目次
もっと見る
東京でおすすめのホテル一覧

六本木・品川・お台場・新橋エリアの博物館。

13. NHK放送博物館

放送の今と昔が見られる世界最初の放送博物館。

神谷町駅から徒歩8分のところにあるNHK放送博物館では、日本の放送の歴史とこれからの未来が垣間見られます。
入場無料で、過去のドラマや放送名場面など楽しめるので、NHKの大河ドラマや朝ドラを見ている方には特におすすめです。

NHK放送博物館
場所:東京都港区愛宕2-1-1
アクセス:神谷町駅[3]から徒歩約5分
営業時間:9:30〜16:30

14. ソニー・エクスプローラサイエンス

ソニー技術に未来を望む!

台場駅徒歩2分のところにあるソニー・エクスプローラサイエンスは、科学を使った遊びや、音や光の面白さを科学的に学べるソニーが運営する施設です。

ゲームだけではなく、本質を理解し基礎を大切にしつつ応用を目指すプログラミング体験ができたり、ソニー製品が展示されていたりと世界が誇るソニー技術体験ができます。

子供たちも多いですが、カップルや大人のグループも多く、幅広い年齢層が楽しめるスポットです。

ソニー エクスプローラサイエンス
場所:東京都港区台場1丁目7-1メディアージュ5F
アクセス:電車:台場駅[北口1]から徒歩約4分 バス: お台場海浜公園(水上バス)下車 アクアシティお台場 下車
営業時間:11:00〜19:00(入場は18:30まで)

15. お台場たこ焼きミュージアム

ちょい飲みしながら仕事帰りにタコ焼きを学ぶ。

お台場海浜公園駅より徒歩2分のところにある、デックス東京ビーチシーサイドモール4階にあるお台場たこ焼きミュージアム。
こちらは、この特集の中で一番ミュージアムのイメージから離れそうですが…みんなが喜ぶミュージアムとしてご紹介します!

たこ焼きの本場である大阪の名店が大集合しているので、このミュージアムに行くとすべての人気店の味が食べられるという魅力的なスポットなんです。

トロトロたこ焼き、カリふわたこ焼きなど、たこ焼きにはこんなに食感や味が違うことを胃袋を持って体験できます。

22:00まで営業され、おつまみなどの軽食やお酒の販売と飲食スペースがあるので仕事帰りの一杯にも対応してくれます。

お台場たこ焼きミュージアム
場所:東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
アクセス:お台場海浜公園駅[北口]から徒歩約3分 空港からのリムジンバスあり。

上野・浅草・秋葉原・後楽園エリアの博物館。

16. 国立科学博物館

一度は行きたい、日本を代表する博物館。

上野駅から徒歩5分のところにある国立科学博物館では、圧倒的な量の貴重な展示物が見られます。

進化の過程をゆっくりと感じつつ学べる映像コーナーや、恐竜の骨格やさまざまな生物の展示や、体験コーナーなど常設展にも深いテーマが多数あるので、一度も行かないのはもったいない!と言っても過言ではありません。

カフェやレストランのほか、屋上にはスカイツリーが見えるスカイデッキなどもあり、休憩しながら一日中楽しめます。

いつも大盛況の期間限定の特別展は、展示に工夫があり興味深く分かりやすいです。
特別展に合わせた限定グッズの販売も要チェックです。
さすが博物館!と、うなるような興味深いグッズがたくさんあります。

国立科学博物館がある上野公園には、上野動物園や美術館など一日中遊べるスポット満載のエリアなので、ぜひ丸一日かけて訪れてみてください。

国立科学博物館
場所:東京都台東区上野公園 7-20
アクセス:上野駅[JR公園口]から徒歩約5分
営業時間:通常 9:00 〜17:00 、金・土曜日 9:00 〜20:00

