築地到着

東京メトロ日比谷線築地駅を出て2〜3分歩くと、築地場外市場の入り口に到着です。

築地市場

朝活して学校行ったりバイト行ったり遊びに行ったり...
少しだけ早起きして朝の時間を少し有効活用すると充実した一日になること間違いなし!

もんぜき通り(築地門跡会)

築地市場は日曜、祝日はやってないので平日にしか行くことができません。
朝から昼時までやっています!築地でしか味わえない空気を味わってください!

これで築地マスターになろう♡

昼食を食べよう!

築地市場に来たからには、せっかくなら極上を味わいたい。ということでグルメな友人におすすめ伺ったところ教えてもらったのがこちら。

◎鮨國(すしくに)

鮨國

ダブルウニ丼どーん!!3200円。季節ごとに厳選した特上のうにを、どんぶりからこぼれるほど贅沢にたっぷりとのせた自信の一品です。見た目の美しさ、ウニのボリューム等、総合で最高です。グルメレポーターの言葉を借りる訳ではないですが、「新鮮、甘い、濃厚」と三拍子。本当にお得感抜群です!

鮨國
鮨國

ダブルウニいくら丼どーん!!3200円。こちらもまた、米粒が見えないほど溢れんばかりの生ウニ!酢飯の味もちょうど良く何よりウニ、いくらが新鮮なので余計な生臭さが一切ありませんでした!

自分へのご褒美に♡3500以内で豪華ランチしませんか?

鮨國
場所:東京都中央区築地4-14-15
アクセス:築地市場駅から345m
営業時間:【月〜金】 10:00〜15:00 17:00〜21:00 【日・祝】 10:00〜15:00(ネタがなくなり次第終了とさせていただきます) ランチ営業

イチオシの築地グルメはこれだ!

散策&食べ歩き

築地市場

こういった解体しているところを観れるのも築地市場ならでは!
お店の人との会話を楽しむのも一つの楽しみ方です^^

◎築地 さのきや

さのきや
さのきや

ここ「築地さのきや」は『タイ焼き』…ならぬ『マグロ焼き』が楽しめるお店。

さのきや

マグロ焼きには2種類パリパリの皮に小倉あんが詰まった「本マグロ」(¥200)、モチモチの皮に小倉あんとあんずが詰まった「中トロ」(¥220)がありました。僕は「中トロ」を食べたのですが驚くべきは重量感…。ぎっっっしり小倉あんとあんずが詰まっており気をつけてかじらないと溢れてしまいます。

さのきや
場所:東京都中央区築地4-11-9 築地市場場外
アクセス:築地駅から徒歩5分築地駅から291m
営業時間:7:00〜15:00

◎味の浜藤

築地市場

味の浜藤(はまとう)は1925年創業の水産加工物を取り扱う老舗。ショーケースには「いかレンコン」、「しそ香るチーズ天」など美味しそうな商品が並んでいます。その中でも特に人気のものが『もろこし揚げ』(¥320)!!これでもかというほど入ったコーンの甘みがすり身にとっても合います!!

味の浜藤 築地本店
場所:東京都中央区築地4-11-4 東急ステイ東銀座1F
アクセス:都営地下鉄大江戸線築地市場駅より徒歩5分東京メトロ日比谷線築地駅より徒歩4分 築地駅から295m
営業時間:7:00〜16:00

★卵焼き合戦 [山長]vs[丸武]

◎築地 山長

→口に広がるダシ汁

築地山長

玉子焼きの専門店。

築地山長

店頭では同時に3つの玉子焼きを焼き上げる職人技を見ることができます。化学調味料、旨味調味料を一切使っておらず、鰹節から採った出汁、砂糖、塩、本直し(甘みの強いみりんに焼酎を混ぜたもの)というシンプルな味付けです。

築地山長

食べ歩き用に串に刺さった玉子焼き『串玉』は、なんと1本¥100。味は「甘め」と「甘さ控えめ」があります。僕は「甘め」を食べました。大根おろしがとても合います。

【予約】
予約可
【交通手段】
都営大江戸線「築地市場駅」A1出口より、徒歩3分。
東京メトロ日比谷線「築地駅徒歩」1番出口より、徒歩4分。
築地市場駅から289m
【営業時間】
6:00~15:30
【定休日】
無休(年末年始要確認)
【食べログ】
http://s.tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13100313/

◎丸武 本店

→薄めの味つけで、ふわっふわ

玉子焼き 丸武

卵焼きの老舗。

玉子焼き 丸武
玉子焼き 丸武

『焼き玉』100円。
 発砲スチロールのお皿に乗せられた厚焼き玉子の切り売り。味見用にもなるスナック感覚の玉子焼き。ちゃんと楊枝が付いて来ます。甘めの出汁とふんわりした触感がこちらの特徴。誰にでも好かれる味でしょう。軽く柔らかい舌触りと焼きたてだった温度がまた良かった。

丸武
場所:東京都中央区築地4-10-11
アクセス:築地市場駅から327m
営業時間:7:00〜 休日は10:00〜

◎お散歩

築地市場

てくてく、てくてく。たくさん食べた胃を休ませながら歩きましょう!

築地初心者の方に・・・!

休憩

◎米本珈琲本店

米本珈琲 本店

米本珈琲本店は1960年創業の歴史のある珈琲店です。

米本珈琲 本店

写真の黒糖マキアートは¥350でこのボリュームです。写真の撮りがいがありますね!!なによりコーヒーがとても美味しいです。店頭ではコーヒー豆の販売も行っているのですが店内でゆっくりしている間に何人もの方が豆を購入していきました。コーヒーが好きな方はお土産にもピッタリですね!!

米本珈琲 本店
場所:東京都中央区築地4-11-1
アクセス:地下鉄日比谷線築地駅1番出口から 徒歩3分 築地駅から275m
営業時間:06:00〜16:00 朝食営業、ランチ営業