10:00 米子鬼太郎空港

境港へは飛行機で行こう。

米子鬼太郎空港 (米子空港)

妖怪のまち境港には飛行機で行くのがおすすめです。
空港の名前も米子鬼太郎空港(境港市の隣の米子市にある)です。

アクセス

羽田空港-米子空港 約1時間15分

空港も鬼太郎一色

米子鬼太郎空港 (米子空港)

鬼太郎空港だけあって空港内も鬼太郎一色です。
ここから境港の妖怪旅が始まります。

米子鬼太郎空港 (米子空港)
場所:鳥取県境港市佐斐神町
アクセス:米子空港(鉄道)駅[出口]から徒歩約7分

境港市は妖怪列車で行こう!

米子空港駅(鉄道)

米子空港駅からJR境線に乗って境港市へ行きましょう。
なんと列車は妖怪ラッピングがされています。

今回は猫娘列車でGO!

列車内も妖怪一色。

猫娘電車

列車内もこのように猫娘一色。
鬼太郎のパターンはもちろん様々な妖怪のパターンがあります。

アクセス

米子空港-境港 約15分 (JR境線)

10:30 境港駅

境港駅へ到着!

境港駅

境港駅へ到着しました。
港町だけあって駅舎は灯台のような雰囲気です。

早速水木しげるロード方面へ向かいます。

足湯で旅の疲れをとろう。

境港駅

とその前に足湯で飛行機の疲れを癒しましょう。

境港駅前には妖怪たちの足湯がありますのでここでリフレッシュして水木しげるロード方面に向かいます。

10:45 水木しげるロード

妖怪たちの像に大満足!

水木しげるロード

境港駅の周辺は水木しげるロード商店街があり妖怪のブロンズ像が数多くならんでいます。
駅を出てすぐから水木ワールドは広がっています。

有名どころから無名どころまで妖怪の像を楽しもう。

水木しげるロード

ブロンズ像はなんと全部で153体あります。

あなたはいくつ知っていますか?
妖怪たちはみな年中無休オールナイトでお待ちしています(一部のブロンズ像は盗難を避けるため夜中は網がかぶされています)。

昔懐かしい街並みを歩こう。

水木しげるロード

妖怪たちの銅像を楽しみながら、土産物屋が立ち並ぶ水木しげるロードを散策します。
落ち着いた何か昔懐かしい街並みに癒されましょう。

あのキャラクターと記念撮影をしよう。

水木しげるロード

ロード内ではお馴染みの妖怪キャラクターの着ぐるみが夕方までロード内をふらふらしています。見つけたら声をかけてみましょう。

運が良ければ鬼太郎にも出会えます。

水木しげるロード
場所:鳥取県境港市松ケ枝町・大正町・本町
アクセス:境港駅[出口]から徒歩約5分

12:30 みづき屋

港町なんだから海鮮丼を食べよう。

みづき屋

せっかく境港に来たのであれば、妖怪とともに名物である海の幸を楽しみましょう。境港市は水揚げ高が日本一に輝いたこともある国内有数の港がありますので新鮮なお魚を楽しめるのです。

なので新鮮なお魚がのった海鮮丼をおすすめします。

みづき屋ではだし醤油で海鮮丼を楽しむことができます。
新鮮な海の幸はおいしいです。

みづき屋
場所:鳥取県境港市松ヶ枝町9-3
アクセス:JR境港駅から 徒歩5分 境港駅から562m
営業時間:[昼] 11:00〜15:00 [夜] 18:00〜22:00 ランチ営業、日曜営業

14:00 ゲゲゲの妖怪楽園

鬼太郎ロード屈指のインスタ映えスポット!

ゲゲゲの妖怪楽園

午後からはゲゲゲの妖怪楽園へ。
水木しげるロードから細い路地に入ったところにあります。

大きな看板がかかっているのでわかりやすいです。

ゲゲゲの妖怪楽園

ゲゲゲの妖怪楽園は水木しげるロードならではの鬼太郎ラテを楽しめる妖怪茶屋や射的場などのスポットがあります。

多くのキャラクターのカラー人形も並んでおり、撮影するにはちょうど良いスポットです。インスタ映え間違いなし。

水木しげるロードでは一押しのおすすめスポットです。

なんと鬼太郎ハウスの模型も。

ゲゲゲの妖怪楽園

なんと鬼太郎ハウスの模型まであります。
アニメに出てくる家よりも低いですが模型のできは本格的です。

ここでも写真をパシャリしましょう。
インスタ映え間違いなし!

インスタ映えするカフェで休憩しよう。

妖怪茶屋

もちろんカフェで休憩もできます。
妖怪楽園の敷地内にある妖怪茶はお土産店カフェがあります。

外のテラス席とあわせると、約100人座れます。

妖怪の小物もあり、インスタ映え間違いなし。

ゲゲゲの妖怪楽園
場所:鳥取県境港市栄町138
アクセス:境港駅[出口]から徒歩約10分

15:30 妖怪神社

妖怪神社でパワーをもらおう。

妖怪神社

水木しげるロードの真ん中に妖怪神社があります。

水木しげるロード内にある妖怪神社にも寄り道をしましょう。境港のパワースポットとして有名です。

ここの神社にお参りをすると妖怪のもつパワーにより精神的な安らぎと癒しを感じられます 。

ちなみに妖怪おみくじは200円です。

目玉の親父もいる!

