最近、エモさ足りてる?

まず、エモいって何なの?

森戸海岸

エモいって聞いたことあるけど「実際どういう意味かいまいちわからない…」
Wikipediaには

エモいは、英語のemotionalを由来とした、「感情が動かされた状態」、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本語の形容詞。感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「うまく説明できないけど、良い」ときなどに用いられる。
参照:Wikipedia

とあります。

つまり広義に解釈すると、感動したらもうそれはエモい!
「いや、軽っ!」と突っ込まれていそうですが、この記事はプレイライフ編集部のひるまが「このスポットとシチュエーションエモくない!?」という感情を伝えたくて書いたものです。
軽い気持ちで楽しんでくださいね!

じゃあエモいを感じられるスポットって?

「じゃあエモいスポットってどんなとこなの?」
ありがとうございます、その質問に答えるためにこの記事を書かせてもらいました!
この記事では、レベル1から3にエモいスポットを分けてご紹介します。
「最近エモさが足りてないな」という方はこの記事を見てエモさをチャージしてくださいね。

レベル1 太陽に向かって走る

1. 一色海岸

強く生きると決めたんだ。

一色海岸

大人の男になるため、「強くなる」そう決めたはず。
なのに海は荒波、決心が揺らぐ。

男が大人になるときに、誰しも乗り越えなければならない壁にぶち当たる時がありますよね。

一色海岸

そんな時は一色海岸がおすすめ。

暗く湿った砂浜を走れば足取りは重くなる。
それでも日は昇り、自分を励ましてくれます。

男のエモい時期、青年期に悩んだら、朝日に向かって走ってみてください。
何かが変わるかもしれません。

一色海岸
場所:神奈川県 一色海岸

2. 検見川の浜

今日の自分を振り返って。

検見川の浜

熱い漫画などを読んだとき、MONGOL800の『オワリはじまり』を聞いた時などに「自分は今日一日本当に全力で生きただろうか?」と、エモい気分になることはありませんか?

そんな時には検見川の浜がおすすめ。
熱く優しく輝く夕日は「明日こそ頑張れ!」と背中を押していてくれているようです。

検見川の浜
場所:千葉県千葉市美浜区磯辺2丁目8

3. 稲毛海浜公園

今度こそ上手くいくと思ったのに。

稲毛海浜公園

今日は気になるあの人と公園デート
「私はこの人と幸せをつかむんだ!」
そう意気込んで告白したけれど...

稲毛海浜公園

今回こそはイケると思ったのに。
体が、心が重い。そんな青春のエモいひと時を過ごしているあなた。

そんな時は、稲毛海浜公園の砂浜に立ってみてください。
夕日はいつでも何度でもあなたに向かって光を指すことに気が付きます。
次の光に向かって走りだしましょう。

稲毛海浜公園
場所:千葉県千葉市美浜区高浜7-2-1

レベル2 満点の星空を寝ころびながら見る

1. 雷電廿六木橋(ループ橋)

どこか遠くへ行きたいな。

雷電廿六木橋

忙しい日々に疲れた時、何か嫌なことがあった時などに、
ふと、「何処か遠くへ行きたいな」
そう思ったことはありませんか?

そんな時は雷電廿六木橋がおすすめ。螺旋状にぐるっと一周できるダイナミックな橋で、ちょっと遠出したい時にぴったりのドライブスポットです。

雷電廿六木橋

雷電廿六木橋の近くにある駐車場からは、迫力のある橋を見上げられます。
さらに、秩父の山奥の方なので星がとても綺麗!

ドライブの後にたどり着く、大迫力の橋と満天の星空が生み出すこのエモい空間はに浸れば、「この絶景に比べれば自分の悩みなんてちっぽけなものだったんだ」と思えるかもしれませんよ。

雷電廿六木橋
場所:埼玉県秩父市彩甲斐街道

2. 富士見台高原

ずっと仲良しでいよう。

三保の松原

いくつになっても、いや年をとればとるほど「くだらないことで笑いあったりふざけたりできる仲間って大切なんだな」と気が付くと思います。
でも、仲のいい友達が遠くに行ってしまい、最近全然会えないなんてことありますよね?

