いつもとは違う、京都の楽しみ方を伝授します!

東映太秦映画村

京都観光といえば神社やお寺などの観光名所巡りが一般的ですが、それ以外にも京都の楽しみ方があるんです。

「京都で子どもがいるのに遊ぶ場所がなかなかない!」と思っている 子どもがいる家族でお出かけをする方や、「神社やお寺などの観光名所は巡りつくした!」という方におすすめの、京都の遊べるスポットをご紹介します♪

1. 嘉祥窯陶芸教室

30分ほどで気軽に陶芸体験!

嘉祥窯陶芸教室

お次は陶芸体験です!

産寧坂と二寧坂が合流するところにある嘉祥窯。
30分ほどの短時間で本格的な陶芸体験ができる施設です。

嘉祥窯陶芸教室

丁寧にお店の方が教えてくれて、初心者でも安心して陶芸を楽しめます。

作ったものは焼いて色付けをして郵送してくれるので、手ぶらで帰れるのも嬉しいです。

嘉祥窯陶芸教室
場所:京都府京都市東山区清水3-343
アクセス:祇園四条駅[1]から徒歩約15分

2. 東映太秦映画村

江戸時代にタイムスリップ♪

東映太秦映画村

京都に来たからには一回は行ってみた場所、太秦映画村。
こちらでは子どもから大人まで楽しめます。

セットは本格的で、本当に江戸時代の街にタイムスリップしたような気分を味わえます!

東映太秦映画村

セットが本格的なだけでなく、舞妓さんも実際に歩いているんですよ!

一緒に記念写真を撮ってもらいましょう♪

チャンバラシーンや撮影風景を見ながら楽しめますよ。

東映太秦映画村
場所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
アクセス:太秦広隆寺駅[出口]から徒歩約5分
営業時間:3月〜7月・9月の平日と10月・11月/9:00〜17:00、3月〜7月・9月の土日祝と8月/9:00〜18:00、12月〜2月の平日/9:30〜16:30、12月〜2月の土日祝/9:30〜17:00 ※入村はいずれも終了60分前まで、ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始は時間延長あり

3. 京都万華鏡ミュージアム

万華鏡の美しさを堪能しよう。

京都万華鏡ミュージアム

地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分。
入館料は300円です。

館内は撮影禁止ですが、20種類以上の万華鏡が展示されおり、見応えたっぷりです。

京都万華鏡ミュージアム

なんとここでは展示を見るだけではなく、万華鏡の手作り体験ができるんです。

予約なしでも作れます!

京都万華鏡ミュージアム

種類はドライタイプとオイルタイプの2つから選べます。

筒と鏡シート、ビースなどを組み合わせ、万華鏡を作ります。
世界に1つだけの、自分だけの万華鏡です♪

屋内なので、雨でも安心して楽しめます。

京都万華鏡ミュージアム
場所:京都市中京区姉小路通東洞院東入曇華院前町706-3
アクセス:烏丸御池駅(出口3-1,3-2)より御池通を東、東洞院通を南、姉小路通を東へ  徒歩約3分
営業時間:10:00〜18:00(最終入館 17:30)

4. フクロウの森

もふもふなフクロウと触れ合おう♡

京都のフクロウの森

京都最大の繁華街である四条河原町からすぐの新京極通商店街。
そこにどうやらがあるという噂が…!

階段を上ると、そこには本当に森が広がっていました。

京都のフクロウの森

このお店はフクロウ達とのふれあいを楽しめます。
店員さんが撫で方を教えてくれるので安心です!

性格はみんな温厚でとても大人しいです。

京都のフクロウの森

13羽のフクロウがおり、時間によって5〜7種類のフクロウとふれあいができます。

大きいフクロウを撫でるのには少し勇気が要ります。
でもふわふわでとても可愛いですよ!

京都のフクロウの森
場所:京都府京都市中京区新京極通四条上る中之町554
アクセス:河原町(京都府)駅[9(阪急)]から徒歩約1分
営業時間:11:30~19:30

5. 舞妓体験

一生モノの思い出を。

祇園新橋

京都を歩いているとよく見かけるのが、美しい舞妓さん。

実は、一般人でも憧れの舞妓体験ができるのをご存知でした?

ゆめみる夢

ゆめみる夢では、1万円程で舞妓の体験が可能です。

赤で目元にラインを引き、唇に紅を差すとぐっと色気が出てきて、大人になったいつもとは違った自分を味わえます!

ゆめみる夢

舞妓さんの恰好をして京都の街へお出かけするなんて、一生の思い出になりますよね。

女性なら一緒に一度は経験してみたい体験です♪

ゆめみる夢
場所:京都府京都市東山区大和大路通四条下ル東入小松町555-17-4
アクセス:(1)京都市バス『祇園』下車 徒歩5分 (2)京都市バス『四条河原町』下車 徒歩10分 (3)京阪電車『祇園四条』下車 徒歩3分 (4)阪急電鉄『河原町』下車 徒歩5分
営業時間:営業時間:9:00~17:30入店

6. 壹銭洋食

マネキンと相席…!?

