今年は風物詩をちょっと変わった場所・方法で

熱海港

夏といえばみなさん、何を思い浮かべますか?
花火、お祭り、スイカ…いろいろありますよね!

今年はいつもと違う場所や方法で、夏の風物詩を楽しんでみませんか?
ということで、ちょっと変わった視点での夏の風物詩を、体験系とグルメ系に分けて紹介します!

夏のネオ風物詩体験

1. ネオ金魚すくい / 東京

祭りじゃない日に金魚すくい!

浅草きんぎょ

お祭りに行ったら、ついついやりたくなる金魚すくい。
実はお祭りに行かなくても、浅草でできちゃうんです!

某鉄道会社のCMで、あの某石原さとみがやっている金魚すくいのお店がここ「浅草きんぎょ」です。

浅草きんぎょ

1回300円、3ポイでプレイします。
容器もヒノキなので、まさに日本の夏の雰囲気が出ますね。
大人になってからやる金魚すくい、意外と難しくて盛り上がります!

しかも浅草きんぎょでは夏だけでなく、365日いつでも金魚すくいができます。
夏にやるのも良いですが、あえて冬にやるのもおすすめです。

浅草きんぎょ

「金魚すくいは祭りでやるから楽しいんじゃん!」という意見もあると思います。
しかし、ここにはお祭りにはないアドバンテージがあるんです。

それはかんざしや風鈴、ノートなど金魚の雑貨がたくさん売っていること!
「◯匹すくえたらアレ買ってあげるね」なんて遊んでみるのも面白いかもしれません。

今年は金魚づくしの夏を味わってみませんか?

浅草きんぎょ
場所:東京都台東区浅草2丁目7-13
アクセス:浅草駅から徒歩9分
営業時間:9:00~16:30

2. ネオ風鈴 / 高知

オリジナルの風鈴を作っちゃおう

小さなガラス工房 透千(とーち)

ふと聞こえてくる風鈴の音、夏らしくてとっても良いですよね。
風鈴の音を聞くのではなく、今年は自分だけのオリジナル風鈴を作ってみてはいかがですか?

こちらは高知県にあるガラス工房「小さなガラス工房 透千(とーち)」

小さなガラス工房 透千(とーち)

デザインを考えてから作っていきます。
炉(いろり)に入れてガラスを温めて、息を吹いて膨らまして…の繰り返しです。

当然、炉は暑く、膨らますのにかなりの肺活量が必要なので、ダイエットにも良いかも!?(笑)

小さなガラス工房 透千(とーち)

冷却後、郵送で送ってきてくれます。
頑張って作っただけあって、とても愛着が湧きますね!
これで家の中にいながら夏を感じ放題です。

今年は夏の風物詩を自分の手で作ってみませんか?

小さなガラス工房 透千(とーち)
場所:高知県南国市十市3062
アクセス:四国八十八か所三十二番札所「禅師峰寺」登り口から約150m
営業時間:10:00~17:00

3. ネオ七夕 / 東京

ありそうでない?七夕のイベント

阿佐谷パールセンター商店街

阿佐ヶ谷駅からすぐの阿佐谷パールセンター商店街では毎年、七夕まつりが行われています。
屋台もありますが、商店街なので各お店が出店しているスタイルです。

七夕のイベントって、あまり行われていないので珍しいですよね!

阿佐谷パールセンター商店街

短冊や吹流しなど、七夕にちなんだ飾りはもちろん、キャラクターの大きなハリボテもあるので、見ていて飽きません。

今年は七夕のイベントに参加して見ませんか?

一般的に七夕は7月7日ですが、月遅れの8月7日に合わせて開催されます。
開催日:2018年8月3日(金)~2018年8月7日(火)

阿佐谷パールセンター商店街
場所:東京都杉並区阿佐谷南1-36-10
アクセス:阿佐ヶ谷駅から

夏のネオ風物詩グルメ

4. ネオかき氷 / 大阪

このビジュアル、もはやかき氷じゃない!

麺とかき氷 ドギャン 谷四店

大阪城公園近くの谷町四丁目駅から徒歩5分。
店名も「麺とかき氷 ドギャン」と、かなりインパクトがあります!

