#終日インスタ映え旅とは?

観光スポットからご飯まで、一日中インスタ映えするスポットを巡る旅。
それが #終日インスタ映え旅 シリーズ。

記念すべき第1回目は、まだ雪の残る街、北海道の小樽!
小樽観光で絶対に外せない小樽運河をはじめとして、写真映えするスポットを効率よく回る旅です。

9:30 小樽駅

小樽のインスタ映え旅行はここから。

小樽運河

美しい倉庫や洋館が立ち並ぶ小樽へ。
小樽の終日インスタ映え旅はここ小樽駅から始まります。

10:00 小樽運河

小樽の発展を支えた美しい運河へ。

小樽運河

小樽といえばまず小樽運河です。
ここ小樽運河は全長1,140mの長い運河です。

道にはガス灯が設置され、運河沿いにある石造倉庫群は昔の姿のまま残っておりレストランなどに再利用されています。

倉庫と運河の絶景をインスタにあげよう。

小樽運河

まずは倉庫と運河の絶景をインスタにあげましょう。

小樽運河は気候条件があえばスマホでもかなりきれいな写真を撮影できます。おすすめは晴れの日の午前中です。

小樽運河
場所:北海道小樽市港町
アクセス:小樽駅[出口]から徒歩約11分

11:00 小樽運河観光案内所

時計が大量のかかった壁に注目。

小樽観光協会小樽市観光運河プラザ案内所

小樽運河周辺にある目立つ巨大な石造りの倉庫は現在小樽運河プラザとして活用されています。ぜひとも中に入ってみましょう。

運河プラザ内にはカフェや観光案内所などがありますが、まず注目したいのは壁にたくさん掛けられた時計です。

まさに時の迷宮に迷い込んだみたいですね。

シャンパンタワーもある。

小樽観光協会小樽市観光運河プラザ案内所

そしてこのシャンパングラスのタワーです。小樽はガラス細工が有名だから納得です。この小樽運河プラザはいろいろインスタ映えのネタがありますのでぜひとも行ってみましょう。

小樽観光協会小樽市観光運河プラザ案内所
場所:北海道小樽市色内2丁目1−20
アクセス:小樽駅[出口]から徒歩約8分

12:00 ポセイ丼

激安丼は意外とインスタ映え?

小樽ポセイ丼 堺町総本店

小樽の中心部堺町にある小樽ポセイ丼へ。海の神様から店名をとったのだろうと予想されるこの海鮮料理店、極めてコスパが高いと有名でやってきました。

これが500円の運河丼です。 サーモンがかなりおいしかったです。
それにしてもコスパ高いです。リーズナブルに味わえる海鮮丼を楽しみましょう。

色合いが良いので意外とインスタ映えしそうです。

小樽ポセイ丼 堺町総本店
場所:北海道小樽市堺町4-9
アクセス:JR函館本線 小樽駅より徒歩15分 JR函館本線 南小樽駅より徒歩10分 南小樽駅から878m
営業時間:10:30〜18:00(L.O18:00) ※12/31〜1/3は朝10時30分〜15時まで ランチ営業、日曜営業

13:30 小樽堺町通り商店街

洋館がたくさんの街並みは美しい。

小樽堺町通り商店街振興組合

小樽の中心といえば小樽堺町通り商店街です。

ここは外灯や街の建物がヨーロッパ風です。ヨーロッパ風のクラシカルな面影の建物がとても多いのが特徴です。ここを歩いていると日本ではなく異国にいる気分になります。

美しい洋館が多いのでたくさん写真を撮ってインスタにあげましょう。

おすすめは北一 ヴェネツィア美術館

北一 ヴェネツィア美術館

中でも小樽の堺町周辺で神殿のように目立っているのが北一ヴェネツィア美術館です。ヴェネツィアにあるグラッシィ宮殿をモデルにしており、ここではヴェネツィア文化の展示などを楽しめます。

この建物の柱とかインスタ映えしそうですよね。

北一 ヴェネツィア美術館
場所:北海道小樽市堺町5-27
アクセス:南小樽駅[出口]から徒歩約11分
営業時間:8:45〜18:00(入館は17:30まで)

14:00 小樽オルゴール堂

時計と一緒に小樽オルゴール堂を撮影。

小樽オルゴール堂 本館

小樽終日インスタ映え旅行でかかせないのがやはり小樽オルゴール堂です。 その名の通り中にオルゴールばかりあるお店は重厚な建物繊細なオルゴール時計をセットでパシャリ。

撮影可能なのでかわいいオルゴールを発見しよう。

小樽オルゴール堂 本館

小樽オルゴール堂内は写真撮影可能なので、オルゴールのお土産を選ぶかたわらかわいいオルゴールをパシャリ。インスタ映えする素敵なオルゴールがきっと見つかります。

小樽オルゴール堂 本館
場所:北海道小樽市住吉町4番1号
アクセス:南小樽駅[出口]から徒歩約6分

15:00 ルタオ本店

ルタオでスイーツタイム。

小樽洋菓子舗ルタオ 本店

オルゴール堂を出た後はルタオ本店へ。
ここのルタオもきれいな建物なんです。

灯台をモチーフにした石造りの常夜灯ルタオ本店をパシャリ。

かわいいスイーツもパシャリ。

小樽洋菓子舗ルタオ 本店

ルタオ本店の1階はショップで、2階がカフェです。

ケーキセットが充実しているので生ドューブルフロマージュと紅茶のセットで休憩。ケーキもかわいくてインスタ映え間違いなし。

小樽洋菓子舗ルタオ 本店
場所:北海道小樽市堺町7-16
アクセス:JR小樽駅から徒歩20分 南小樽駅から552m
営業時間:[月〜木・日・祝] 9:00〜18:00 [金・土] 9:00〜19:00 日曜営業

18:00 小樽運河食堂

海鮮がまるまる入ったラーメンはインスタ映え?

小樽運河食堂

夜は小樽運河沿いにある小樽運河食堂へ。
こちらはレトロでたくさんのお店が入っています。

寒いからだに染みる、
ラーメンをさんで。

おススメの一品磯ラーメン。このボリュームすごすぎる。
蟹もえびも、イカもまるごと贅沢にのっています。

贅沢な逸品はイイねがたくさんつきそう。

夜景

小樽運河

美しい運河の夜景をバックにパシャリ。

小樽運河

小樽の夜景といえばやはり小樽運河
小樽運河の夜景は美しすぎるのでこれをバックに写真を撮りましょう。

小樽運河
場所:北海道小樽市港町
アクセス:小樽駅[出口]から徒歩約11分

メルヘン交差点

メルヘン交差点

さらにルタオ本店などがあるメルヘン交差点
ここは石造りの常夜灯に灯が灯り、幻想的な雰囲気になります。

天狗山展望台

小樽の美しい夜景をパシャリ。

天狗山展望台

最後に天狗山展望台を紹介します。ここから小樽の夜景が一望できます。バスとロープウェイで行くことになりますが、行く価値は本当にあります。

ここからの小樽の夜景は最高です。ぜひぜひ一眼カメラを持って行き、夜景を撮影しましょう。たくさんイイねがつきそうですね。

小樽で終日インスタ旅を楽しもう。

小樽はインスタと愛称抜群。

どうでしたか。
小樽では終日インスタ映え旅が楽しめることが伝わったかと思います。

あわせて札幌も行こう。