美味しいブランド豚が食べたい!

お肉のランキングは、日本食肉格付協会の格付けを基準に決定されることがほとんどです。

豚肉は極上から等外と上から順番に等級で分かれています。
等級は外観や肉質など様々な理由や基準から厳しく分けられます。

また、ブランド豚として出荷するにはある程度生産量が一定で、そして品質の高さが求められるため短期的にブランド豚として流通することはありません。

手間ひまと愛情込めて育てられ流通しているブランド豚は甲乙つけがたいほど、どれもとってもおいしいですよね!

今回は、プレイライフ編集部が全国のブランド豚を実際に食べてみた中で厳選してランキングを付けてみたので、ぜひご覧ください。

お店で食べられるブランド豚ランキングトップ8!

第1位 かごしま黒豚 / 鹿児島県

羅豚 ギンザ・グラッセ

鹿児島県の名産品、かごしま黒豚を食べるなら、銀座にある「羅豚 ギンザ・グラッセ」がおすすめ!

ギンザ・グラッセの10階にあるので、銀座の夜景を一望しながら極上のかごしま黒豚を堪能できます。

名物の黒豚しゃぶしゃぶは、厳選黒豚の旨味を広げるかつおベースの特製だしと柚子胡椒でさっぱりと食べられます。

このほか、熟成黒豚溶岩焼き黒豚角煮など、かごしま黒豚の上品なおいしさを存分に味わえるメニューが豊富にあります。

羅豚 ギンザ・グラッセは下の赤いボタンから予約できます。
羅豚 ギンザ・グラッセ
場所:東京都中央区銀座3-2-15 ギンザ・グラッセ 10F
アクセス:地下鉄 銀座駅 C8番出口 徒歩1分JR有楽町駅 中央口 徒歩2分地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩5分 銀座駅から155m
営業時間:ランチ 月〜金 11:00〜15:00 土日祝 11:00〜16:00 ディナー月〜金 17:00〜23:30(L.O.22:30) 土日祝 16:00〜23:00(L.O.22:00) ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

第2位 あぐー / 沖縄県

田そば

田そば

沖縄固有の貴重な豚、あぐー
霜降り肉で脂に甘みと旨みがあります。
一般的な豚に比べて体が小さく、成長が遅いのが特徴です。

そんなあぐーが食べられるお店「田そば」。
沖縄県那覇市にある沖縄そばのお店です。

メディアでも話題のどんぶりからはみ出したあぐーを贅沢に食べられる三枚肉そば(中 930円、大 1,030円)。
小さな子どもでも食べられるほど柔らかく優しい味付け。
1日限定10食なので開店と同時に行くことをおすすめします!

ソーキそば田そばなど、あぐーをおいしく食べられる絶品メニューも人気です。

田そば
場所:沖縄県那覇市真嘉比3-5-6
アクセス:ゆいレール・古島駅または市立病院前駅より、徒歩10分程度。 市立病院前駅から501m
営業時間:11:00〜20:00 ランチ営業

第3位 平牧三元豚(ひらぼく さんげんとん) / 山形県

平田牧場 東京ミッドタウン店

通気性のよい開放豚舎でストレスを抱えることなくのびのびと育った、山形県の平田牧場三元豚
イノシン酸・オレイン酸が多く、上質で柔らかくジューシーです。

平田牧場三元豚は直営店の「平田牧場 東京ミッドタウン店」がおすすめです。
揚げたてのサクサクジューシーなとんかつ。
豚肉はしっとりとしていて濃厚な旨味が広がります。

甘口と辛口の2種のソースと一緒にお好みで楽しめます。
山形県産「つや姫」のご飯・味噌汁・キャベツがおかわり自由というのも嬉しいポイント!

