なぜ『関ケ原の戦い』は起こったのか。

岐阜県・JR関ケ原駅

関ケ原駅

関ヶ原は、1600年に行われた関ヶ原の戦い(関ヶ原の合戦)が行われた場所です。
ではなぜ関ケ原の戦いは起こったのか。
織田信長が本能寺の変で惜しくも天下統一を逃し、豊臣秀吉が天下統一を行う。
そして、豊臣秀吉が亡くなった時、後継ぎである秀頼が幼少だっとことが最大の要因だったんです!
秀頼が幼少だったため、五大老・五奉行という代わりに政治を行う賢い人たちが集まります。
そこで、権力があったのが徳川家康です。
もともと、秀吉の政治をよしと思っていなかった武将たちが、家康が天下をとることを期待し、家康のもとに集まります。
もちろん秀吉の重臣であった石田三成などは黙っていません。
家康打倒の策をねい、関ケ原の合戦へと発展します。
つまり、
徳川家康(東軍)VS**豊臣家・石田三成(西軍)**
が関ケ原の対戦状況となります。
駅の看板には、徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍の主な武将な名前が連なります。駅前には、観光交流館を建設中です。仮設の街角案内所で「関ヶ原合戦史跡めぐり」の地図をゲットします。武将の家紋を押せる、ハンコ帳も100円で購入できます。

関ケ原駅
場所:岐阜県不破郡関ケ原町

『関ケ原の戦い』の主要人物!

徳川家康

関ケ原ウォーランド

徳川家康は、鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギスで有名ですね。
家康は健康オタクでもあり、関ケ原の戦い後15代続く徳川幕府のなかでも三人しかいない長生きのした大御所でもありました。
テストにここでるかもしれません。(笑)
関ヶ原ウォーランドでは、関ヶ原の戦いを200 体以上の等身大コンクリート像で再現。東西両軍の布陣や、地形も忠実に再現されています。合戦の中に放り込まれたような錯覚を起こします。
徳川家康の陣の首実験場。家康の前に、首が置かれています。
ちょっといびつな人形がリアルでインパクト大ですね、、、。

石田三成

関ケ原ウォーランド

元々秀吉の小姓であり、忠誠心の厚い人物として有名です。
三成は、武力ではなく作戦を練る等知識の面で活躍した武将です。

小早川秀秋

関ケ原ウォーランド

この人物は、関ケ原の合戦の勝敗に大きくかかわった人物です。
最初は西軍として、石田川にいた武将ですが、徳川家康と話し合いが先に追わなれ合戦中に寝返ったんです、、、!
小早川の寝返りにより、最初は優勢であった西軍ですが、東軍に押され始めます。

関ケ原ウォーランド
場所:岐阜県不破郡関ケ原町1701-6
アクセス:関ケ原駅[出口]から徒歩約23分
営業時間:開園時間:4月~11月 10:00~16:00 開園時間:12月~3月 10:00~15:00 土日祝は16時まで

合戦の結末

関ケ原ウォーランド
関ケ原ウォーランド

写真のように激しい戦いとなった関ケ原の戦いですが、実はその決着はなんと1600年9月15日の昼、開戦から約半日で6時間で決着となりました。
小早川隊の寝返りと大谷吉継の軍の壊滅により、東軍は西軍に総攻撃をかける。石田隊も東軍の総攻撃を相手に粘りに粘り続けたが、重臣たちも討死し、とうとう壊滅。三成も伊吹山方面へ逃走し、最後は打ち首となった。

関ヶ原古戦場 決戦地

こちらが現在の関ケ原の戦い、決戦地です。
徳川家と石田家の家紋入りの旗がかかげられています。

岡山(丸山)烽火場

岡山(丸山)烽火場は黒田長政と竹中重門の陣があった場所。
ここで、開戦の烽火(のろし)が上がりました。関ヶ原の町と、合戦の重要なスポットを一望することができます!
当時の合戦に思いを馳せることができますね。ここであの関ヶ原の戦いが行われたなんてちょっと現実味がないですが、当時実際に戦で使用された甲冑など資料館でみると想像が少し出来るかもしれません。
【アクセス】
自転車の場合は、国道21号の丸山交差点から坂道をのぼって、山頂をめざすのがおすすめ。

関ヶ原古戦場 決戦地
場所:岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原1202
アクセス:関ケ原駅[出口]から徒歩約16分

もっと関ヶ原の戦いを知りたい方は!

