今年はどこに桜を見にいく?

3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎える桜。
今年はどこにお花見に行きますか?
都内には桜の名所がたくさんあり、どこに行こうか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、人気度が高かった順番にお花見デートにおすすめのスポットをご紹介します。

中には、桜のライトアップが行われ、仕事帰りでも夜桜鑑賞ができるところがあるので、そちらも注目してみてください。

美味しいランチを事前にチェック!

【エリア別】東京ランチの決定版!人気のおすすめグルメ31選
日本の首都・東京には、おいしいグルメのお店がいっぱい!「今日どこでランチにしようかな?」とお悩みのあなたのため、都内のおすすめランチ店を31店選び、エリア別にまとめました。これを読めば東京のランチ通!?お昼の参考にしてくださいね。

1. 目黒川

最初にご紹介するのは、言わずと知れた桜の名所、目黒川

目黒川沿いを約4キロにわたり、約800本のソメイヨシノが咲き乱れます。
この近くは代官山や恵比寿も近いので、お散歩がてら気軽に立ち寄れますね。

お花見の時期になると、桜まつりも同時に開催。
夜になるとピンク色に光るぼんぼりが目印です。

桜まつりでは露店が立ち並び、軽食やシャンパンも販売されているので、ご飯も食べられちゃいますね!

目黒川(桜並木)
場所:東京都目黒区中目黒2丁目付近(目黒川沿道)
アクセス:中目黒駅[正面出口]から徒歩約4分

周辺スポットはここがおすすめ!

西郷山公園

西郷山公園

もし、混雑する前に目黒周辺でお花見をしたいなら…
代官山駅方面へ散歩していくと見えてくる、西郷山公園へ行ってみるのはいかが?

ここに咲いているのは、2月中旬から3月上旬頃に見頃を迎える河津桜

河津桜は公園の丘の上に咲いているので、見晴らしも最高です。
夜は、幻想的な雰囲気に変わります。

西郷山公園
場所:東京都目黒区青葉台2-10-28
アクセス:代官山駅[正面口]から徒歩約10分

2. 千鳥ヶ淵

お次にご紹介するのは、千鳥ヶ淵
この近くには皇居があり、その周辺には約170本のソメイヨシノヤマザクラが綺麗に咲いています。

飯田橋駅・九段下駅・神保町駅・市ヶ谷駅からアクセスできるので、仕事帰りでも立ち寄りやすいですね。

夜になると、池に浮かんだボートと、夜桜のコラボ写真が撮れます。
そして東京タワーも見えるかも…?

この周りはオフィスビルに囲まれていることもあり、ちょっぴり静か。
大人のお花見デートが出来そうです。

千鳥ケ淵緑道
場所:東京都千代田区九段南2丁目から3番町先
アクセス:半蔵門駅[3]から徒歩約6分

周辺スポットはここがおすすめ!

靖国神社

近くには靖国神社があるので、ついでにお参りしていきましょう。
ここにも約500本の桜が咲いていますよ。

「千代田のさくらまつり」が開催されているので、お祭り気分を味わいに行くのもいいかも。

靖国神社
場所:東京都千代田区九段北3-1-1
アクセス:交通 JR 飯田橋駅 西口 市ヶ谷駅 より徒歩10分地下鉄 東西線・半蔵門線・都営新宿線 九段駅(出口1) より徒歩5分 有楽町線・南北線・都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口) より徒歩10分バス 九段下〜高田の馬場系統 九段上停留所 より徒歩1分 市ケ谷駅から540m
営業時間:9:00〜16:30 日曜営業

3. 六義園

他の桜の名所に比べて、少しだけ早く桜が咲く場所と言えば、六義園

駒込駅近くにある大名庭園で、日本の古き良き歴史を感じることが出来ます。

六義園に咲くのは、シダレザクラ。見頃は例年3月中旬~4月上旬まで。
まるでピンク色の滝のように垂れ下がる桜は、とっても幻想的です。

桜の時期は21:00まで営業しているので、ゆっくりとお花見ができそうですね。

桜鑑賞の休憩場所は、六義園内にある吹上茶屋がおすすめ。

茶屋からは桜はもちろん、広々とした池が見えるので心が安らぎそう。

六義園
場所:東京都文京区本駒込6-16-3
アクセス:駒込駅[2]から徒歩約6分 都営バス [茶51] 秋葉原駅前行で上富士前まで約1分。そこから徒歩2分
営業時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時30分まで)