17. 東京国立博物館

重要文化財など多数の美術品が目玉の、日本最大の博物館。

上野駅徒歩10分のところにある東京国立博物館には、日本や東洋の古美術品、考古学資料など貴重な重要文化財など約87,700点の美術品が所蔵されています。

東京国立博物館

国宝など、天下一品の所蔵品はどれも素晴らしく、この館内だけで一日過ごせるほどです。
館内にはホテルオークラのレストランカフェなども充実しています。

雨の日や屋外で過ごしにくい時期などにゆっくりと滞在する大人の休日におすすめです。
企画展は毎回人気なので、前売り券をあらかじめ買っておくとスムーズに入れます。

東京国立博物館
場所:東京都台東区上野公園13-9
アクセス:鶯谷駅[南口]から徒歩約4分
営業時間:本館:9時半〜17時 黒田記念館:9時半〜17時 資料館:9時半〜17時(月曜日から金曜日)※入館は閉館の30分前まで※時期により営業時間の変動あり

18. 江戸東京博物館

江戸っ子の江戸時代にタイムスリップ!

両国駅から徒歩3分のところにある江戸東京博物館では、江戸時代からの東京の歴史文化の資料やジオラマなどが展示されています。

両国国技館から徒歩3分なので一緒に訪れるのがおすすめです。

双眼鏡で江戸の生活を覗くジオラマや学芸員の方の説明も興味深く、あっという間に時間が経ちます。
併設の和食レストランもリーズナブルで人気です。

人力車やお殿様のかごに乗れる、体験コーナーもおもしろいです。

江戸時代の政治、経済、文化や庶民の暮らしが再現され、学校では学んだことのない内容も多いので子供から大人まで楽しめます。

東京都江戸東京博物館
場所:東京都墨田区横網1-4-1
アクセス:両国(都営線)駅[A3]から徒歩約2分
営業時間:9:30〜19:30

19. 江東区深川江戸資料館

江戸時代の下町に迷い込もう!

門前仲町駅から徒歩15分のところにある江東区深川江戸資料館は、地下1階から地上3階まで吹き抜けた建物内に江戸深川の町並みが再現されています。

時代や場所だけでなく、そこに住む人々の家族構成や職業、年齢までが細かく設定され、それぞれの暮らしぶりにあった生活用品が展示してあります。
さらに音響効果と照明効果もあいまって*リアルな江戸末期の生活風景**を垣間見られます。

開催されている日本の伝統芸能などの企画展に参加したり、ボランティアガイドさんの上手なお話を聞いたりすると、本当に江戸時代に迷い込んだような貴重な興味深い時間を過ごせます。

深川江戸資料館は下の赤いボタンから予約できます。
深川江戸資料館
場所:東京都江東区白河1-3-28
アクセス:清澄白河駅[B2]から徒歩約3分
営業時間:9:30〜17:00

20. 日本サッカーミュージアム

日本サッカーの聖地。

御茶ノ水駅から徒歩8分のところにある日本サッカーミュージアムは日本のサッカーの歴史や栄光すべてがつまっています。

日本サッカーの歴史が学べたり、体験できたりと日本サッカーファンならずとも楽しめるミュージアムです。

代表選手と円陣が組めるコーナーもあります!
常設展示室にはオールジャパンの等身大のパネルがあるので、パネルの前に立ち、監督や選手たちの写真と記念撮影もできます。

地下にあるショップではサッカーグッズが販売されていて、タイミングよくセールなどが行われていると有名メーカーのシューズなどがお得に購入できます♪

日本サッカーミュージアム
場所:東京都文京区本郷3-10-15日本サッカー協会ビル
アクセス:御茶ノ水駅[1]から徒歩約7分
営業時間:13:00〜18:00(入館は17:30まで) 土日祝日・特別営業期間:10:00〜19:00(入館は18:30まで)

21. 相撲博物館

日本の伝統文化&国技の相撲について学べる。

両国駅から徒歩1分のところにある両国国技館の中にある相撲博物館では、歴代の横綱や関取の写真が一面に飾られ、相撲の詳細を学べます。

錦絵や番付、化粧廻しなど相撲に関する資料も保存、公開されています。

大相撲本場所開催中は入場券なしでは入れませんが、それ以外の時期は無料で見学できます。
館内の売店では大相撲本場所開催以外の期間でも、大相撲グッズが購入できるので相撲ファンや外国人観光客にもおすすめです。

