つ、つ、ついにタピオカブームが新小岩にも進出⁉

新小岩駅

JR総武線が通る新小岩
一般的には下町のイメージが強いとされていますが、これといって印象的なお店がなく、あまり下車しないという人が多い様子…。

だが、ついにここにもタピオカブームがやってきた!

東季 17

最近はタピオカ屋が1店舗、2店舗と増え、ついに新小岩にも大人気のタピオカブームがやってきた様子。

まだまだ知られていないおかげで、新宿や渋谷と比べて、並ばずに買える!というメリットと、
他にはないユニークなタピオカが飲めるから「それどこ?」って聞かれちゃう!…まさに人気者になれちゃう(⁉)メリットがありますよ。

地元民の人もそうでない人も、ユニークなタピオカを求めに新小岩へレッツゴー!

1. EMPA(エンパ)

2019年3月にオープンしたばかりの手ごろなお店

EMPA(エンパ)

最初にご紹介するのは、異国情緒溢れる雰囲気を放っている「EMPA(エンパ)」

入口から突っ込みどころ満載です。

見た目はタピオカ屋という感じがしませんが、意を決して中に入ってみましょう。

EMPA(エンパ)

店内もハッピー!ポップな空間です。

ウッド調の空間が心地よくて、長居してしまいそう。
最近はタピオカ屋の店内がフォトスポットとしても機能しているので、インスタ映えを狙っている人は嬉しいのではないでしょうか!

EMPA(エンパ)

味は、定番の「ミルクティー」から、「ソイミルク」「クリームチーズティー」「フルーツティー」まで。

別途料金を払えばホイップクリーム・チーズクリーム・タピオカの増量が出来ます。

このお店の嬉しいポイントは、M・L・Eの3種類からタピオカのサイズを選べるのですが、Eサイズにしてもワインコインのドリンクがあるということ!

もちろん味も茶葉の香りがしっかりとしていて美味しいですが、コスパも最強のお店です。

EMPA(エンパ)
場所:東京都葛飾区西新小岩1-8
アクセス:新小岩駅北口から徒歩1分
営業時間:11:30~17:00

2. 宅舎の茶

ネオンサインが可愛いフォトジェニックなタピオカ

宅舎の茶

ギラギラのネオンサインで勝負するお店は、「宅舎の茶」
こちらも外観は普通のビルでタピオカ屋があることに気づきにくいのですが、ちゃんと2階には写真映えするお店が待っています。

宅舎の茶

女の子の絵が描いてあるドリンクカップがカワイイ♡
サイズは、Mサイズ・Lサイズの2種類から選べます。

メニューは、「阿里山ミルクティー」や、「オレオシェイク」「ストロベリースムージー」など。
ミルクティーの味はさっぱりしていて、甘いのがあまり得意ではない人にもおすすめ。

タピオカの粒はとってもモチモチしていて、飲みごたえがありますよ。

宅舎の茶
場所:東京都葛飾区新小岩1-49-3 2F
アクセス:新小岩駅南口から徒歩3分
営業時間:11:00~23:00

3. 烏煎道

王道×トレンド両方を求めるならここ!

 烏煎道(うせんどう)

「烏煎道」は、中国にお店を構える人気店です。

店内はカジュアルで、初めての人でも入りやすい雰囲気。

メニュードリンクは、オリジナルミルクティーベース、花&フルーツ茶ベース、レモンCベース、岩塩ケーキベース、ソーダベース、岩塩クリームベースの6種類のベースに分かれ、そこからさらに数十種類の味に分かれます。

とってもバリエーションが豊富で、何度通っても飽きません。

 烏煎道(うせんどう)

おすすめなのが、中国でも人気の「ケーキベース」
ドリンクの中には塩気がクセになるクリームが入っていて、下にはモチモチのタピオカがたっぷり。

M・LサイズのW2種類から選べますが、Lサイズにするとなんと750mlと大容量!
タピオカ片手にぷらっと散歩したい、なんて人にはおすすめです。

烏煎道(うせんどう)
場所:東京都葛飾区新小岩1-50-12 芹川ビル 2F
アクセス:新小岩駅南口から徒歩4分 京成タウンバス 新小51 新小岩駅から徒歩3分
営業時間:11:00~22:00