1. 廃墟マニア必見!今や定番、迫力の「軍艦島」

軍艦島クルーズ

島の形が軍艦にそっくりな無人島「端島」通称軍艦島です。
軍艦島へはツアーを使って向かうことになります。

軍艦島クルーズ

オープンデッキがあるので是非そっちに上がってみましょう。

三菱重工 長崎造船所

出発して数分すると右手に三菱の造船所が見えてきます。無数のクレーンが!これもまた絶景ですね!

軍艦島

軍艦島が見えてきました。戦艦「土佐」に島影が似ていることからそう呼ばれるようになったと言われています。

軍艦島

1960年(昭和35年)には5,267人が住んでいたそうです。

軍艦島

日本でもっとも古い鉄筋アパートとよばれる30号棟は、1916(大正5)年建築、およそ100年のときを刻んでいます。
当時の軍艦島の人口密度はなんと世界一。東京人口密度の9倍以上でした。

軍艦島

ただの迫力のある廃墟ではなく当時の人の思いを考えるとまた違った見方ができると思います。軍艦島の詳細はこちら→http://play-life.jp/plans/5639

軍艦島クルーズ
場所:長崎県長崎市元船町17
アクセス:出島駅[出口]から徒歩約4分

2. 海を見下ろす絶景「潮見公園」

福岡県の海の中道という道を通って志賀島へ向かいます。
細い道なので渡る時はすぐ左右はもう海でここも絶景です。

こんな山道を車で登っていきます。
因みに車がないと到達できないので注意!

潮見公園

登り切った先にあるのがここ、潮見公園
そこには展望台があるので登ってみましょう。

ここからは360°の絶景が広がっています。

潮見公園

そしてこれが潮見公園からの絶景。
さきほど通ってきた細い道が見えますね。
しっかり晴れていると空気が澄み渡るのでもっと綺麗に見えます♪

潮見公園
場所:福岡県福岡市東区志賀島潮見

3. 大小様々な島を見下ろせる「千厳山」

千厳山展望台

千厳山は熊本県天草にある162メートルの山です。
国指定の名勝となっていて、頂上からの眺めは絶景です。
登っている途中はワクワク!

千厳山展望台

天草の乱出陣のとき天草四郎が祝宴をこの山頂で行い、杓子で酒を飲み交わしたと伝えられ昭和8年まで「手杓子山」と呼ばれていました。

千厳山展望台

眼下には天草五橋や大小さまざまな島々、雲仙・島原・富岡・口之津・八代海などが望め、まるで箱庭を見ているようです!

天草五橋 大矢野橋 2号橋

千厳山から見える天草五橋は車で通ると普通に通り過ぎてしまうくらいなんでもないですが、離れたところから橋をながめると、美しい橋ばかりなので必見です。

4. 高所恐怖症の人注意!日本一の高さの吊橋「九重夢大吊橋」

九重"夢"大吊橋

大分県の九重町にある九重夢大吊橋は日本一の高さを誇る吊橋です。
その高さはなんと173m!!

高さだけでなく長さもとんでもなくて、390mもあります。
反対側へ渡り切るのに結構時間かかります。

因みに歩道の真ん中は金網になっていて下が丸見えです。
高所恐怖症の方は下を見ないように注意!

高いところが得意な人はこんな感じで覗き込んで見ましょう!
絶景が広がっています!

橋の入口の左側にある展望台から見るのがおすすめ!
こんな素敵な景色が広がっています!

九重"夢"大吊橋
場所:大分県玖珠郡九重町大字田野1208
営業時間:11月〜6月/8:30〜16:30、7月〜10月/8:30〜17:30

5. 絶景ドライブロード「やまなみハイウェイ」

長者原

総距離50kmのやまなみハイウェイ
一番の快走部分は、ここ長者原付近。
正面に硫黄山の噴火口を見ながら長い一本道を走ることが出来るんです!!

牧ノ戸峠

やまなみハイウェイの中で最も標高が高い(標高1330m)峠です。

牧ノ戸峠

この展望台からは、天気が良ければ九重(くじゅう)連山や遠くに阿蘇山を一望出来るんです!

やまなみハイウェイ

なんという絶景。
阿蘇山に向かって登ります!

阿蘇山ロープウェー 阿蘇山西駅
阿蘇山ロープウェー 阿蘇山西駅

阿蘇山ロープウェー 阿蘇山西駅の近くではこんな夕焼けを見ることができます。是非夕焼けに合わせて行ってみてください!
さて、いかがでしたか?
九州には知られざる絶景がこんなにあるんです。
是非九州観光の参考にしてみてください!

やまなみハイウェイ
場所:大分県由布市/熊本県阿蘇市