相撲博物館
場所:東京都墨田区横網1-3-28両国国技館
アクセス:両国駅[西口]から徒歩約4分
営業時間:10:00〜16:30

22. 葛飾柴又寅さん記念館

日本人の心のふるさと、寅さんたちの人情味に触れられる。

柴又駅から徒歩8分のところにある葛飾柴又寅さん記念館では、世界一長く続いた映画としてギネスブックにも載った「男はつらいよ」の撮影セットやメイキング映像などが見られます。

背景を選び、日本で唯一の寅さんと並んで記念撮影できるコーナーも人気です。
寅さん映画に詳しくなくても楽しめます。

館内の売店では寅さんグッズや旅のお土産品も販売されています。

葛飾柴又寅さん記念館
場所:東京都葛飾区柴又6丁目22番19号
アクセス:柴又駅[出口]から徒歩約7分
営業時間:午前9時から午後5時

23. ギャラクシティ・こども未来創造館

テーマは子供。でも大人も楽しめる!

西新井駅から徒歩3分のところにある足立区のギャラクシティ・こども未来創造館では、アスレチックやロッククライミングなど屋内でも思いっきり身体を動かせます。

工作、竹馬、クッキング、プラネタリウムなどさまざまなジャンルを体験でき、赤ちゃんから大人まで楽しめます。

穴場プラネタリウムです。
早めに行けば混んでいないのでスムーズに入れます。
足立区民は第2・3土曜日は無料で見られます♪

毎週水曜日の夜は大人の時間をテーマに楽しめる企画も現在準備中です!

ギャラクシティ こども未来創造館
場所:東京都足立区栗原1-3-1
アクセス:西新井駅[東口]から徒歩約4分

24. 東洋文庫

フォトジェニックな本好きの聖地。

駒込駅から徒歩8分のところにある東洋文庫は、東洋学の専門図書館であり研究所です。
三菱財閥の岩崎久弥がジョージ・アーネスト・モリソンの蔵書を購入し設立されました。
アジアの歴史など東洋文献について、かなり重要な文献が集められています。

ミュージアムショップでは、書籍のほかブックカバーやペンケースなどオリジナルグッズや本に関連するグッズが販売されています。

シーボルトゆかりの植物が植えられ、美しい庭園を見ながら食事ができるレストランも憩いの場所として人気があります。

大人の空間が広がる、コレクションミュージアムです。

東洋文庫は下の赤いボタンから予約できます。
東洋文庫
場所:東京都文京区本駒込2-28-21
アクセス:駒込駅[1]から徒歩約6分
営業時間:10:00〜19:00(入館は18:30まで)

25. 世界のカバン博物館

おしゃれなカバンやかっこいいカバンがずらりと並ぶ。

浅草駅から徒歩1分のところにある世界のカバン博物館は、1975年当時としては珍しい企業内博物館として開館しました。

世界的にも有名なビジネスバッグの老舗、エースの企業内博物館で、カバン文化の発展のためにと創業者が創設したそうです。

世界中の歴史あるカバンの展示があり、エース社の歴史も感じます!
おしゃれな館内は日本の奥深い職人技や、新しいカバンなど見どころ満載で勉強になります。
こんなに充実していて入館無料というのも嬉しいポイントです。

世界のカバン博物館
場所:東京都台東区駒形1-8-10
アクセス:浅草駅[A1]から徒歩約0分
営業時間:10時〜16時30分

26. 野球殿堂博物館

野球ファンのナンバーワン聖地!

水道橋駅から徒歩5分のところにある東京ドームの1階にある野球殿堂博物館は、1959年6月に日本初の野球専門博物館として開館しました。
東京ドームに入らなくても行けます。

日本野球の歴史だけでなく、本場アメリカの貴重なアメリカ野球資料や、日本への伝来と発展の経過などが展示されています。

収蔵品は珍しいものも多く、ファンにはたまらない博物館です。

3Dシアターでは、あこがれの選手たちのバッティングやピッチングが、立体映像の迫力で見られます。
隣接する野球グッズショップもあわせて周ると、より楽しめます!

