個性的な街・秋葉原。どこで時間を潰す?

秋葉原に遊びにやってきました♡

東京の主要な観光スポット、新宿や渋谷、池袋とはまた違った雰囲気を放っている街ですが、
1~2時間、どこかで時間を潰すとなったらどこに行きますか?

今回は時間つぶしにぴったりな、お洒落カフェを6店舗ご紹介しちゃいます!

1. カフェ アサン

絶品スフレパンケーキを食べながらハンモックでゆ~らゆら。

秋葉原のカフェと言えば、「カフェ アサン」が有名!

秋葉原の駅からは少し離れており、どちらかと言えば末広町駅寄りにあり、
クリエイターさんが集まりお店を出店している高架下「2k540」というスペースの中に入っています。

店内に入ると、ハンモックがぶらさがっていて、その上にお客さんが座っているというなんともユニークな光景が広がっています。

また、Wi-Fi完備、漫画や雑誌なども置いてあるので、1人でもゆっくり出来ますよ。

ただし人気のカフェで予約不可なので、土日祝に行くときは時間に余裕を持っていきましょう。

食事系のメニューは、パスタ・丼もの・カレーの3種類。

料理には野菜や肉がゴロゴロ入っており、味付けもしっかりしていて満足できる1品となっています。

ランチタイムに行くと、ドリンクバーとサラダバーが付いていきますよ。

そしてなんといってもカフェ アサンの名物と言えば、こちらの「スフレパンケーキ」

注文後、出てくるまでに30分ほどかかりますが、ふわっふわのパンケーキはほっぺが落ちてしまうほどの美味しさ。
横に添えてある生クリームも程よい甘さでぺろっと完食できちゃいます。

カフェ アサン
場所:東京都台東区上野5-9-9 2K540内
アクセス:末広町駅から234m
営業時間:11:30〜19:00 (L.O18:30 スフレホットケーキは18:00) ランチ営業、日曜営業

2. IRONCAFe(アイアンカフェ)

見渡す限り「鉄」の空間。鉄分コーヒーでエネルギーチャージ

同じく2k540スペースに入っている、「IRONCAFe(アイアンカフェ)」
名前の通り、職人の手で本格的に作られた鉄のアクセサリーや小物が置いてあり、鋳造体験が出来るワークショップも開催されています。

早速中に入ってみると…?

シックな雰囲気の店内には枝豆やブロッコリーなど野菜をモチーフにした置物が。
ほかにも、豆粒サイズのハサミやコーヒーグラスなど、日常使いできるものが置いてあって、雑貨好きさんはテンションが上がります!

とても精密に作られているので、よーく目を凝らしてみてみましょう。

そしてなんと5種類のブレンドコーヒーやジュースも「鉄」を感じられる要素があるように作られているんです!

中でも驚いたのが、「鉄分アップルジュース」
鉄のストローを通して飲んでみると、本当にわずかながら甘いアップルジュースの中に鉄の味が混ざっていました。
日常では滅多に飲むことがないので、特別感がありますね。

Wi-Fi完備席によって電源がフリーで使えるのでゆっくりしていきましょう。

IRONCAFe(アイアンカフェ)
場所:〒110-0005 東京都台東区上野5−9−20 2k540 M-4
アクセス:末広町駅から211m
営業時間:11:00~19:00

3. Andart(アンダート)海と宇宙と鉱物とカフェ

深海に迷い込んだのように不思議な世界観が広がるカフェ

秋葉原駅を出て徒歩7分ほど、上野方面に歩いていくと、隠れ家的な場所を発見。
「Andart(アンダート)海と宇宙と鉱物とカフェ」という不思議な名前のお店。

お店の中には、”ちいさな宝箱”をイメージした、鉱物を使った作品の販売や展示を行っているスペースと、まるでの中にいるかのようなカフェが併設されています。

青を基調とした、メルヘンな空間。
本当に深海を旅しているかのような気分になれますね。
カフェは人気なので予約していったほうが良いでしょう。

ドリンクは「宙色(ソライロ)のソーダ水」がおすすめです。

星をイメージしたコースターやフルーツ…細かなデザインに、乙女心がときめきます♡

先程のソーダ水はセットに出来ます。
ワッフルセットかトーストセットの2種類で、価格は1,296円
写真はトーストセットです。

ふわふわな食パンの上に、半熟卵が乗っていて、お腹を満たすにはぴったり。
静かな空間で、非日常感を味わえる女子会・デートを堪能しましょう。

Andart 海と宇宙と鉱物とカフェ
場所:東京都台東区台東2-23-5 星丸ビル 102
アクセス:仲御徒町駅から449m
営業時間:[平日] 17:00~22:00 [土・日・祝] 12:00~21:00 日曜営業