韓国風カフェにいきたいの!

URBAN SPACE 明洞

今、私たちが注目しているのは韓国のカフェ!日本発のカフェもいいけれど、韓国のカフェはフォトジェニックで、その空間にいるだけでテンションがあがるようなお店ばかり♡

SNSでも、韓国のカフェは大人気です!

韓国行くお金・時間ないわ…

しかし、韓国までいくお金や時間がない!というあなたにおすすめしたい、日本にいながら韓国カフェの雰囲気を味わえちゃうお店をご紹介していきます。

1. ヨルムカフェ/原宿

原宿駅からすぐ!ここは韓国?

カフェヨルム

原宿駅をでてすぐの場所に、2018年8月にOPENしたヨルムカフェ

ピンクの壁やインテリアがかわいいこのお店は、まるで韓国にきたかのような気分が味わえるお店です。

ネオンサインの壁はフォトスポット。

カフェヨルム

ドリンクやフードのパッケージにもハングル文字が。そしてなんと、ストローはハート型

ドリンクのボトルは、店員さんにお願いすればきれいに洗ってくださり、持ち帰ることができます。

持ち帰り用に用意してくださる袋もとても可愛いので、ぜひ記念に持ち帰ってみて。入り口にはお店のステッカーが置いてあるので、忘れずにGETを。

カフェヨルム

まるで韓国にいるかのような気分を味わえる、カフェヨルムは友達と行けば盛り上がること間違いなし!

原宿の新しいお出かけスポットです。

カフェヨルム
場所:東京都渋谷区神宮前1-21-15ATMビル2F
アクセス:原宿駅竹下口より徒歩1分
営業時間:11:00-19:00

2. BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)/松陰神社

まだあまり知られていない穴場!

BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)

世田谷線・松陰神社駅から10分程度。駒澤大学や三軒茶屋から徒歩20分程度のところにあるカフェ、BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)

まだあまり知られていない穴場の韓国風のカフェです。

白を基調としたインテリアが素敵な店内は、とてもおしゃれ。

BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)

コーヒーやラテなどのカフェメニューが、10種類ほど用意されています。

フォトジェニックなクリームがたっぷり乗ったドリンクや、韓国風カフェ定番のボトルに入ったドリンクなど、かわいい見た目のドリンクがたくさん用意されています。

ドリンクが入っているカップのデザインもかわいい♡

そのほか、ホットドックドーナツなどの軽食も食べることができます。

BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)

窓際のカウンター席にはコンセントもあるので、PCを繋ぎながらの作業や、ケータイの充電も可能。

店内やお店の周辺は、ゆったりとした雰囲気。このリラックスできる素敵な空間で、ゆっくりと時間を過ごしてみては?

BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)
場所:東京都世田谷区若林3-15-6 1F
アクセス:松陰神社前駅から182m
営業時間:9:00-19:00

3. FABRIC(ファブリック)/東池袋

ビックサイズドリンクで大満足♡

FABRIC(ファブリック)

東池袋駅からすぐのFABRIC(ファブリック)

東池袋駅を出てすぐ。高架下沿いに並ぶお店の1つ。そこまで店内は広くありませんが、2階にも客席があります。

店内はモノトーンを基調としたデザインでスタイリッシュな雰囲気。壁沿いの椅子は全てソファになっているので、ゆっくり会話を楽しみたい女子会にもぴったり◎

FABRIC(ファブリック)

写真はほうじ茶ラテ。ドリンクの種類が豊富で、クリームがたっぷり乗ったドリンクがSNSで目立っていました。

今回はホットのクリームが乗っていないラテを。ラテアートが施されていて、きれい♡

フタをつけずに席まで運んできてくださいます。

FABRIC(ファブリック)

FABRICのドリンクはとってもビックサイズ!クリームが乗っていなくても、甘めのドリンクなので、飲みごたえ十分です。

飲みきれない場合は、フタをもらってテイクアウトしてください。

FABRIC(ファブリック)
場所:東京都豊島区南池袋2丁目43−16
アクセス:JR池袋駅西武東口より徒歩7分 日の出通りを直進して約7分 東京メトロ有楽町線 東池袋 出口6から徒歩0分 東池袋駅出口6を出て、左に向かうと、グリーン大通りがある。 その通りを信号で渡った目の前にお店はあります。
営業時間:[ 月~金 ] 08:00~19:00 [土日•祝日] 09:30〜19:00

4. W/O Stand(ウィズアウトスタンド) Osaka/心斎橋

特徴的な扉が目印!

W/O STAND OSAKA

心斎橋にあるW/O STAND(ウィズアウト スタンド) OSAKA。このW/O STANDは原宿や、広島などさまざまな場所に店舗があります。

ただ、店舗によってインテリアやカップに書かれているイラストが違います。

どの店舗も素敵なので、各店舗1度は足を運んでみたくなりますよ。

W/O STAND OSAKA

心斎橋にあるW/O STANDの店舗は、白のタイルにネオンサインが映え、スタイリッシュな雰囲気。

そのシンプルさや、スマートな雰囲気が韓国カフェっぽい。

W/O STAND OSAKA

W/O STANDでは定番のコーヒーだけでなく、季節限定のメニューも販売されています。ぜひチェックしてみて。

その店舗でしかGETできないイラストのカップは、思い出に持ち帰ってもいいかも。

W/O STAND OSAKA
場所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目15-15 1F
アクセス:四ツ橋駅から112m
営業時間:11:00〜19:00

5. Cafe No.(カフェナンバー)/南堀江

ボトルに入った無添加ドリンクを

cafe no. 本店(カフェナンバー)

心斎橋にあるCafe No.(カフェナンバー)。南堀江の方にポツンとあるお店です。

OPENは11:00〜。OPENと同時にお店に来てみると、もう数人お客さんが中に。

cafe no. 本店(カフェナンバー)

お店の中はパステルカラーを基調とし、壁際には木のベンチが設置されています。

壁にはユニコーンのオブジェも。SNSに映えるメルヘンな雰囲気が、女子に人気の理由の1つ。

を買って注文をします。

ボトルに入ったドリンクや、クリームがたくさんのったドリンクなど、ドリンクの種類が豊富です。

cafe no. 本店(カフェナンバー)

中でもおすすめはボトルドリンク。ボトルのデザインがキュートで、SNSにUPしている人もたくさん。ストローをさして飲みます。

お土産にもぴったりですが、防腐剤などを使用せず、無添加で作られているので、できるだけはやく飲みきる方がいいでしょう。

cafe no. 本店(カフェナンバー)
場所:大阪府大阪市西区北堀江1-15-17
アクセス:西大橋駅から211m
営業時間:平日 11:00〜19:00 土日 10:00〜19:00

日本で韓国旅行キブンに♡

URBAN SPACE 明洞

韓国のカフェに来た気分を味わえる、日本のカフェをご紹介しました。
「韓国に行くヒマもお金もないわ!」という人は、かわいいカフェで、ぜひ日本にいながら、韓国旅行をしたキブンになってくださいね♡

気になったカフェがあった人はぜひ、足を運んでみて。