スイーツの発祥地をたどろう

ミーズパンケーキ 原宿店

いきなりですが「モンブラン」って、どこから広まったスイーツか知っていますか?
いくつかレトロなお店が思い浮かぶと思いますが、
正解は、あのおしゃれな街・自由が丘なんです!

今回は東京が元祖!のスイーツ店をいくつご紹介します。
見出しを見ながら、10秒考えてみてください。
きっと新たな発見が見つかるはずです。

【PR】クリスマス前に気分が上がる!ヘアケア&トリートメントがここだけの価格で。

「22,000円相当が、56%OFFの9,500円」などお得なプラン多数!

https://www.ozmall.co.jp/xmas/hairsalon/

クイズに答えよう!元祖スイーツ巡りの旅。

元祖たいやきはどこ?

正解は…浪花家総本店 / 麻布十番

浪花家本店

「浪花家総本店」1909年麻布に創業したお店です。
本店は麻布ですが、ほかにも江戸川橋や浅草、大阪に店舗があります。
一度食べたら忘れられない、たい焼きの味を楽しんでみませんか。

浪花家総本店

1つ1つ丁寧に焼かれたたい焼きの香ばしさと、パリっとした皮の食感は創業当時から変わりません。
初めていくなら、やっぱりはじめにシンプルなたい焼きを食べてほしいです。
中に入っている、8時間かけて作られている小豆は優しい甘さです。
お土産にする際は、家のオーブンで焼いて食べるとおいしさが復活するそう。
やっぱり家族で囲んで食べたいこの味!

浅草浪花家

たい焼きのほかには、「やきそば」「あんみつ」「かき氷」などがあります。
なんでも、お店のなかには冷房設備がないため、その場で食べるかき氷は特別な味がするとのこと!
また、あんことクリームをサブレでサンドした「アズウィッチ」という、一口食べたヤミツキになる商品もあります。

暑い夏に食べたいスイーツ、かき氷のお店選びやお土産選びで迷ったら、ぜひこのお店に行ってみてほしいものです。

浪花家総本店
場所:東京都港区麻布十番1-8-14
アクセス:東京メトロ南北線 麻布十番駅4番出口都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅7番出口東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩15分 麻布十番駅から86m
営業時間:[月・水〜日] 10:00〜20:00(但し店内飲食は11:00〜19:00) ランチ営業、日曜営業

元祖くずもちはどこ?

正解は…船橋屋 / 亀戸

船橋屋 亀戸天神前本店

お次はここ!
くず餅の発祥地「船橋屋」をご紹介します。
今では新宿や池袋、帝釈天など都内を中心にたくさんのお店を構える老舗のお店なので、知っている方も多いのでは?
そんな船橋屋ですが、元祖は亀戸にあります。

船橋屋初代の勘助の出身地・千葉県北部は良質な小麦が取れる場所だったそうです。その小麦を蒸して作ったのがくず餅の始まりなのだとか。

江戸文化が栄えていた1805年に創業し、様々な歴史的偉人たちをお客として引き寄せ、今日まで創業を続けてきました。

船橋屋 亀戸天神前本店

シンプルなくず餅は、サラサラしたきな粉と甘い黒蜜がかかって出てきます。
このくず餅は、小麦澱粉質に天然水を混ぜながら15ヵ月の間熟成発酵させているそうです。
くず餅はこの”乳酸菌”の作り方がカギとなるのだとか。

船橋屋 亀戸天神前本店

食感はモッチリしています。しっかりと澱粉の良さが引き出されていて、一口めから大きな感動が押し寄せます。
これぞ元祖が守ってきた味なのでしょうか。

もちろん江戸時代には生まれていない私でも、なんだかこの独自の食感に感動しすぎてタイムスリップしたような気分になりました(⁉)。

船橋屋 亀戸天神前本店
場所:東京都江東区亀戸3-2-14
アクセス:錦糸町駅から徒歩10分亀戸駅から徒歩11分 錦糸町駅から743m
営業時間:販売 9:00〜18:00 お召上がり 9:00〜17:00 朝食営業、ランチ営業、日曜営業

元祖あんみつはどこ?

