島旅行へ行こう。

川平湾

海に囲まれた島国、日本には海岸線の長さが100m以上の島が、現在6,852もあります!

ちなみに、1番大きな島は新潟県の佐渡島です♪

島は大陸と離れているため独自の伝統や文化が根付き、独特の時間が流れています。

そんな大陸から離れている離島で、心身ともにリフレッシュできる旅行に行ってみませんか?

東京都だけでなく、全国各地からも意外とアクセス便利なんです。

旅行におすすめの離島を、数ある島の中から厳選してご紹介します。

ツアーで行くのも、個人旅行で行くのも、冬はオフシーズンなのでお得ですよ♡

ツアー代金はもちろん、宿泊費やアクティビティもリーズナブルな冬。

そんなメリットたくさんの冬に行きたい魅力的な島々を見てみましょう!

1. 初島

オシャレ女子旅にもってこい。

初島

静岡県にある初島(はつしま)は一周2時間程度で歩ける小さな島です。

そんな島の中にはカフェやお店、アクティビティや植物園などのリゾートスポットや自然もあり、1日遊べる穴場スポットです。

初島

首都圏から一番近い離島初島は、熱海港よりフェリーで30分です。

毎日10便のフェリーが運航しています。
(※2019年3月31日をもって伊東航路は終了となりました。)

フェリーの時刻表など詳細はこちら

とにかくおしゃれなスポットが多い観光地なので、女子旅にもってこいなんです◎

初島

南方からの海流により1年を通じて温暖な気候なので、寒い冬にも心地よい旅行ができる場所なんです。

アジアンガーデン R-Asia

まるで海外のリゾート地にいるようなハンモックがあったり、目の前には綺麗な砂浜が広がっていたり。

初島アイランドリゾート

散策しながら立ち寄りたいスポットがたくさんあるので観光にもおすすめで急がないのんびり旅行を楽しめます。

初島

都内からのアクセスもよく、とっても素敵な島だと思いませんか?

絶品の採れたて海鮮がたっぷり食べられるお店もたくさんありますよ。

東京からも気軽に行ける島は冬のお出かけにおすすめです。

2. 佐久島

絶対行きたい!アートピクニックできる穴場の島。

イーストハウス

愛知県西尾市にある佐久島です。

一色港の佐久島行き船乗り場から佐久島の西港まで20分、そこから5分で佐久島の東港に着きます。

毎日7便、定員110名程度の高速船が運行しています。

フォトジェニックでお洒落なスポットが満載で最近話題の島なんです!

まだあまり知らない方もいるかもしれません。

いったいどんなところなんでしょうか。

おひるねハウス

この場所、見たことある方もいるのではないでしょうか?

おひるねハウスと呼ばれる建物です。

中に入って写真を撮るだけで、オシャレな画になりますね。

佐久島の秘密基地/アポロ

こちらは佐久島の秘密基地/アポロです。
アポロ11号をイメージして作られた作品です。
中に入ると静かでひんやりとした空気を感じます。

佐久島には至る所にこのようなおしゃれなスポットがあるんです。

島おこしをきっかけにこのようなスポットをつくったそうです。
とってもステキですね♡

佐久島

少し歩くと潮風の香りがしてきて、目の前に綺麗な海が広がります。

空も海も真っ青です。

レンタサイクルもあるのでサイクリングも楽しめます。

佐久島

路地裏ではが日向ぼっこしていました。
近づいても逃げない猫は、穏やかな島の象徴のようでした。

佐久島

佐久島だけでしか買えないお土産や、食べられないグルメもありました!

名物の大アサリはインスタ映えします!

佐久島サクカフェ アオハナ

島内を散策しながら、自分の秘密基地を探してみてください。
まだまだ他にもオシャレでアートなスポットがあるんです。

西港渡船場2F待合室も、明るい白と貝染めの紫を基調に改装され美しくなりました。

佐久島へ行ってみたくなりましたか?

名古屋市内からは日帰りで行くこともできるので、ぜひ訪れてみてください。

3. 大久野島

瀬戸内海に浮かぶ、うさぎの島♡

大久野島 第2桟橋

広島県の大久野島の魅力は、ずばりうさぎです。

フェリーを降りた瞬間にたくさんのうさぎに会えます。

大久野島

瀬名内海に浮かぶ島、大久野島は橋がかかってないので、フェリーでしか行けません。

広島県竹原市にある忠海港からフェリーでわずか15分です。

1日に15便以上運行しています。

大久野島 (うさぎ島)

行きのフェリー売り場にうさぎのえさが売っているので、買っていくことをおすすめします。

うさぎが群がる様子がほんとにかわいい…♡

うさぎは子だくさんに恵まれる動物なので、子孫繁栄の象徴として世界中で親しまれているんですよ。

そんなめでたいシンボルのうさぎから、子孫繫栄のご利益をあやかりたいですね!

大久野島

野生のうさぎなので抱きかかえたり追いかけたりせず、うさぎのペースに合わせてのんびりと過ごせるのがこの島の良さ。

たくさんのうさぎが日頃の疲れを十分に癒やしてくれるはずです。

大久野島 (Ōkunoshima)

海水浴で訪れる観光客も多いので、島全体が混んでいます。

人が少なく、しかも夏よりウサギが元気です。

この島は戦時中、毒ガス開発を行っていたので、地図上から消された悲しい歴史もある島なんです。

そんな歴史ある島に、ぜひ1度訪れてみてください。

島内には、宿泊施設をはじめ、温泉、ご当地グルメなどが満喫できる休暇村大久野島やキャンプ場、毒ガス資料館、大久野島ビジターセンターなど見どころスポットがたくさんあります。