目次
もっと見る

はじめに

お城って素敵ですよね。
今回の特集では日本にあるお城について紹介します!旅行にいきたくなるお城が日本中にはたくさんあります。

それでは北の北海道のお城からスタートです!

GoToトラベル+予約サイト割引でもっとお得に旅行を!

旅行費が最大35%割引になるGoToトラベルキャンペーン。
予約サイトの割引を併用すれば、さらにお得に旅が楽しめちゃいます!

じゃらん
宿泊+航空券・新幹線チケットのプランが豊富!
一休.com
最大5%OFFのポイントが即時使えて、合計最大40%OFF!
楽天トラベル
GoToトラベルと楽天トラベルの独自クーポンの併用が可能!

他にもお得な情報もあるので、各サイトで詳しいキャンペーン内容をチェックしてみてください。
じゃらん
一休.com
楽天トラベル

1.五稜郭

当時の日本としては珍しい星型城郭

五稜郭は、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館郊外に建造された稜堡式の城郭です。

現在は近くに五稜郭タワーも立ち、北海道有数の観光地となっています。

五稜郭
場所:北海道函館市五稜郭町44
アクセス:五稜郭公園前駅[出口]から徒歩約15分

近くの五稜郭タワーからはこの五稜郭を見渡すことができます。
星型城郭の五稜郭は、迫力満点で立派な景色です!!心に響きます☆
函館に来たら、絶対にこの景色を見ましょう♪
展望2階から見る五稜郭は、めっちゃパワーがありますよ!!

土方歳三最後の地

さらに五稜郭タワーの2階には土方歳三の像があります。
五稜郭には、土方歳三が埋葬されているとかいないとか。

五稜郭タワー 売店
場所:北海道函館市五稜郭町43-9 1F
アクセス:市電五稜郭前電停より徒歩15分五稜郭公園前駅から632m 五稜郭公園前駅から610m
営業時間:8:00〜19:00 日曜営業

2.弘前城

弘前城は弘前藩津軽氏4万7千石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地でした。

現在は、堀、石垣、土塁等城郭の全容がほぼ廃城時の原形をとどめ、8棟の建築と現存12天守に数えられる内の天守1棟が現存しています。

弘前城天守は国の重要文化財で江戸時代に築かれ現在までその姿を留める全国でも数少ない現存天守の1つです。

弘前城
場所:青森県弘前市下白銀町1
アクセス:JR弘前駅より弘南バス市役所方面行15分、市役所前公園入口より徒歩5分
営業時間:弘前城史料館9時~17時(入場~16時30分)

東北有数の桜の名所

弘前城がある弘前城公園。春は桜がきれいで全国的にも有名な公園なのです!本当にきれいな桜です!

秋になると、「弘前公園」では神社や寺などの日本の風景とともに、紅葉が楽しめます。

日没~21時まで紅葉ライトアップも行われているので、10万人を超す観光客が訪れるそう!

【料金】
[大人(高校生以上)]310円
[小人(小・中学生)]100円

弘前公園
場所:青森県弘前市下白銀町1
アクセス:中央弘前駅[出口]から徒歩約19分
営業時間:公園/散策自由、弘前城史料館/9:00〜17:00(4月23日〜5月5日/7:00〜21:00)

3.仙台城

北の独眼竜の居城

仙台城は標高144mの青葉山にあった伊達政宗によって築かれたお城です。

第二次世界大戦の空襲で全焼し、石垣だけが残っています。写真の伊達政宗騎馬像が建っているのは本丸跡です。

仙台城跡
場所:宮城県仙台市青葉区川内1
アクセス:国際センター(宮城県)駅[西1]から徒歩約14分
営業時間:通年 0:00〜24:00

近くには独眼竜の祀られている霊廟も

瑞鳳殿は、桃山文化の豪華絢爛な廟建築として1931(昭和6)年、国宝に指定されましたが、1945(昭和20)年の戦災で惜しくも焼失しました。

現在の建物は焼失以前の瑞鳳殿を範とし、1979(昭和54)年に再建されたものです。

【料金】
[大人]550円
[高校生]400円
[小中学生]200円

瑞鳳殿(仙台藩租伊達政宗公御廟)
場所:宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
アクセス:大町西公園駅[西1]から徒歩約15分
営業時間:9:00~16:30※2月1日~11月30日/9:00~16:00※12月1日~1月31日