はじめに

西郷隆盛銅像

鹿児島観光を楽しめるスポットを鹿児島市内、桜島、奄美大島、屋久島、食などエリア別にご紹介します!

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

<鹿児島市内エリア>

鹿児島市内にはアミュプラザの観覧車や集成館、偉人の像等見どころがいっぱいです。

鹿児島市内を散策してみることをおすすめします。

1.アミュプラザ

鹿児島のシンボル的存在

アミュラン (観覧車)
アミュラン (観覧車)

こちらの観覧車は、アミュプラザ。鹿児島のシンボル的存在なんです。

直径約60m、最大高約91mの大観覧車です。1周14分30秒です。

東名なゴンドラシースルー!

アミュラン (観覧車)

シースルーという透明なゴンドラに乗ってみました。

数が少ないので混雑することもあるとか。

カップルで見たい鹿児島の夜景

アミュラン (観覧車)

こちらはアミュランからの眺め。鹿児島の夜景一望です。昼間なら桜島など鹿児島らしい景観をのぞめます。

風が強いときなど運休する時間帯もありますが、風が止むと動き始めます。

住所:鹿児島市中央町1番1 アミュプラザ鹿児島6F
営業:10:00 〜 22:45(最終乗車時間)
料金:大人500、小人300※1ゴンドラ1200円

2.維新ふるさと館

ここは幕末から明治にかけての歴史がよく分かるハイテクなギャラリー。

劇場では人形たちが多彩な演出で、ドラマチックに歴史語ってくれます。

鹿児島市維新ふるさと館

薩摩武士について教養を深める

鹿児島市維新ふるさと館

西郷隆盛をはじめとした維新志士たちの活躍が展示されているのがここ維新ふるさと館です。

鹿児島市維新ふるさと館

薩摩の武士の生活がわかる施設や、篤姫関連の展示もあります。

ハイテクな映像技術を体験

鹿児島市維新ふるさと館

パネル展示や最新技術を駆使した演出で、幕末の薩摩と明治維新が分かる歴史観光施設です。

鹿児島中央駅から徒歩8分ほどの距離なので、歩いて行ってもOKです。

入館料:大人300円、小人150円(小中学生)

周りには西郷・大久保の生誕の地も

鹿児島市維新ふるさと館

この維新ふるさと館の周辺はウォーキングコースとなっており、西郷隆盛や大久保利通の出生の地などがあります。

鹿児島市維新ふるさと館

川に沿って歩くと幕末の歴史を学びながら心地よいウォーキングを楽しむことができます。

鹿児島市維新ふるさと館
場所:鹿児島県鹿児島市加治屋町23-1
アクセス:加治屋町駅[出口]から徒歩約4分
営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)

3.尚古集成館

尚古集成館は、薩摩藩第28代当主島津斉彬によって1923年に開館した博物館です。

現在は島津興業によって運営され、島津家に関する史料や薩摩切子、薩摩焼などを展示しています。

日本初の工業地帯を見学

尚古集成館

集成館は幕末、反射炉やガラス工場などのさまざまな施設が作られた日本初の工業地帯です。

尚古集成館

なんと世界文化遺産にも登録されています。

仙巌園(磯庭園) 正門

このように日本の近代技術の礎である歴史的な反射炉を見学することもできます。

4.仙巌園

薩摩藩島津家の大名庭園

仙巌園(磯庭園) 正門
仙巌園(磯庭園) 正門

仙巌園は第19代薩摩藩主であった島津光久によって造園され、その後も歴代当主による改築が重ねられてきました。

ちなみに集成館と同エリアにあります。

桜島も楽しめる大名庭園

仙巌園(磯庭園) 正門

海沿いにあるので桜島もなんとこの通りきれいに臨むことができるんです!

仙巌園は借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園がみどころです。

5.天文館

鹿児島一の歓楽街

天文館

天文館は鹿児島県鹿児島市にある中心繁華街・歓楽街の総称です。

この地域は繁華街と歓楽街が隣接し、一大商業、娯楽エリアとなっています。

天文館

地元では特に若年者を中心に天街という愛称で呼ばれています。

天文館
場所:鹿児島県鹿児島市東千石町
アクセス:天文館通駅[出口]から徒歩約4分

6.鶴丸城跡公園

現代まで続く島津家の居城跡

鹿児島の城と言えば島津氏の居城である鶴丸城で、現在は公園になっています。

77万石の大名の城としては珍しく天守などの高層建築や高石垣などは築かれず簡素なつくりだったといわれています。

鶴丸城跡 (鹿児島城跡)

鶴丸城の濠にはこのように蓮が浮いており美しかったです。

ちなみに2018年の大河ドラマのテーマになる西郷隆盛はこのお城で島津斉彬公の懐刀的存在として活躍しました。

黎明館

城跡内には黎明館があり、鹿児島の多彩な歴史、考古などの資料が展示されています。

他にも西郷隆盛とかかわりの深かった天璋院篤姫の銅像もあります。

西郷洞窟

西郷隆盛洞窟

鶴丸城跡の裏手には城山がそびえ立っていて、そこには西郷隆盛が自決したといわれている西郷洞窟があります。

西郷隆盛洞窟

切腹する直前西郷隆盛はここで最後の5日間を過ごしました。

西郷さんの最後を感じることのできる貴重なスポットです。

7.城山展望台

山の上から桜島を見渡す

城山展望台

鹿児島と言えば城山です。

なんと約1時間で山頂を往復できるそうです。

城山展望台

城山展望台に到着。ここは、桜島を望める展望スポットです。

まさに絶景!鹿児島に行ったら絶対行きたいですね。

時間に応じた景色を楽しもう

城山展望台
城山展望台

行く時間によっては夜景の景色噴火する桜島を楽しめます。

天気が良いと霧島や、指宿の開聞岳ものぞめます。

8.偉人巡り

まずはやっぱりこの人

西郷隆盛銅像

鶴丸城方面へ向かうと、西郷隆盛がいます。

上野の西郷さんとは違ってかっこいい軍服を着用されています。非常に高いところにあり威厳のある像です。

明治維新のあの人たちに会おう!