そんなお店が出すかき氷は、一体どんなものなのでしょうか?

麺とかき氷 ドギャン 谷四店

こちらがインパクト大のイチゴフロマージュ(800円)
これ、かき氷に見えますか?見えないですよね?
マーブル柄になっていて、SNS映え抜群

味もとっても美味しく、フワッフワの氷に濃厚ソースが絡みつき、マスカルポーネクリームチーズの香りがふんわりと広がります。

今年はもはやかき氷じゃない見た目のかき氷を食べて、暑い夏を乗り越えましょう。

麺とかき氷 ドギャン 谷四店
場所:大阪府大阪市中央区谷町4-9-11
アクセス:中央線谷町四丁目駅から南へ徒歩三分 谷町四丁目駅から356m
営業時間:平日と土曜日 昼11時30分~14時 夜18時~23時(LO.22時30分) 夜はラーメン居酒屋として営業中 ラーメン、かき氷だけでもOKです 平日の「かき氷」の提供は13:00からです 冬季は日曜日・祝日のみ11:30~20:00までの 通し営業となります

5. ネオ流しそうめん / 京都

川の側で流しそうめん!

ひろ文

夏によく食べるそうめんですが、みんなでやる流しそうめんはより一層楽しいもの。
ただ、お庭や施設でやるより、本格的な川床でやりたいですよね?

それができちゃうお店が京都にあるんです!

ひろ文

左京区鞍馬貴船町にある「ひろ文」では、懐石料理のほか、本格的な流しそうめんが楽しめます。

川床はマイナスイオンたっぷりで、とっても気持ちいいです!
こんな素敵なロケーションで流しそうめんができる場所なんて、なかなかないですよね?

ひろ文

時間は1人20分で、そうめんがどんどん流れてきます。
初めはうまく掴めないかもしれませんが、だんだんと慣れてきて楽しくなってきます。

ピンク色のそうめんが来たら終了。
あっという間ですが、アトラクション感覚で童心に帰って楽しめます。

今年の夏は涼しい川床で優雅に流しそうめんを楽しみませんか?

ひろ文
場所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町87
アクセス:叡山電鉄「貴船口」下車、京都バスで10分(または徒30分)。会席料理予約者は電話するとマイクロバスが迎えに来る。 鞍馬駅から1,589m
営業時間:11:00〜19:00 ランチ営業、日曜営業

6. ネオうなぎ / 東京

うなぎじゃなくて、あえて…

玉ゐ 本店

土用の丑の日には普通うなぎを食べますが、あえてあなごを食べてみませんか?
それも極上のあなごを。

最後に紹介するのは、日本橋にある老舗のあなご専門店「玉ゐ」
人気店のため、土日はかなりの行列で1時間待つこともあります。

玉ゐ 本店

こちらがあなご箱めしの中箱(2,950円)
煮上げ焼き上げから選べますが、合いのせといって、煮上げと焼き上げが1枚ずつ乗ったお得な楽しみ方もあります。

山椒と、擦ったゆずをまぶして食べます。
香りがとっても良く、うなぎよりスッキリとした味わいです。

玉ゐ 本店

ご飯を少し残しておいて、締めにお茶漬け!
お出汁が染み込んでいて、こちらも美味しいです。

今年の夏はうなぎではなく、極上のあなごを食べてみませんか?

玉ゐ 本店
場所:東京都中央区日本橋2-9-9
アクセス:JR東京駅八重洲口から高島屋デパート方面へ徒歩8分。東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線日本橋駅から徒歩3分。 日本橋駅から106m
営業時間:[月〜金] 11:00〜14:30(LO.14:00) 17:00〜21:30(LO.21:00) [土・日・祝] 11:30〜15:30(LO.15:00) 16:30〜21:00(LO.20:30) ランチ営業、日曜営業

夏の風物詩に新たな風を

いかがでしたか?
普通の夏の風物詩にちょっと工夫を加えることで、日常がぐーんと楽しくなります。

あなただけのネオ風物詩を見つけてくださいね!

こちらの特集もおすすめ!