水木しげるロード

なんと目玉の親父の銅像もあります。
つくりがものすごくリアルです。

妖怪神社
場所:鳥取県境港市大正町62-1
アクセス:境港駅[出口]から徒歩約4分

16:00 神戸ベーカリー

みんな喜ぶ鬼太郎パンを楽しむならここ。

神戸ベーカリー 本店

鬼太郎といったら神戸ベーカリーのパン。カフェとしても使えますので休憩していきましょう。

お店は鬼太郎キャラクターのパンでいっぱいです。

おみやげにもおすすめ。

神戸ベーカリー 本店

7種類の鬼太郎キャラクターのパンはお土産に。

買って帰れば絶対小さな子どもが喜びます。お手軽な値段で売っており、パック販売もありますのでぜひとも寄り道していきましょう。

神戸ベーカリー 本店
場所:鳥取県境港市元町1879
アクセス:馬場崎町駅から1,010m
営業時間:8:00〜19:00 日曜営業

水木しげるロードのおすすめグルメ

1. マグロラーメン本舗太陽軒

まぐろラーメン本舗 太陽軒

ラーメン好きな人におすすめなのがまぐろラーメン本舗太陽軒です。

ここではマグロがのった鬼太郎マグロラーメンを食べることができます。きたろうのナルトもかわいいですね。おいしいマグロののったラーメンを食べてみてください。

まぐろラーメン本舗 太陽軒
場所:鳥取県境港市本町31 水木しげるロード内
アクセス:境港駅から徒歩圏内 境港駅から717m
営業時間:【通常】 AM10:30〜PM5:00(L.O.PM4:45) 【12月〜3月中旬(月〜金)】 AM10:30〜PM3:00(L.O.PM2:45) 【12月〜3月中旬(土・日・祝)】 AM10:30〜PM5:00(L.O.PM4:45) ランチ営業、日曜営業

2. 妖怪茶屋

妖怪茶屋

インスタ映えを追求している人が絶対に行きたいのがここ妖怪茶屋です。ここでは鬼太郎をはじめとする妖怪たちのラテアートを楽しめます。

妖怪茶屋
場所:鳥取県境港市栄町138
アクセス:境港駅から787m
営業時間:ランチ営業、日曜営業

3. ゲゲゲの妖怪村

ゲゲゲのようかい村

ゲゲゲの妖怪村の鬼太郎のふるさとカレーパンもおすすめです。

目の前で揚げてもらえますのでアツアツのカレーパンを食べられます。お肉がたっぷり入っていてとてもおいしいです。

ゲゲゲのようかい村
場所:鳥取県境港市本町32
アクセス:JR境港駅より徒歩7分 境港駅から730m
営業時間:9:30〜17:30 日曜営業

水木しげるロードのおすすめお土産

1. 鬼太郎ワールド

JR西日本 米子駅

おみやげにおすすめなのが鬼太郎ワールドというクッキーです。

妖怪が描いてあるチョコが入ったクッキーです。境港市内や米子市内でも容易に手に入る定番のおみやです。甘くておいしいのでお子様などへのおみやげにおすすめです。

2. 鬼太郎絵画(でこ)まんじゅう

鬼太郎はうす

さらに鬼太郎のちゃんちゃんこのパッケージに入っている鬼太郎絵画(でこ)まんじゅうもいけます。これは山陰グルメでこまんの鬼太郎版です。

かわいくて食べるのがもったいないくらいですが、おいしいです。これは鬼太郎ハウスで買えますのでお土産に買ってください!

3. じゃがりこ 贅沢カニだし味

水木しげるロード

最後に境港限定ではなく、日本海側限定のお菓子なのですが、じゃがりこ贅沢蟹だし味もおすすめです。境港ではズワイガニなどが水揚げされます。地域性のあるおみやげですね!

水木しげるロードとあわせて行きたいスポット

1. 由志園

春夏秋冬を楽しめる庭園へ。

八束町・由志園入口/松江市営バス

あわせて島根県大根島にある庭園由志園へ行ってみてはどうでしょうか。噴火でできた島は日本一の牡丹生産地として知られています。

由志園は回遊式日本庭園で1年中ボタンの咲く園牡丹の館、溶岩の山からなだれ落ちる竜渓滝などがあります。

水木しげるロードからは松江方面行きのシャトルバスで20分です。

行くなら春がおすすめ。

八束町・由志園入口/松江市営バス

由志園へ行くならば、おすすめは4月から5月のゴールデンウィーク前後です。

百花の王と称された牡丹の花を贅沢に使った日本一の生産地ならではの美しいイベントが開催され、由志園の池泉に三万輪の牡丹が浮かべられています。

2. 皆生温泉

山陰屈指の温泉にも行ってみては?

皆生温泉

鳥取県西部の観光と言ったら皆生温泉です。水木しげるロードからは午後にシャトルバスが1便出ており約30分で到着します。

エステ、岩盤浴、プール、マッサージ等様々なサービスのある温泉が皆生温泉にはたくさんあります。

限定で毎年行われるブラックライトアートもおすすめ。

皆生温泉海水浴場

温泉街のすぐ近くにある皆生海水浴場では夏から秋にかけて路面描写ブラックライトアートが行われています。

暗闇の日本海を照らす光の路面アートを皆生海岸で楽しんでください。

皆生温泉
場所:鳥取県米子市皆生温泉
アクセス:富士見町(鳥取県)駅[出口]から徒歩約40分

おわりに

水木しげるロードを楽しもう。

今回の特集では水木しげるロードで気になるスポットやグルメを紹介しました。ぜひとも今年は水木しげるロードへ行ってみましょう。

あわせて山陰地方も観光しよう。