小松帯刀像
天璋院篤姫像

さらに進むと天璋院篤姫や小松帯刀様の銅像もあります。

ドラマ篤姫で瑛太が演じていた薩摩藩家老です。歴史好きや幕末好きの人に鹿児島の朝散歩はおすすめですね。

教科書で絶対見たことある人も

ザビエル公園

フランシスコザビエルの銅像もあるんです!

非常にリアルな像なのでぜひ挨拶していきましょう。

至る所に武士、武士、武士

鹿児島市
ザビエル公園

ここ鹿児島市内はいたるところに武士の銅像がありますので長時間歩いても飽きませんね。

9.いおワールド かごしま水族館

いおワールド かごしま水族館

こちらはかごしま水族館です。

修学旅行や卒業旅行などで20名以上だと団体割引もあるみたいなのでHPをチェックしてみて下さい。

エイやジンベイザメも!

いおワールド かごしま水族館
いおワールド かごしま水族館

2Fにある黒潮大水槽というところでは大きなエイやジンベイザメなど、人気の生物がたくさん見られました!

いおワールド かごしま水族館

さらにとっても綺麗だと思ったのはこのクラゲです!

プカプカ浮いている姿がとっても可愛いらしかったです。

いおワールド かごしま水族館

大きな水槽に私も思わず興奮してしまいますね。

吸い込まれそうな海の中の世界がとても魅力的でした。

いおワールド かごしま水族館

またイルカのプールが設置されており、イルカのショーを見ることが出来ます!

せっかくなのでダイナミックなイルカの演技を楽しんでください。

いおワールド かごしま水族館
場所:鹿児島県鹿児島市本港新町3-1
アクセス:市役所前(鹿児島県)駅[出口]から徒歩約11分
営業時間:9:30〜18:00(入館は17:00まで)

<桜島エリア>

鹿児島県と言ったらやっぱり桜島

鹿児島のシンボルでもある雄大な桜島を見たいという方は是非。

桜島

鹿児島に行くとそびえ立つ大きな桜島に圧倒されますね!

最近、活発になっているので遠くからを眺めるのもいいですね。

桜島フェリー船内 桜島行 / sakurajima-ferry

桜島には車ごとフェリーにのることができます。そして24時間運行しているからすごい。

桜島は今でも小規模の噴火がほぼ毎日起こっています。

桜島

桜島から眺める錦江湾が美しいです。さすが鹿児島の人気観光スポットですね。

絶対に見たい埋没鳥居と桜島展望台からの絶景

桜島
桜島

なかでも埋没鳥居は絶対みておきたいスポット。
噴火によって埋まってしまった鳥居がそのまま残されています。

また桜島の展望台からは火山の絶景を楽しむことができます。

<奄美大島エリア>

鹿児島県にある奄美大島の絶景観光スポットをご紹介します。

今回はインスタにUPしたくなる絶景観光スポットにも触れます。ぜひいってみてください。

格安でいける奄美大島

奄美大島

奄美大島は東京の成田から2時間半で着きます。

格安航空バニラエアを使えば、冬の時期だと航空券+ホテル2泊3日混みで2万円以下で行けました!

10.ハートロック

ハートロック

奄美大島にあるハートロック

1日1回しか現れないスポットですので、時間は前もってチェックすると良いですね。

ホノホシ海岸やヤドリ海岸も一緒に観光するのがおすすめです。

11.戸口

戸口

戸口は観光ブックに紹介されていない穴場スポットです。

屋根の上から見る海は本当に絶景で、左手側には2つの海が見れます。

12.ヤドリ浜

奄美大島の最南端

ヤドリ浜

奄美大島の最南端ヤドリ浜は、夏は海が開放され、たくさんの人が集まるそうです。

透き通った海が美しいスポットなので、夏に行く際にはぜひ。

13.ホノホシ海岸

ホノホシ海岸

ホノホシ海岸は波が高いため泳ぐことはできませんが、自然と丸くなった
石は見ていて楽しい気分になります。

怖い伝説があるので、石は持ち帰らない方がいいですよ。

14.マテリヤの滝

ブルーの水の滝

マテリヤの滝

南部から中心街の名瀬に帰る途中にマテリヤの滝。

秘境のような雰囲気で、とにかく水がきれいです。

マテリヤの滝

こちらは昔の神秘的で来た人はみな感動する滝といわれています。

奄美大島の神秘的な滝で散策してはいかがでしょうか。

15.黒潮の森マングローブパーク

黒潮の森マングローブパーク

こちらは季節関係なしに楽しめるマングローブカヌーです。

今回は黒潮の森マングローブパークで体験しました!

黒潮の森マングローブパーク

たくさんのカヌーを発見!

このカヌーにのって渓流を楽しむのですね。

季節関係なくカヌーを楽しもう!

黒潮の森マングローブパーク

カヌーのパドルをもつと興奮してきますね。

良い運動になりますね。(翌日の筋肉痛に注意!)

黒潮の森マングローブパーク

予約制となっていますので、HPからお電話しましょう!

時間は1時間ほどで、料金は一般で2,000円、小・中学生1,800円なので是非体験してみてください。

黒潮の森マングローブパーク
場所:鹿児島県奄美市住用町石原478
営業時間:9:30〜18:00

九州観光のすすめ