関ケ原町歴史民俗資料館

関ヶ原町歴史民族資料館です。
途中、東首塚に寄り道するのがおすすめ。
関ヶ原町役場には、武将の絵が描かれた、強大な塔のような看板があります。役場を過ぎたあたりに、歴史民族資料館があります。駅から8分くらいなので合戦の地に行く前に予習をしてから向かいましょう!

関ケ原町歴史民俗資料館

大型ジオラマでは、合戦時の東西両軍の陣形と戦の流れがよくわかります。

関ケ原町歴史民俗資料館

ここで自転車を借りることができます。
サイクリングをしながら合戦の地めぐるのがおすすめですよ!
【料金】
4時間500円、8時間1000円
子どもの座席つき自転車もあり。

関ケ原町歴史民俗資料館
場所:岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原894-28
アクセス:関ケ原駅[出口]から徒歩約8分
営業時間:4月〜10月 9:00〜16:30/11月〜3月 9:00〜16:00

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康のお墓がスゴイ!

栃木県【日光東照宮】

日光東照宮 陽明門

一年を通して観光客で賑わうスポット日光東照宮は徳川家康が神格化されて祀られている神社です。

日光東照宮 陽明門

由緒ある神社のひとつひとつが赴きがあり、厳かな雰囲気も漂います。

日光東照宮 陽明門

見ざる聞かざる言わざるの三猿。
実は、三猿は「さんざる」「さんえん」と読みます。
「見ざる聞かざる言わざる」ということわざは、「自分に都合の悪いこと、人の欠点や過ちなどは、見ない、聞かない、言わないのが良い」という意味があります。
実は、この言葉は孔子の言葉が元になったと言われています。
また、孔子の四つの戒めは「見るな、聞くな、言うな、するな」ということですが、「見るな、聞くな、言うな」が「見ざる聞かざる言わざる」で四猿が実は正しい。
見るな=目を両手でふさぐ猿
聞くな=耳を両手でふさぐ猿
言うな=口を両手でふさぐ猿
するな=股間を両手でふさぐ猿
「するな」は、股間を両手でふさいでいるので、性的なことに関する戒めといわれています。
日本では三猿が広く知られていますが、「四猿」を「しざる」と読むことで「死」を連想させるから三猿になったとか、性的な表現は良くないということで三猿にしたとか、理由は定かではありませんが、四匹目の猿は幻となっています。

日光東照宮 陽明門

大人の拝観料は1,300円で営業時間は11月〜3月は午前8時〜午後4時までです(4月〜10月は午後5時まで)です。
秋は紅葉、冬は初詣など、四季で違うイベントを楽しみましょう!

日光東照宮
【HP】
http://www.toshogu.jp/etc/haikan.html

日光東照宮
場所:栃木県日光市山内2301
アクセス:東武日光駅[出口]から徒歩約30分 日光駅からバスで7分  西参道で下車

現代で徳川家康に会いたいなら!

家康最後の城、名古屋【名古屋城】

名古屋城

名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城です。
江戸幕府が体制を確立する激動の時代に、濃尾平野を見晴るかす高台に忽然と巨大な城郭が誕生しました。

名古屋城 本丸御殿

名古屋城の中にて、実物大の金のシャチホコが!
記念に写真撮影をお忘れなく。

名古屋城 正門

そしてココに注目。
土日には、イケメンぞろいの「名古屋おもてなし武将隊」の演武があるんです!!!
平日でも、武将と陣笠がおもてなししています。
これは歴女にはたまりませんね。(笑)

名古屋城 正門
場所:愛知県名古屋市中区本丸1-1
アクセス:浅間町駅[1]から徒歩約11分