野球殿堂博物館
場所:東京都文京区後楽1-3-61
アクセス:後楽園駅[2]から徒歩約4分
営業時間:3月〜9月/10:00〜18:00、10月〜2月/10:00〜17:00(入館はいずれも閉館30分前まで)

27. 台東区立下町風俗資料館

上野公園で明治から昭和時代にタイムスリップできるスポット。

上野駅から徒歩5分のところにある台東区立下町風俗資料館は、明治時代後半から大正、昭和時代の、東京の下町風情を楽しみつつ、下町の歴史が学べる台東区立の歴史資料館です。

昔の下町の暮らしの様子は興味深く、会話も弾みます。
戦後の雰囲気も感じられて、どこか懐かしい気分に浸れます。

台東区立下町風俗資料館
場所:東京都台東区上野公園2-1
アクセス:湯島駅[1]から徒歩約7分
営業時間:9:30〜16:30(入館16:00まで)

28. 郷土と天文の博物館

都内初、デジタル式と光学式の大型プラネタリウム。

お花茶屋駅から徒歩8分のところにある郷土と天文の博物館では、地元葛飾の自然と人間の歴史や、宇宙を身近なものとして体験できます。

地元の小学生は社会科見学や遠足で来るほど区民の憩いの場所なんです。
広い空間の郷土展示室は、展示内容も立体的で分かりやすいです。

天文コーナーでは、立派で魅力的なプラネタリウムもあるので大人も楽しめます。
2018年にリニューアルしたプラネタリウムは一見の価値ありです!

天体ファンに人気の年間パスポートは1年間何度でも入場できるのでおすすめです。

葛飾区郷土と天文の博物館
場所:東京都葛飾区白鳥3-25-1
アクセス:亀有駅から徒歩25分
営業時間:火曜日~木曜日 午前9時~午後5時 金曜日・土曜日 午前9時~午後9時 日曜日・祝日 午前9時~午後5時

29. 水素情報館 東京スイソミル

次世代エネルギーを身近に学べる。

潮見駅から徒歩8分のところにある水素情報館 東京スイソミルは水素エネルギーについて体験しつつ学べる東京都営の施設です。

入場料無料の館内は白を基調とした清潔感ある空間で、次世代エネルギーについて楽しく学べる穴場スポットです。

展示コーナー、体験コーナー、実験イベントなど幅広いコーナーや企画展などのイベントが満載なので、親切なスタッフと一緒に思う存分、水素エネルギーで遊べます。

館内には休憩スペース読書コーナーがあるので、水素に触れながらゆっくりと過ごせます。

水素情報館 東京スイソミル
場所:東京都江東区潮見1-3-2
アクセス:JR潮見駅より徒歩8分、東京メトロ辰巳駅より徒歩20分
営業時間:開館時間: 9:00~17:00 (入館は16:30まで)

30. 消防博物館

自然災害の多い日本だからこそ行っておきたい博物館!

四谷三丁目駅直結の消防博物館では、江戸時代から現代までの消防の歴史や、現代の消防署の活動と防火・防災の知識を学べます。

消防車に乗ったり、江戸の火消しをジオラマで学べるコーナー、記念撮影コーナーも人気です。

入館無料のうえ、充実の内容なので何度来ても新しい発見があります!

消防博物館(一時滞在施設)
場所:新宿区四谷3-10
アクセス:四谷三丁目駅[2]から徒歩約0分
営業時間:9:30〜17:00、図書資料室の利用時間は水・金・日曜の13:00〜16:30

31. 両国花火資料館

隅田川花火を一年中見られる!