そんな風に思った時はここ、富士見台高原がおすすめ。
日本一の星空が見える阿智村にある絶景スポットです。

富士見台高原

友達とみる富士見台高原の星空は、「遠くに行っても、いつまでたっても友達でいよう」そんなエモいセリフが出てくるほど感動しますよ!
最近友達と離れている方はぜひ行ってみてください。

富士見台高原
場所:長野県下伊那郡阿智村智里

レベル3 思い出は季節とともに。

1. 春…目黒川(桜並木)

桜が咲くたび思い出す。

目黒川(桜並木)

春は新しい生活が始まり、周りと自分が変わり始める季節ですよね。
その中でふとある人の事を思い出すことはありませんか?

そんな時は、目黒川の桜並木がおすすめ。

目黒川(桜並木)

夜にライトアップされた目黒川の桜並木に行けば、とてもエモい散歩ができます。
因みに、春に失恋したことがある人にはmiwaの『めぐろ川』を聞きながら並木道を散歩すると、手紙なんて慣れないものを書いてしまいそうなほどエモくまれます。

目黒川(桜並木)
場所:東京都目黒区中目黒2丁目付近(目黒川沿道)

2. 夏…明治神宮野球場

ひと時の花火とともに。

明治神宮野球場

夏といったら花火大会!
浴衣で行けば、夏の蒸し暑い夜でも涼しげになりますね。
アイスを買って食べてもいいですし、屋台で買って二人で分け合って食べるようなエモい夜を過ごしたいですよね?

そんな時は明治神宮野球場がおすすめ。球場グルメを楽しんだり、ライブを見たりできるので一味違った花火大会です。

明治神宮野球場

恋人に見とれて花火なんて全然見られなかったり、花火の破裂音に紛れて「好きだ」と叫んでみたり、失恋して帰り道の下駄の音が悲しく聞こえたり...
今年の夏は気になるあの人を誘ってエモい花火を見に行きましょう。

明治神宮野球場
場所:東京都新宿区霞ヶ丘町3-1

3. 秋…吹割渓谷 / 吹割の滝

綺麗だけどなぜか寂しい。

吹割渓谷/吹割の滝

秋と言えば、読書の秋、運動の秋、食欲の秋なんて言われますが、山が色めく紅葉も楽しみの一つですよね?

ここ吹割の滝では、落ちてくる水を眺めるのではなく、落ちていく水を眺めることができます。その姿は、轟音とともに滝つぼに吸い込まれてしまいそうなほど迫力満点です!

吹割渓谷/吹割の滝

そんな迫力満点の吹割の滝ですが、紅葉がとても綺麗なのも魅力の一つ。
紅葉は感動するほど美しいものですが、その反面冬の訪れを感じさせ「もう今年も終わってしまうんだな」という哀愁漂うエモい一面も持ち合わせています。

都心から車で2時間くらいなのでぜひ訪れてもいてください。

4. 冬…恵比寿ガーデンプレイス

来年も一緒に。

恵比寿ガーデンプレイス

寒い冬と言えば、こたつミカンですよね?
でも、もしあなたに気になる人がいるのなら、今年の冬は一歩外に踏み出してみてはいかがでしょうか?

ここ恵比寿ガーデンプレイスは、そんなあなたにぴったりのイルミネーションスポットです。

恵比寿ガーデンプレイス

このスポットの特徴は世界最大級のバカラシャンデリアがあること!
普通のイルミネーションとは一味違った思い出を作れます。

「このシャンデリアを来年もこの人と見られたらな」なんてエモい言葉を胸にしまって、気になる人と心温まる夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

恵比寿ガーデンプレイス
場所:東京都渋谷区恵比寿4-20
営業時間:施設・店舗により異なりますので、詳しくはHPをご覧下さい。

いかがでしたか?

今回は、僕のおすすめのエモいスポットをご紹介しました。
「最近感動してないな」と思ったら、ぜひエモいスポットに足を運んでみてくださいね。

こちらもおすすめ

エモくて綺麗な写真が撮れる⁈オススメスポットはこちら!

最近上手くいってないカップルにはこの記事がおすすめ。

関東近郊で遊ぶならこちら!