正解は…銀座若松 / 銀座

銀座 若松

あんみつの元祖は浅草ではありませんよ!
実は銀座コアのビルの1階に根を下ろしている老舗店「銀座若松」が発祥地なんです。

今回ご紹介するなかでは、1番の意外さにびっくりしました。
そんな若松は、1894年創業です。
最初は汁粉屋だったものの、当時のお客さんに「もっと甘いものが食べたい」と言われて開発されたのがあんみつなんだとか。
店内も畳椅子に木のテーブルと和風で、落ち着いています。

銀座 若松

こちらが「元祖あんみつ」ですが、意外にも盛り付けはシンプルではなく、みつまめやぎゅうひ、フルーツやあんこなど様々なものが乗っています。
黒蜜はお好みでかけて食べましょう。

銀座 若松

あんこはねっとりしていて、とても食感がいいです。
優しい味が口の中に染みわたり、いつ食べても飽きません。
ほかには、「よもぎあんみつ」「あんずあんみつ」も人気のようでした。
レジ前に持ち帰り用のあんみつがおいてあるので、ぜひ買ってみてください。

銀座 若松
場所:東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア 1F
アクセス:東京メトロ(銀座線・丸の内線・日比谷線) 銀座駅「A-3出口」「A-4出口」「A-5出口」 「A-4出口」からは直接当ビル地下1階に入れます。 銀座駅から161m
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)

元祖人形焼はどこ?

正解は…元祖木村家人形焼本舗 / 浅草

木村家本店

やっと浅草にやってきました(笑)!
浅草の食べ歩きといえば必ずと言っていいほど候補にあがるのが人形焼きですが、「元祖木村家人形焼本舗」1868年に創業した1番古い人形焼きのお店です。
お店は仲見世通りをずっとまっすぐ進んだところにあります。
前を通ると、香ばしい匂いが!

木村家本店

一口サイズの人形焼きは、五重の塔提灯と種類豊富です。
カスタード生地の人形焼きのなかにあんこが入っていて、とてもおいしいですよ!
専用の紙袋や箱にいれてくれるので、食べ歩きやお土産にもぴったりです。

木村家本店
場所:東京都台東区浅草2-3-1
アクセス:浅草駅(東武・都営・メトロ)から333m
営業時間:9:00〜19:00 日曜営業

元祖塩大福はどこ?

正解は…みずの / 巣鴨

元祖塩大福 みずの

元祖大福を食べに行くなら、巣鴨へ。
お店は地蔵通り商店街を数分歩いたところにあります。
「みずの(旧店名:だるまや)」は、1937年に創業しました。

二代目当主の先代の出身地のご当地グルメであった「塩あんぴん餅」から塩大福のアイデアを生み出したのだとか。

ですが、大福をわざわざ巣鴨で買う理由とは何なのでしょう。
それは…

元祖塩大福 みずの

モチモチした皮のあまじょっぱさと、中の北海道産・小豆餡を合わせて食べるととってもクセになるから!

和菓子は甘ったるい…そんな理由で苦手とする人もいるかもしれませんが、
みずのの塩大福は甘いだけではありません。

元祖塩大福 みずの

そして手にとると分かりますが、1個1個がずっしりしているため、非常に食べ応えがあります。
ぜひ一度は食べてみてほしいです。

店内にはイートインスペースもあるので、ゆっくりしていきましょう。

元祖塩大福 みずの
場所:東京都豊島区巣鴨3-33-3
アクセス:JR巣鴨駅から、徒歩4分(0.4km)です。都営三田線巣鴨駅から、徒歩2分(0.2km)です。 巣鴨駅から348m
営業時間:[日〜土・祝] 9:00〜18:30 朝食営業、ランチ営業、日曜営業

元祖モンブランはどこ?

正解は…モンブラン / 自由が丘

モンブラン

最後はまさかの洋菓子です。
冒頭で紹介した1933年に創業したモンブランの発祥地・自由が丘のお店をご紹介します。
店名も「モンブラン」…ほかのお店とは一線を画していますね。

友達に「今日モンブラン行こう!」と言ったら「なんだコイツ…もしかしてジム行こうみたいなノリで誘ってんのか⁉」と思われそうです。

モンブラン

写真は季節限定の「利平栗のモンブラン」です。 

モンブランの発祥はこのお店の創業者である菓子職人の迫田千万億(ちまお)さんが、登山のためにフランスを訪れ、そこで初めて目にした「モンブラン峰」に感動したことから始まります。
なるほど、モンブランは地名だったのですね…!

モンブラン

土台にはサクサクとしたクッキー生地が使われています。
そして、熟練パティシエにより、名峰・モンブランの山肌マロンクリームで再現されています。

甘く優しいくちどけ、そしてどこか懐かしいモンブランは幾世代にも渡ってこれからも愛され続けられるでしょう!

モンブラン
場所:東京都目黒区自由が丘1-29-3
アクセス:東横線自由が丘駅より徒歩2分 自由が丘駅から106m
営業時間:10:00〜19:00 ランチ営業、日曜営業

あなたの街にもあるかもしれない

元祖スイーツ巡り、いくつ正解できましたか?

和菓子や洋菓子の代表である彼らが、意外な土地で生まれていたのにはびっくりした人も多いはずです。

日ごろ口にしているものの発祥地を考えてみると、よりいいっそう美味しさが増すかもしれませんね!
あなたの街のご当地グルメ、探してみませんか?