
11月〜2月 9:00~17:30(最終入館17:00)
【休館日】
2016年 6月5日(日)~6月7日(火)
2016年10月31(月)~11月2日(水)
(詳しくは下記HPをご参照ください。)
【入場料】大人(高校生以上) 300円
※入場チケットは南城市地域物産館で販売しております。
【チケット販売時間】 
3月〜10月 17:15まで
11月〜2月 16:45まで
【住所】沖縄県南城市知念字久手堅
【HP】
http://okinawa-nanjo.jp/sefa/

国際通り

国際通り
国際通り

那覇空港から車で10分ほどの国際通りは、定番だけれど自由時間でゆっくり回りたいスポットです。
ご存知の通り土産物のお店飲食店などが立ち並んでおり、ご飯や修学旅行のお土産に困ったらここに来れば解決!
荷物が増えてしまうので、自由行動の最後に立ち寄りたいですね。

花笠食堂

たくさん飲食店があってどこで食べるか迷ってしまう方にはここ!
地元の人もオススメな、国際通りにある花笠食堂

花笠食堂

このような定食がメインのお店です。
沖縄のおばあが営んでいるようなローカルでレトロな雰囲気の店内で、沖縄の家庭料理を楽しむことができますよ♪
せっかく沖縄に来たから地元の雰囲気も味わいたいという方にオススメです!

【営業時間】11:00~21:00
【定休日】お盆・新旧正月
【住所】沖縄県那覇市牧志3-2-48
【食べログ】
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000192/
【こちらも行ってみて!国際通り近辺で行列ができるほどおいしいお店のプラン】
http://play-life.jp/plans/11469

沖縄本島中部

琉球村

琉球村

古き良き琉球の文化を体験できる琉球村
那覇空港から車で60分と離れていますが、琉球の伝統衣装の着付けをしてもらえるなど、修学旅行の中でもトップクラスの思い出になること間違いなしです◎

琉球村

昔ながらの赤瓦の屋敷があり、ゆったりした時間を過ごすことができます。
村民さんとも気軽に話すことができ、それぞれの古民家で行われているショーでは時に生ライブをしてくださったりと、沖縄の方の温かみも感じられます♪

【営業時間】
10月~12月、1月~6月 8:30~17:30(最終受付 17:00)
7月~9月 9:00~18:00(最終受付 17:30)
【入場料】大人 ¥1,200
【住所】沖縄県国頭郡恩納村山田1130
【HP】http://www.ryukyumura.co.jp/

パイナップルパーク

ナゴパイナップルパーク

先ほど紹介した琉球村のさらに北、那覇空港から1時間30分ほどで到着するナゴパイナップルパーク
パイナップル畑の散策やパイナップルの試飲試食ができる、パイナップルの楽園です♪

ナゴパイナップルパーク
ナゴパイナップルパーク

かわいらしいパイナップル号に乗ってパイナップル畑を散策します。
散策し終えると、なんと完熟パイナップルの食べ放題が待っているんです!
しかも時間無制限という太っ腹さがステキです♪
しかし、そのあとにも試食コーナーが続くので食べ過ぎに注意しましょう。

【営業時間】9:00~18:00
【入場料】大人(高校生以上)¥850
【住所】沖縄県名護市為又1195
【HP】http://www.nagopain.com/

沖縄本島北部

古宇利大橋

古宇利大橋

古宇利大橋は、那覇空港から1時間30分ほどの古宇利島と本島を繋いでいる橋。
古宇利島はアダムとイブに似た伝説が残ることから“恋島”とも呼ばれています。

古宇利島

海の上を通っているため、とてもいい景色が見られます♪

【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

ハートロック

ハートロック

古宇利島のハイライトはハートロック
ハートの形をした大きな岩が海の中からそびえ立っています。
長年の波の浸食によりハート形に削られたそうですよ。

古宇利島

国民的アイドルのがCMで訪れたこともあり、このような看板も!
嵐が好きな方はぜひ訪れたいスポットですよね♪

古宇利島

修学旅行は先生の目がドキドキだけれど、自由行動ならちょっとキケンなこともできそう…♡
堤防を歩いて、綺麗な海を見下ろしちゃいましょう。

【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
【古宇利島HP】http://kourijima.info/

ちなみに…あえて外した超有名スポットはこちら

首里城

首里城公園 (首里城)

沖縄といえば琉球王国、琉球王国といえば首里城
沖縄の歴史を表す世界遺産です。
正殿には入場料を払わないと入れませんが、琉球王国最大の木造建造物で、立派な朱色のお城は必見です◎
城内には展示物もあります。

首里城公園 (首里城)

入口の守礼門は二千円札の絵柄にも使用されている、沖縄の象徴的な建造物です。
その他、中国からの使者とゆかりのある建造物や聖地などがたくさんあります。

【営業時間】こちらをご覧ください。
【住所】沖縄県那覇市首里金城町1-2
【HP】http://oki-park.jp/shurijo/

美ら海水族館

沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館

巨大なジンベイザメ、世界最大級の大水槽などで有名な美ら海水族館
本島の北部に位置し、先ほど紹介した古宇利島よりも半島の先にあり、那覇空港から車で2時間ほどです。

沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館

マナティー館では、人魚のモデルになったといわれるマナティーに会うことができます。
なんとこちらは入場無料エリアなんですよ!

沖縄美ら海水族館

多くの水族館で目玉のイベントであるイルカショーも無料で見ることができるんです。

沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館

もちろん有料エリアも見どころ満載!
大きな水槽やジンベイザメの他に、ヒトデなどと触れ合えるコーナーや珍アナゴがたくさんいる水槽もあります。
また、お土産コーナーも充実しているのでぜひ立ち寄ってくださいね。

【営業時間】
3月~9月 8:30~20:00(入館締切19:00)
10月~2月 8:30~18:30(入館締切17:30)
【料金】大人一般 ¥1,850、中人(高校生)一般 ¥1,230
【住所】沖縄県国頭郡本部町石川424
【HP】https://churaumi.okinawa/

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔

修学旅行で沖縄が選ばれる大きな理由の1つに、平和学習が含まれています。
日本本土の中で唯一米軍が上陸した沖縄には、戦争の悲惨さを物語る場所がいくつもありますよね。
その代表格ともいえるひめゆりの塔は、必ずと言っていいほど団体で訪れると思われます。
ひめゆりの塔とは慰霊碑のことで、「塔」と名はついていますが、実物は高さ数十センチメートルでそれほど高くはないんですよ。

【開館時間】9:00~17:25(入館受付17:00)
【見学料】大人 ¥310、高校生 ¥210
【住所】沖縄県糸満市伊原671-1
【HP】http://www.okinawastory.jp/spot/1355

おわりに

沖縄県庁舎

いかがでしたか?
普段では体験できない琉球文化を体験したり、壮大な自然を背景に思い出の写真を撮れたりするのは修学旅行だからこそ!
自由行動で、自分たちが行きたい所でいろいろな体験をして、一層思い出深い修学旅行にしてくださいね♪

【沖縄ドライブデートコースはこちら】
http://play-life.jp/articles/1007
【超定番から穴場まで!沖縄デート決定版特集】
http://play-life.jp/articles/680