平田牧場 東京ミッドタウン店
場所:東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア B1F
アクセス:地下鉄大江戸線・日比谷線六本木駅直結/東京ミッドタウンガレリアB1階千代田線乃木坂駅徒歩10分 六本木駅から345m
営業時間:11:00〜21:00 ランチ営業、日曜営業

第4位 和豚もちぶた / 山形県

美豚 by マルハチ

保湿性の高いしっとり柔らかい肉質の山形県の和豚もちぶた
国内でも珍しく厳選した親豚を持つため常に優秀な肉質となっています。

新宿駅徒歩1分のところにある「美豚 by マルハチ」では和豚もちぶたを使用したボリューム満点のサムギョプサルが食べられます。

一般的なサムギョプサルのお店とは雰囲気が違い、落ち着いたおしゃれな店内。
デートや女子会にもおすすめです。

美豚 by マルハチ
場所:東京都新宿区新宿3-36-2 キリンビル B1F
アクセス:JR新宿駅 東南口 徒歩1分 JR新宿駅 東口 徒歩3分 都営新宿線新宿駅 A8番出口 徒歩5分 新宿駅から160m
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30) 夜10時以降入店可、日曜営業

第5位 桜山豚 / 栃木県

とんかつ 神楽坂 さくら 本店

さらりとした脂身、繊維が細かく歯切れよくやわらかな肉質が特徴の栃木県の桜山豚

「とんかつ 神楽坂 さくら 本店」では、やわらかさが特徴の桜山豚(オーシャントン)を最高の状態で食べられます。

まるでステーキのような厚切りお肉に製法の異なる専用生パン粉を丁寧に手付けされているので衣の軽やかな歯ごたえと、柔らかさの中にあるお肉のほどよい弾力…。
食感のバランスが絶妙です!

とんかつ 神楽坂 さくら 本店
場所:東京都新宿区神楽坂5-1-1 神楽坂コアビル1F
アクセス:牛込神楽坂駅から徒歩5分
営業時間:11:00~23:00

第6位 松坂豚 / 三重県

TEJI TOKYO 本店

松坂豚、と聞くと高級松坂牛のイメージが思わず浮かびませんか?

長い年月をかけ丁寧に品種改良を繰り返し、やっと納得のいく肉質に安定した希少種であまり流通していない最新の注目ポークなんです!
松坂豚はあの松坂牛が育った同じ豊かな大地と環境の中で松坂牛並みの努力を重ねて育てられた究極のブランド豚です。

コラーゲンが多く、しっとりした肉質となめらかな脂質をキープできる肉質なので焼いても、ゆでてもアクが少なく肉の縮みが少ないのが特徴です。

新宿駅東口から徒歩7分のところにある「TEJI TOKYO 本店」。
世界のブランド豚を食べ比べできる韓国料理レストランです。

厳選されたブランド豚の食べ比べは、なかなか体験できません!
食べ比べると新しい発見がありますよ。

ドリンクメニューも豊富なので、おしゃれな店内で世界のこだわりの豚とアルコールのマリアージュも楽しめます。

TEJI TOKYO 本店は下の赤いボタンから予約できます。
TEJI TOKYO 本店
場所:東京都新宿区歌舞伎町2-21-3 第6本間ビル 1F
アクセス:新宿東口徒歩7分1、靖国通りに出て→区役所通り(ミスタードーナツ、歌広場が目印)に入ります。2、風林会館、野郎寿司を越え、坂を上り更に直進→ミニストップの先を左折。3、左折後、30メートル歩いた右手にお店がございます。※新宿バッティングセンターの裏です! 東新宿駅から343m
営業時間:【月〜金】18:00〜24:00(L.O.23:30) 【土曜日祭日】17:00〜24:00(L.O23:30) ※電話予約受付時間12:00〜24:00※ ↓24時間ネットでご予約いただけます↓ https://www.tablecheck.jp/shops/teji-tokyo/reserve 夜10時以降入店可、日曜営業
予算:¥4,000~¥4,999

