無性に食べたい天丼。

土手の伊勢屋

日本の伝統食である天ぷらと、たれが染みたごはんのハーモニーが食欲をそそる…
その名も天丼。
無性に食べたくなる時がある!なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の特集では、天丼好きが行くべきお店をまとめました。
今回選ぶうえで重要視したのは、どんぶりから巨大な天ぷらがはみ出しているという点です。
ボリュームたっぷりで豪華な見た目に、心も踊ってしまいそう。

おなかいっぱいランチやディナーを楽しみたい方にもおすすめ。
それでは素敵な天丼をご覧ください。

1. はちまき / 神保町

絶対的な海老穴子天丼。

はちまき

神保町にあり、100年以上続く天ぷらの名店です。

おすすめは海老穴子天丼(1,500円)。
どんぶりからはみ出る天ぷらはボリュームがあり、おなかいっぱいになります。

はちまき
場所:東京都千代田区神田神保町1-19
営業時間:[火〜金] 11:00〜21:00 [土日祭] 11:00〜20:00 ■詳細情報はコチラからヒトサラをご覧ください。 http://hitosara.com/0006043059/ ランチ営業、日曜営業

2. 天丼 金子半之助 / 日本橋

大行列の天丼は外れなし。

天丼 金子半之助

日本橋の路地にある、必ず行列ができる店

いか、シシトウ、エビ、のり、アナゴ、半熟卵の天ぷらがのった天丼は味噌汁もついて1,000円程度です。
特に半熟卵の天ぷらが絶品です。

天丼 金子半之助
場所:東京都中央区日本橋室町1-11-15 1F・2F
営業時間:[月〜金] 11:00〜22:00(L.O.21:30) [ 土・日・祝] 10:00〜21:00(L.O.20:30) 早じまいの場合あり ランチ営業、日曜営業

3. 大和屋 / 柴又

寅さんも味わった天丼。

大和家

映画「男はつらいよ」の寅さんも食べた天丼として有名なのが、ここ大和家です。

** 油が少なめ**の天丼(並 998円)で、食べやすく胃もたれもしにくいですよ。

大和家
場所:東京都葛飾区柴又7-7-4
営業時間:9:00〜17:00 [飲食] 11:00〜16:00 ランチ営業、日曜営業

4. 天ぷら新宿つな八 新宿高島屋店 / 新宿

有名店つな八の天丼は高島屋で。

天ぷら新宿つな八 新宿高島屋店

新宿のてんぷらといえば有名な綱八
その綱八は高島屋にもあります。

玉子天、海老天、穴子天など天丼(2,484円)は海老が2尾も入っており、とてもボリュームがあります。

天ぷら新宿つな八 新宿高島屋店
場所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ 13F
営業時間:11:00〜23:00 (ラストオーダー 22:00) ランチ営業、日曜営業

5. 花月 / 浅草

はみ出る穴子に感動。

花月

浅草で天ぷらといえば花月
お椀をはみだすほど大きな穴子の天ぷらが乗ったあなご天丼(1,080円)に感動です。

海老天ぷらが好きな方は、えび天丼(972円)がおすすめです。

花月
場所:東京都台東区浅草1-23-7
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30) ランチ営業、日曜営業

6. 大黒家天婦羅 別館 / 浅草

海老は4匹の豪華天丼。

大黒家天婦羅 別館

こちらも浅草の大黒家天婦羅 別館では、巨大なエビがなんと4尾も入った天丼(1,950円)を楽しめます。

外国向け観光案内でも紹介されているので、外国の方も多くいらっしゃいます。

大黒家天婦羅 別館
場所:東京都台東区浅草1-31-9
営業時間:[月〜金・日] 11:10〜20:30 [土・祝] 11:10〜21:00 ランチ営業、日曜営業

7. 土手の伊勢屋 / 三ノ輪

天丼の王道!

土手の伊勢屋

三ノ輪駅から少し歩きますが、こちらもおすすめです。

天丼は、(イ)1,400円、(ロ)1,900円、(ハ)2,300円の3種類。
基本は(イ)で、(ロ)にはプラス穴子天、(ハ)にはさらに芝エビのかき揚げがつきます。

写真は(ハ)の天丼で、なかなか食べごたえがあります。

土手の伊勢屋
場所:東京都台東区日本堤1-9-2
営業時間:午前11時〜午後2時30分 定休日:水曜日、第4週火曜日 ランチ営業

これで満腹間違いなし!

魅力的な、ボリュームたっぷりの天丼の数々をご覧いただきました。
ここまで読んで、おなかが空いてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぜひ東京都内のおいしいお店で、天丼を食べてみてください。
きっと至福のランチ・ディナータイムになることでしょう。

もっと満腹になりたいあなたへ。