淡路島で知る人ぞ知る絶景スポットを巡ろう♡

ひまわりが綺麗な公園や、最強のパワースポットがあることで有名な淡路島。
そんな、淡路島には穴場の絶景スポットや観光ついでに訪れておきたい名所があるので、早速見ていきしょう。
これから、淡路島へ観光する方は参考になると思うのでおすすめです。

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

1. 神話の舞台!伝承地の一つとされた小さな島

絵島

古くから景勝地として知られている「絵島」へ。
淡路島にある小さい島です。絵島に渡るには小さな橋を渡らなければいけません。

特に絶景なのが、こちらの光景です。足元に広がる岩肌の縞模様がとても幻想的。
市指定名勝なだけありますね。
ちなみに、滑らかに見える岩肌の表面は、触ってみるとざらざらした感覚を味わえるので、貴重な体験ができますよ。

2. 夏に行きたいひまわりが綺麗なスポット

あわじ花さじき

お花が綺麗に咲き誇るスポット「あわじ花さじき」へ。
春夏秋冬、季節ごとに素敵なお花が咲いているのですが、おすすめは夏です。
元気なひまわりがたくさん咲いており、リフレッシュできます。

こんな絶景が広がっていました。一面がひまわりでまるで漫画の1コマのよう。
太陽の方に向かってぐんぐんと咲き誇っているひまわりは圧巻!
いっきに夏らしさが感じられます。

あわじ花さじき
場所:兵庫県淡路市楠本2865-4
アクセス:車
営業時間:9:00〜17:00 ランチ営業、日曜営業

3. 海の絶景が眺められる白いカフェ

Miele(ミエール)

淡路島の海を楽しみたい方におすすめなのが「Miele」です。
Mieleは、ハチミツの色である黄色をテーマカラーとしています。
外観がおしゃれで、青と白のコントラストが映えますよね。

絶景が楽しめるテラス席へ。
海を一望しながらランチができるのは贅沢ですね。

直径15cmのミエレ淡路牛プレミアムバーガーを始め、はちみつを使用したスイーツやドリンクの豪華なラインナップ。
旅の休憩を癒すなら、ミエールでお腹を満たしていきましょう。

Miele
場所:兵庫県淡路市野島蟇浦785-9
アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で約10分
営業時間:[月・水〜金] 10:30〜19:00(L.O.18:30) [土・日・祝] 10:30〜19:00(L.O.18:30)日曜営業