両国駅から徒歩4分のところにある両国花火資料館は、隅田川花火の原点がわかる資料館です。

両国には花火師が多かったことから、このエリアの花火は発展していきました。
大きな実物大の花火玉の断面模型など滅多に見られない、両国ならではの貴重な展示物がたくさんあります。
大きな花火玉の中に詰められている火薬の精密さにも驚きです。

外国人観光客にもおすすめのスポットです。

両国花火資料館
場所:東京都墨田区両国2-10-8住友不動産両国ビル1階
アクセス:両国駅[西口]から徒歩約3分
営業時間:12:00〜16:00[5・6・9・10月]木〜日[7・8月]毎日開館[11〜4月]木〜土

32. 小さな硝子の本の博物館

内緒にしたい、小さな可愛らしい博物館♡

浅草駅ととうきょうスカイツリー駅から徒歩6分のところにある小さな硝子の本の博物館は、老舗松徳硝子株式会社の企業博物館です。

企業博物館という響きだと固いイメージを持ちそうですが、こちらは一歩足を踏み入れるとおとぎの国のような可愛らしい空間に包まれます。

「年々、手作りガラス生産工場が減っていく中で、手作りガラスの普及、多くの方々にその魅力を知ってもらいたい!」という熱い気持ちからオープンしたこちらの博物館には、限定販売のガラス製品ガラスに関する書籍などが並びます。

予約が必要ですが、ガラス製品にリューターという機械を使い表面を削って模様をつけるリューター体験ができます。
親切なスタッフの方と会話を弾ませながら作る、世界で一つの自分のガラス。
完成するとガラスへのいとおしさもさらに増します。
また訪れたくなる博物館です。

小さな硝子の本の博物館
場所:東京都墨田区吾妻橋1-19-8-1F
アクセス:本所吾妻橋駅[A3]から徒歩約2分
営業時間:10:00〜19:00

33. たばこと塩の博物館

専売品の歴史と文化がテーマの博物館。

とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分のところにあるたばこと塩の博物館は、日本たばこ産業株式会社により設立された企業博物館です。

2015年に渋谷から墨田区の現在の場所に移転しリニューアルオープンした、きれいな博物館です。

たばこと塩という関係がピンと来ないニッチなテーマにもかかわらず、おすすめしたいのには理由があります!

まずは塩エリアから。
珍しい世界中の塩に触れられるコーナーがあります。
その他、塩の結晶で作った像の展示や、最新のテクノロジーを使ったタッチセンサー付きの作品の展示など、塩の世界の広さにびっくりします。

タバコエリアでは、昔のタバコ屋さんの復元歴代タバコラベルの展示などレトロかわいい展示品に和みます。

そして何より、スカイツリーから徒歩5分ほどのロケーションにもかかわらず、驚くほど静かな場所なのでスカイツリー周辺の散策で人ごみに疲れたときに立ち寄れるからです。
展覧会も豪華な内容なのでぜひ覗いてみてください!

たばこと塩の博物館
場所:東京都墨田区横川1-16-3
アクセス:とうきょうスカイツリー駅[出口1]から徒歩約7分
営業時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

東京23区外エリアの博物館。

34. 江戸東京たてもの園

千と千尋の神隠しの世界へ行こう。

武蔵小金井駅からバスで5分のところにある江戸東京たてもの園は、1993年に立小金井公園内に設置された野外博物館です。

園内には現地保存が不可能な江戸時代から昭和初期までの30棟の復元建造物が建ち並んでいます。

映画「千と千尋の神隠し」では、たてもの園がイメージの1つとされたそうです!
そんな映画のワンシーンを彷彿とするレトロな世界をのんびりと散策できます。

フォトジェニックな博物館なので、お天気のいい日にカメラを片手に訪れるのが一番おすすめです♪

江戸東京たてもの園は下の赤いボタンから予約できます。
江戸東京たてもの園
場所:小金井市桜町3-7-1
アクセス:花小金井駅[北口]から徒歩約24分
営業時間:4月〜9月/9:30〜17:30、10月〜3月/9:30〜16:30(入園はいずれも閉園の30分前まで)

35. 多摩六都科学館

UFO?恐竜の卵??

花小金井駅から徒歩18分のところにある多摩六都科学館は、世界一に認定されたプラネタリウムがあるんです!