第7位 LYB豚(ルイビ豚) / 三重県

新宿 個室 イタリアン 肉&チーズ Ark 新宿東口駅前店

しっかりとした肉の味や脂の融点、繊維質の柔らかさが特徴の三重県のLYB豚(ルイビ豚)
流通している一般的な豚に比べ、LYB豚の脂身の融点が32.5度と低いのでお口の中でとろける奇跡の豚と言われています。

新宿駅から徒歩4分のところにある「新宿 個室 イタリアン 肉&チーズ Ark 新宿東口駅前店」。
こだわり素材のチーズと肉料理のイタリアンバルです。

ルイビ豚の厚切りロースグリル(1,780円)は、シェフの絶妙な焼き加減によりルイビ豚の旨味が凝縮されています。
お口の中でジューシーな脂が溶け出す絶品ステーキが食べられます。

第8位 バームクーヘン豚 / 滋賀県

TABLE O TROIS

お菓子のバームクーヘンで育った豚、滋賀県のバームクーヘン豚
鈴鹿山麓でストレスのない環境の中で、人間も大好きなおいしいバームクーヘンなどの焼き菓子を飼料にし、ミネラルウォーターを与えられて大事に育てられた極上の霜降りセレブ豚です。
しっとりとサシのある肉質には特有の甘みが凝縮されています。

渋谷駅から徒歩10分のところにある「TABLE O TROIS」。
滋賀県の地ビールや自然派近江ワインや食材をアットホームな雰囲気の中で楽しめるフレンチビストロです。

名物料理はバームクーヘン豚を使用したバームクーヘン豚のバームクーヘン仕立て(3,980円)。
お肉のとろける食感と香ばしいソースはまぎれもなくフレンチの上品な味わいです。

このほかバウムクーヘン豚もも肉の燻製ハムバウムクーヘン豚のパテ・ド・カンパーニュなど、バウムクーヘン豚への愛情いっぱいメニューがたくさんあります!

TABLE O TROIS
場所:東京都渋谷区松濤1-28-6
アクセス:渋谷駅:徒歩10分
営業時間:16:00~23:00(L.O22:00)

お取り寄せで食べられるブランド豚ランキングトップ4!

第1位 茶美豚(さつまちゃーみーとん) / 鹿児島県

※画像はイメージです。

健康にいいといわれる緑茶に含まれる成分カテキンやトウモロコシ、サツマイモ、大麦などが入ったヘルシーな飼料を与えて肥育されている鹿児島発祥の茶美豚

安全にこだわって飼育されたお肉はやわらかい優しい口当たりで脂もすっきりしているので食べやすいのが特徴です。

第2位 金華豚(きんかとん) / 山形県

※画像はイメージです。

世界三大ハムの一つの高級中華食材、金華ハムの原料豚である金華豚
しっとりと上品な甘みのある脂質と繊細な味わいが特徴です。

第3位 夢の大地 / 北海道

※画像はイメージです。

植物由来の飼料を食べながら、広大な北海道でのびのびと育っていて肉質はやわらかくヘルシーです。
オレイン酸が多く、強い旨味が特徴です。

第4位 ローズポーク / 茨城県

※画像はイメージです。

安全安心なお肉を目指し、県内各地の指定を受けた養豚農家が丁寧に育てられ、茨城県の県花「バラ」にちなんで名付けられました。
肉質は弾力があり、きめ細かく柔らかいのが特徴です。

どのお肉が気に入りましたか?

いかがでしたか?
今回はブランド豚の最新事情をふんだんに盛り込んでみました!

日本全国のブランド豚にはこの他にも東京都の「TOKYO X」埼玉県の「サイボクゴールデンポーク」東北の「日本の豚 やまと豚」など沢山あります。

そんな絶品ブランド豚の中には、レストランに行かずともお取り寄せで食べられるものもあります。
お取り寄せしたブランド豚をお家で食べ比べするのもおすすめです!
ぜひお気に入りの味を探してみてください。

プレイライフ編集部でもまだ実際に食べた事がないモノも多いので、また別の機会に別のブランド豚の魅力をお届けします!