壹銭洋食

食事にも遊び心を忘れずに。
祇園四条駅からすぐ近く、大和大路通沿いにあるお店です。

壹銭洋食

ライトアップがされている大きな看板があるためすぐわかるかと思います。

店頭の人形が怪しいですが勇気を振り絞って入りましょう。

壹銭洋食

このお店なんとマネキンと相席の新感覚なお食事屋さんなんです!

なんとも斬新なお店ですが、旅の思い出になること間違いなしです。

壹銭洋食
場所:京都府京都市東山区祇園四条通縄手上ル祇園町北側238
アクセス:・京阪本線「祇園四条」駅(7番出口)より、徒歩1分・阪急京都本線「河原町」駅(1A出口)より、徒歩3分 祇園四条駅から127m
営業時間:【月〜土】 11:00〜翌3:00 【日・祝】 10:30〜22:00 ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業

7. FLYING TIGER 京都BAL ANNEX(フライングタイガー)

雑貨さんのゲームバー!

 FLYING TIGER 京都BAL ANNEX

デンマーク発の雑貨屋さん、FLYING TIGER 京都河原町店です。

雑貨屋さんで遊べるの?と思っているあなた。
3階に驚きが待っていますよ!

 FLYING TIGER 京都BAL ANNEX

なんとお客さんが卓球しています。
他のお客さんもいろんなボードゲームを楽しんでいます!

 FLYING TIGER 京都BAL ANNEX

ここは色々なゲームを自由に遊ぶことができるゲームバーなんです。

しかもゲームは無料で楽しめるんです!
一杯のドリンク代で全部のゲームが楽しめますよ。
もし時間を潰したいときなどには最適な場所です。

FLYING TIGER 京都BAL ANNEX
場所:京都府京都市中京区河原町通三条下る大国町59 KYOTO BAL ANNEX 1F,2F
アクセス:阪急河原町駅から徒歩7分
営業時間:11:00~20:00

8. 梅小路公園

電車のある公園!

梅小路公園

京都駅から徒歩13分ほどのところにある、梅小路公園。
公園って無料で遊べるからいいですよね。

大型遊具も数多くあり、小さい子どもでも安心して遊べます。

梅小路公園

また、公園内には京都市電がたくさんあるんです。
車内にも入れるので、電車好きにはたまらないですね♪

梅小路公園

電車の中はこのような感じになっているところもあり、まったりできる空間になっています。
公園でたくさん遊んで、ここで休憩もいいですね。

梅小路公園
場所:京都府京都市下京区勧喜寺町56-3
アクセス:京都駅[ポルタC10]から徒歩約13分
営業時間:「緑の館」「朱雀の庭・いのちの森」/9:00〜17:00(入場は16:30まで)

9. 京都水族館

定番の幻想的な水族館。

京都水族館

梅小路公園のすぐ向かいにある、京都水族館。
定番ですが、子どもから大人まで間違いなく楽しめるスポットです。

水族館はもちろん屋内なので雨の日でも安心できますよ!

京都水族館

こちらが京都水族館のメインの大水槽です。
目の前いっぱいに広がる青い世界は幻想的でとっても美しく、見入ってしまいます。
大水槽の前にはベンチがあるので、座りながら見られますよ。

幻想的な雰囲気なので、デートにもおすすめです!

京都水族館
場所:京都府京都市下京区観喜寺町35-1
アクセス:京都駅[ポルタC10]から徒歩約12分 京都駅・七条京阪前・四条大宮・桂駅から市バスあり。
営業時間:10:00〜18:00(入館は閉館1時間前まで) ※季節により変動あり

10. 京都鉄道博物館

鉄道好き必見!親子にもおすすめ。

京都鉄道博物館

こちらもまた梅小路公園の近くにある、京都鉄道博物館。
料金は、一般 1,200円、大学生・高校生 1,000円、中学生・小学生 500円、幼児(3歳以上)200円です。

鉄道好きには間違いなくおすすめです。
子どもも鉄道が好きな子が多いと思うので子連れの方もおすすめです!

京都鉄道博物館

この建物は3階建てで、鉄道車両の展示のほか、さまざまな施設やアトラクションがあります。

さまざまな種類の鉄道を間近で見られるので、迫力満点です。

京都鉄道博物館

鉄道ジオラマも楽しめます。定期的にショーも行なわれるので、時間に合わせて訪れましょう。
また、生活と鉄道をテーマにした展示や、関西の私鉄の紹介エリア、貨物を紹介する場所もありました。
日によって、鉄道のさまざま仕事ができる、お仕事体験も実施しているんですよ。

京都鉄道博物館
場所:京都府京都市下京区観喜寺町
アクセス:丹波口駅[出口]から徒歩約14分
営業時間:10:00〜17:30(入館は17:00まで)

京都を遊びつくそう。

東映太秦映画村

今回は、京都の遊びというテーマであえて定番の神社巡りなどを避けて、主に体験などをメインに取り上げてみました。

いままで知らなかった京都の遊びかたを発見できたでしょうか。

ぜひ京都で遊びつくしてみてくださいね。

でもやっぱり定番の京都も知りたい!