写真の不思議な物体は、UFOでも恐竜の卵でもなく、最も先進的なプラネタリウムとして世界一に認定された最新鋭投影機なんです!
こちらは直径27.5mの大型ドームにLED光源で1億4千万個の星を投影します。

立派な設備と丁寧な説明、そして頻繁に変わるテーマに、プラネタリウム通も大満足できます。

施設内では、自転車をこいで発電したり、階段昇り降りに子供トンネルを使ったりと軽い運動もできます。
大きな科学館なので一日いても飽きることなく大人も童心に返って夢中で楽しめる場所です。

多摩六都科学館
場所:東京都西東京市芝久保町5-10-64
アクセス:花小金井駅[北口]から徒歩約18分
営業時間:9:30〜17:00(入館は16:00まで)

36. マヨテラス

マヨラー必見!マヨネーズ博士になれるかも♪

仙川駅から徒歩7分のところにあるマヨテラスは、名前の通りキューピーのマヨネーズ博物館です。

かわいらしい空間でキューピーと一緒に、キューピーマヨネーズの歴史や美味しさの秘密やマヨネーズのおいしい食べ方などが分かり、マヨネーズにまつわるさまざまな情報やトピックを体感しながら楽しく学べます。
中でも、マヨネーズ作りの時間帯では自家製マヨネーズを自分達で作って食べられます。
手作りフレッシュマヨネーズは忘れられない格別なおいしさです!

マヨテラス
場所:東京都調布市市仙川町2-5-7 仙川キユーポート
アクセス:仙川駅[出口]から徒歩約5分

横浜エリアの博物館。

37. 新横浜ラーメン博物館

昭和レトロ雰囲気の中で名店ラーメンを味わう。

新横浜駅から徒歩5分のところにある新横浜ラーメン博物館では、昭和33年のレトロな町並みを再現した施設の中で全国の人気ラーメンをはしごできます。

週末は大混雑ですが、穴場は平日の晩御飯前です!
ミニサイズのラーメンもあるので、いくつか食べてお気に入りのラーメン探しもできちゃいます。

お腹を空かせて訪れたい博物館です♪

新横浜ラーメン博物館
場所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館
アクセス:【電車】新横浜駅(JR東海道新幹線・JR横浜線、横浜市営地下鉄線)より徒歩5分横浜市営地下鉄8番出口より徒歩1分【車】◎第三京浜港北インターチェンジより料金所を出て左折、新横浜方面へ。 日産スタジアムを右手に通過し、新横浜駅方面を目指し、駅から 三つ手前の信号(新横浜二丁目北側)(左:セブン・イレブン 右:横浜信用金庫) を右折。一つ目の角(コンビニあり)を右折。 (港北 I.Cより約5分)◎横浜・三ツ沢方面より JR横浜線の陸橋を越えて二つ目の信号(新横浜 新横浜駅から395m
営業時間:[月〜金] 11:00〜22:00 [土] 11:00〜22:30 [日・祝] 10:30〜22:30(時期により変動する) 日曜営業

38. カップヌードルミュージアム

デートに一番人気!世界で一つのカップヌードルを作ろう♡

みなとみらい駅から徒歩10分のところにあるカップヌードルミュージアムは、みんなが大好きなカップヌードルの歴史や、世界で一つのオリジナルカップヌードルが作れる博物館です。

カップヌードルに興味がなくても楽しめる工夫がいっぱいの館内には、たくさんのカラフルなラーメンが並んでいて圧巻です。
グッズショップにはオリジナルグッズ変わり種お土産品もあり、ぜひ立ち寄りたいコーナーです。

チキンラーメンファクトリーでは、小麦粉をこねるところからチキンラーメンを作れます。
マイカップヌードルファクトリーでは、自分がデザインしたカップに4種類から選べるスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングが選べるので世界で一つのカップヌードルを作れます!

作って楽しい、持って帰って食べるときも楽しい、2度楽しめるカップヌードルミュージアムはデートにおすすめです♡

カップヌードルミュージアム
場所:神奈川県横浜市中区新港2-3-4 カップヌードルミュージアム
アクセス:桜木町から徒歩15分みなとみらいから10分くらい 馬車道駅から629m
営業時間:10:00〜18:00 日曜営業