都内近郊で気軽にスケートデート♡

ウィンタースポーツの中でも手軽に楽しめるのが魅力のスケート。

最近では冬の期間限定でスケートを楽しめるイベントを開催する施設が増えており、冬の人気スポットになっています。

今回は、東京都内近郊で2019年から2020年にかけてスケートを楽しめるスポットをご紹介します。

スケートデートで彼氏との距離がググッと近づくこと間違いなしです♡

冬らしさを感じながら、2人の世界に入って楽しめるスケートリンクへ出かけましょう♪

行く前に、スケートをおさらい!

子どもから大人まで同じリンクの中で滑るスケート。

みんなが楽しめるように、防寒対策やマナーやコツを含むスケートの注意点やおすすめポイント、アイテムまでじっくりご紹介します!

服装

スケートはウインタースポーツなので、アクティブに体を動かしやすい服装がいいのですが、デートなのにおしゃれとかけ離れた服装で行くのはちょっとテンションが下がる…。
と思いがちですが、
大丈夫です!

スケートデートならテンションが上がるコーデが可能なのです!!

まずはボトムス。

ミニスカートでもワンピースでも下に厚手のタイツを履いておけば万が一こけても皮膚を守ってくれます。

スケート初心者さんにはプロテクターを膝に付けておけば膝をサポートできるので安心です。
プロテクターは貸出もあるので問い合わせてみてください。

NGなのは、ロングスカートやフレアスカート

ロングスカートは足にスカートがまとわりつくため足を大きく広げらず、思わぬ事故につながります。

フレアスカートは広がりすぎて、すれ違う人や物に引っかかる恐れがあり、自分だけでなく周りに危険を及ぼす可能性もでてきます。

パンツスタイルが好きな人は、ボトムスにはスキニージーンズがおすすめ。

スキニージーンズは生地が強く伸縮性があり、何より美脚効果があるのでスケートデートに◎

明るめの色より黒や濃紺なら、コケて濡れた場合にも目立たないです。

ジーパンも丈夫なのでおすすめです。

次にトップス!

トップスはタートルネックがおすすめです。
タートルネックだとマフラーがなくても首元があたたかいので、身軽に滑れます。

またコートは、ダウンジャケットのようなモコモコ過ぎるものは動きづらいです。
ロングコートもフレアスカートと同じく引っかからない長さがポイントです。

そして、引っかかるといえば、マフラーも!
長いマフラーはしっかりと首に巻き、引っかからないように気を付けましょう。

そのほか防寒グッズのニット帽や帽子は頭を守ってくれ、手袋はコケてリンクに手をついたときに指を守ってくれます。
(手袋着用必須のアイススケート場もあります。)

アウターだけでなく、下着も厚手や保温素材のものなら体を冷やさないのでおすすめです。

つまり、露出がなく、引っかからなくて動きやすい服装であれば、普段のデートの格好や持ち物でスケートは簡単にできるんです!

特に大掛かりな準備はスケートデートには、必要ないのです。

レンタルできるもの

実際、スケートに突然行きたい気分になっても大丈夫。

スケート場には基本的にはすべてレンタルもしくは販売されているので手ぶらで気軽に楽しめるウインターアクティビティなんです!

最後に、スケートNG集

みんなで楽しめるために以下3点をご注意ください!

①スピードの出しすぎ、リンクの逆走をしたり邪魔をしない
②お酒に酔った人は入場できない施設が多い
③イヤホン、ヘッドホン、リュック等荷物をつけての滑走は危ないのでロッカールームのコインロッカーを利用する

怪我や風邪が心配な人は、絆創膏やタオルを持っていくと好感度アップのチャンスです♡

そして、個人個人がマナーを守る姿は、相手の印象も良くなる最適なチャンスなので一石二鳥。
これでスケートデートは完璧!

それでは早速スケートリンクをご案内します。

東京ミッドタウンでスケート!

1. 東京ミッドタウン

東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結東京ミッドタウン

今年度も東京ミッドタウン内の芝生広場で「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」が開催されます。

今年で11回目の開催ですが、都内の屋外スケート場では最大級で、本物の氷の上でスケートを楽しめるので毎年大人気です。

最初はなかなか慣れずに手こずりましたが...だんだん慣れてくると楽しくなってきます♡

都心とは思えないほど開放的なアイスリンクは、昼間はひんやりとした冬の風と緑を感じながらスケートを楽しめ、夜は美しいイルミネーションの中でナイトスケートを楽しめます。

夜のスケートはロマンチックな大人のデートにもぴったり。
ここぞとばかりに彼氏に甘えちゃいましょう♡

ミッドタウンエリアにはおしゃれなディナーのお店がたくさんあります。
アイススケートと合わせてレストランも準備しておけば、彼女の気持ちがグンと近づくチャンス到来です。

【開催期間】2020年1月7日(火)〜3月1日(日)
【営業時間】11:00~22:00(受付21:00まで) 期間中無休
【料金】大人(高校生以上)2,000円、小人(中学生以下)1,500円、付添料(3才以上)200円
※貸靴料込、館内で利用できるカフェチケット付

MIDTOWN ICE RINK in Roppongiの詳細はこちら

東京ミッドタウン
場所:東京都港区赤坂9-7-1 ほか
アクセス:六本木駅[7]から徒歩約2分 都営バス 都01「六本木駅前」下車徒歩約2分 ちぃばす「六本木七丁目」、「檜町公園」下車徒歩約1分
営業時間:施設によって異なる

横浜デート定番の横浜赤レンガ倉庫♡

2. 横浜赤レンガ倉庫

馬車道駅から徒歩6分、みなとみらいの大人気デートスポット横浜赤レンガ倉庫へ。

11月30日から「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」がオープンしています!

赤レンガ倉庫の横にスケートリンクが設置されており、横浜の景色を楽しみながらスケートを楽しめます。
イベントの名前の通り、アートとアイススケートのコラボレーションを楽しめるイベントです。

15回目を迎える今シーズンは、雑誌「ビッグイシュー日本版」に登場する可愛らしいキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるタイのアーティスト、ウィスット・ポンニミットさんスケートリンクの空間を演出しているそう!

鮮やかに彩られた幻想的な空間は、さりげなくスキンシップも増えて2人の距離が縮まりそう♡

日が暮れると赤レンガ倉庫のライトアップがとてもきれいで、雰囲気がとってもいいです!
スケートをしながらなら、自然と手を繋げちゃいますね♡

アートリンク内の「Hot Hot CAFÉ」ではパニーニやカレーフォカッチャなど
軽食が食べられたり、温かい飲み物が飲めるので、スケート靴を脱がずにお腹も満たせます。
ゆっくりスケートデートをお楽しみください♡

【開催期間】2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)
【営業時間】[平日] 13:00~22:00(1・2月は21:00まで) [土日祝] 11:00~22:00(1・2月は21:00まで)
※クリスマス・年末年始の開催時間は異なります。詳細はHPでご確認ください。
【料金】大人:700円 3歳~高校生以下:500円 付添入場料:200円
【スケート靴レンタル料】500円

また赤レンガ倉庫では2019年12月25日までクリスマスマーケットが開催されています。

スケートとクリスマスのイルミネーションをこの機会に楽しめるデートプランは女の子ウケ間違いなしです。

ぜひチェックしてみてください!

横浜赤レンガ倉庫
場所:神奈川県横浜市中区新港1-1-2
アクセス:日本大通り駅[1]から徒歩約8分
営業時間:11:00〜20:00(2号館)、10:00〜19:00(1号館) ※店舗により異なる