日本で一番来館者数が多い美術館って皆さんご存知ですか?
そう、それが今回紹介する「国立新美術館」なんです!
その数なんと年間240万人!(2014年のデータ)
世界の美術館で見ても21位と、とんでもない数字を叩き出しています。
今回はそんな「国立新美術館」の魅力に迫ります♪

【PR】Go To Eatキャンペーンをさらにお得に!

対象のレストランを予約して来店すると、最大10,000円分のGo To Eat ポイントがもらえるGo To Eatキャンペーン
一休.com レストランから予約すると、獲得できる一休ポイント10%をその場で利用可能
Go To Eatキャンペーン利用に加えて、合計金額から実質10%割引で予約できます!

より詳しいキャンペーン内容は一休.com レストランのGo To Eatキャンペーンページでご確認ください。
予約期間は2020年10月31日(土)までなので、気になる方はお早めに!

そもそも「国立新美術館」って?

「国立新美術館」は東京・六本木にある美術館です。
「東京国立近代美術館・国立西洋美術館・京都国立近代美術館・国立国際美術館」についで日本で5番目の国立美術館として2007年に開館しました。

比較的新しい美術館のため建物はとても近代的です♪
乃木坂駅ほぼ直結で利便性最高の場所にあります!

どんな展示をやっているの?

「国立新美術館」は独立行政法人国立美術館に所属している中で唯一コレクションを持たない為、英語名は収蔵品を持つのが通常であるミュージーアムではなくアートセンターを用い、「ナショナルアートセンター・トウキョウ THE NATIONAL ART CENTER-TOKYO」を名乗っています。

コレクションを持たないため、常に色々な展示がされています。
過去には「アンディー・ウォーホル」が代表的な「アメリカンポップアート展」や…

パリで大人気の個性的な芸術作品の「ニキ・ド・サンファル展」が行われました♪
他にも公募展として書道展や日本最大の公募展と呼ばれる「日展」などもここの「国立新美術館」で開催されています♪

国立新美術館の楽しみ方♪

美術展を楽しむのももちろん大事ですが、国立新美術館の楽しさはそれだけじゃないんです!
実は館内がかなりオシャレなのでそこも見どころなんです♪

閉館時間が18時なので、この時期だと日が暮れていますよね。
そこで外に出てみると…ガラス張りの建物なのでとても綺麗なんです♪
どうせなら閉館までゆっくりして、この景色を見てから帰りましょう!