海外に行くお金などない。

ヴィーナスフォート

もうすぐGWですね!
今年はどこかに旅行に行きますか?
海外旅行費が安いエリアとしては、比較的「台湾」や「韓国」が候補に挙げられると思いますが、世間の休日だといっきに旅行費が跳ね上がったりして…
結局今年はどこにも行けない!(泣)ということになってしまった人、いませんか?

でも、せっかくのお休みだし異国情緒な雰囲気を味わいたい!という人のために、
今回は「海外」チックな雰囲気の街を6選ご紹介します!

1. 横浜中華街

いきなり定番…⁉と思った皆さん。
日本にある3大中華街の特徴をご存知ですか?

どこも同じように見えて、実はそれぞれの街に特徴があるんです。

食べ歩き・飲食店に入るのどっちがおすすめかも含めて復習しておきましょう。

横浜中華街

三大中華街のうちの1つに数えられている、横浜中華街
横浜観光の定番スポットのなかで、上位にランクインするほどの、人気の街です。

この街には、600店舗以上のお店があり、中華食品や横浜のお菓子、パンダグッズなどのお土産を販売するお店、占いやマッサージ、アートリックミュージアムなどが楽しめる施設が存在します。

GWはまさにめちゃ混み!かもしれませんが、お店の数も結構あるので、比較的回転率も良いです。

龍興飯店

食べ歩きにするか、お店に入って食べるかはその日の気分によって決めましょう。
お店は、1品1,000円台のグルメを販売するお店から、5,000円以上の高級品を販売するお店まで、幅広いです。

お店で食べる場合、「龍海飯店」や「萬源酒家」など、90分2,000円~3,000円ぐらいで、食べ放題が出来るお店もいくつかあるので、行く前にチェックしておきましょう!

横浜中華街

一方食べ歩きの場合、小籠包や肉まんなど、行列が出来ているお店は一目瞭然!

なかでもオススメなのは、「王府井(ワンフーチン)」というお店。
多数メディアでも紹介されたお店で、休日は特にずらりと行列を作っていますが、10分ほどで買えます。
具は豚肉・海鮮、タイプは、焼き・蒸しの各2種類ずつから選べます。
あつあつの小籠包、最高ですよ!

横浜中華街

中華街を散歩していると、こんなに可愛い猫ちゃんに出逢えることも♪
食べ歩きにマッサージに…動物の癒しもあって、半日遊べる街ですよ。

横浜中華街
場所:神奈川県横浜市中区山下町
アクセス:元町・中華街駅[1]から徒歩約3分

2. 南京町

南京町

三大中華街のうちの2つ目は、神戸元町にある南京町
関西人が中華を食べに行くと言えば、御用達の街です。
店舗数は100店舗以上と、横浜中華街に比べると少ないですが、気軽に立ち寄れ、食べ歩きが楽しめます。

南京町

1個100円~のゴマ団子や唐揚げ串などが屋台で販売されており、まるで台北の夜市(ナイトマーケット)のような雰囲気をそのまま味わうことができます。

高級と言われている北京ダックだって450円なので、お財布に優しい…!

なんたって安いので、食べ歩きが大好きな人にはもってこい!

南京町

疲れたら、この町のシンボルである「あづまや」や、触れると幸せが訪れるといわれる石造の小財天がある南京町広場でお休みしましょう。
春には「春節祭」、冬には神戸ルミナリエのイルミネーションと同じくらい人気を誇る「ランターンフェア」が開催されたりする広場です。

南京町
場所:兵庫県神戸市中央区元町通1丁目3
アクセス:元町(兵庫県)駅[JR口2]から徒歩約2分

3. 長崎新地中華街

長崎新地中華街

三大中華街の最後は、長崎新地中華街
店数は、中華料理店や中国菓子、中国雑貨などを合わせて約40店舗。

こじんまりとしていますが、約1万5,000個もの中国提灯(ランタン)が中華街を中心に街を埋め尽くす、「長崎ランタンフェスティバル」の聖地としても有名です。

長崎新地中華街

夜はこんなに幻想的な雰囲気に♪
まるで、台湾の人気観光スポット「九份(きゅうふん)」と似たような雰囲気があると思いませんか?

先程ご紹介した、ランタンフェスティバルは中華街と隣接している湊公園で行われます。

長崎新地中華街

さて、この街のグルメといえば…?
もちろん中華ということで肉まんや小籠包も人気ですが、長崎といえばやっぱり「ちゃんぽん」!

「江山楼(コウザンロウ)」というお店では、フカヒレや肉団子が入った、ちょっと高級で本格的なちゃんぽんを食べることができるので、ぜひ行ってみてくださいね。

長崎新地中華街
場所:長崎県長崎市新地町
アクセス:築町駅[出口]から徒歩約2分