春は新潟県の観光地を巡ろう!

新潟県といえば、長岡花火やお米の生産地などのイメージを持つ方も多いと思います。

そんな新潟には美しい風景が楽しめる名所である「いもり池」や子どもから大人まで楽しめるレジャースポット「妙高サンシャインランド」、「日本三大夜桜」など春におすすめのスポットがたくさんあるんです。

暖かくなってきた春には足を延ばして自然を鑑賞しにいきませんか?
これから、新潟県に旅行を考えている方の参考になると思うので、ぜひ最後までご覧ください!

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

1. 「日本三大夜桜」に選ばれた幽玄なさくらロード

高田公園

桜の名所である「高田公園」へ。
高田公園の桜は約4000本であるのに対し、東京のお花見スポットとして有名な上野公園の桜は約1000本と言われているので、四倍のスケールですよ。
高田城と桜のコラボレーションが楽しめるほか、夜間のぼんぼりライトアップが幻想的です♡

歩いても歩いても幽玄な桜の木の道のり続き、形容しがたい雰囲気があるのでデートにもぴったり。

「日本三大夜桜」に選ばれている三重櫓と桜の美しさは今までに見たことないくらい綺麗な絶景スポットです。
また、復元された三重櫓の1・2階は高田藩ゆかりの品が見られる展示室になっており、3階の展望室からは高田公園内が一望できるので、観光の休憩処としてもおすすめです。

高田公園
場所:新潟県上越市本城町44-1
アクセス:高田(新潟県)駅[出口]から徒歩約25分
営業時間:通年 9:00〜16:30

2. 新潟のブランドいちご狩りが楽しめる農場へ

高儀農場

いちご狩りを楽しみたい方におすすめなのが「高儀農場」
例年2月中旬頃から5月末頃まで、「越後姫」という大粒で甘いいちごが30分1,800円で食べ放題できるんです!
30分もあれば、満足いく量のいちごが食べられるので、カップルから子連れの方も楽しめます。

越後姫の市販されている価格を考えたら、あっという間に元が取れるのでお得です!
いちご好きには欠かせない観光名所ですね♡

いちごのほかには、ドライトマトや無添加トマトジュース等なども販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

高儀農場
場所:新潟県新潟市北区新崎2757番地
営業時間:10:00~16:00

3. 妙高山が眺められる景勝地

いもり池

神秘的な妙高山の美しさに感動するスポット「いもり池」へ。
妙高の景勝地「妙高山」を望むことができる人気観光スポットです。
美しい山と透明感のある池との風景が楽しめるほか、春は、妙高山の雪解けが見られますよ。

360度どこを見渡しても幻想的な景色が広がっています。
天気のいい日は、池の周りを散策するのも良いでしょう。

いもり池
場所:新潟県妙高市関川2249
アクセス:妙高高原駅[出口]から徒歩約51分
営業時間:妙高高原ビジターセンター/9:00〜17:00