鴻巣びっくりひな祭り☆日本一のひな壇と、日本一の川幅へ!

鴻巣駅

ひな人形と花の町、埼玉県鴻巣市にきました。埼玉県人にとっては、免許センターがあるのでお馴染み。ここで開催する鴻巣びっくりひな祭りへ、3月7日まで開催中。

鴻巣市役所 総合体育館

駅から歩いて15分ほど、鴻巣市役所に到着しました。
中にはいってみると、普通の市役所。みなさん、普段通りに、業務をされています。しかし、その横には・・・。

鴻巣市役所 総合体育館

ど~ん、とそびえるひな壇。こちら日本一の高さを誇ります。市役所のロビーにあり、天井すれすれの高さ。別の角度から全体をみてみると、31段、7mの高さがあります。上のほうは、垂直に3段重なります。役所の階段まで、ひな人形たちに占拠されていました。

房総半島 勝浦 かつうらビッグひな祭りを鑑賞!

覚翁寺(がくおうじ)

かつうらビッグひな祭りにきました。全部で、2万5000体ものひな人形が、町のいたるところに飾られています。覚翁寺の山門前の特設ひな段には約600体のひな人形がずらり。

墨名交差点(となこうさてん)

ここにには約800体の人形が飾られます。17時からは、ひな壇はライトアップされます。

遠見岬神社(とみさきじんじゃ)

ここでは、なんと60段の石段に約1200体のひな人形が飾られます。最上段には特大ひな人形が展示。

割烹 天平

こちらは勝浦のおいしい魚をいただけるお店。近隣の7つの漁港入札権をもっているから、新鮮な魚が手に入ります。名物のさざえかき揚げ丼2100円には、サザエのキモもつきます。勝浦刺身盛り合わせ1260円~。郷土料理もいろいろ楽しめます。初鰹の時期のとれたての鰹は本当にうまいです。出典:http://www.kk-tenpei.com/

百段雛まつりからの錦鯉が泳ぐ庭園を眺める本格抹茶✕和スイーツ女子会♪

ホテル雅叙園東京(旧目黒雅叙園)

目黒駅から徒歩5分。由緒ある結婚式場である目黒雅叙園では、毎年1月末~3月頭まで百段雛まつりを開催しています。毎年、様々な地方の雛人形が歴史をおって展示してあります。
入場料は、学生が¥800、一般¥1,500(前売り¥1,200)、開催時間は10:00~18:00です。

ホテル雅叙園東京(旧目黒雅叙園)

雛人形の展示エリア以外も、雛まつりの飾り付けがしてあります。
雅叙園の奥の方に歩いて行くと屋内に池があるエリアがあり、浮かべてある小舟などにも小さな雛人形が乗っています。

パンドラ

雛人形を見た後は、雅叙園内にある和カフェでティータイム♪「カフェラウンジ パンドラ」では、優雅に庭園を眺めながら、和のティータイムを楽しむことができます。ここのオススメは、白玉ぜんざい&ところ天のセット!抹茶セットでとことん和の味を楽しみましょう♡

靖国神社で、お花見を楽しんで、遊就館をじっくり見学

九段下駅

九段下駅の1番出口を出て、靖国神社をめざします。靖国神社は、日本の軍人や軍属を主な祭神として祀っています。

靖国神社

千代田桜まつりは3月28日から4月6日までです。桜の時期は、多くの人が花見を楽しみます。境内には600本の桜、その多くがソメイヨシノです。かなり見ごたえがあります。ここには東京の桜の開花の基準となる標準木があります。人だかりができています。

千鳥ヶ淵

食事を済ませたら、歩いてすぐの皇居をお散歩するのもおすすめです。皇居のお花見プランはこちら http://play-life.jp/plans/2333