古本の街・神保町のランチ

小宮山書店

古本屋さんが多く並ぶ街・神保町。「渋い」と言ったイメージを持つ人が多いかもしれませんが、ここ数年、そのレトロさから若者にも人気のエリアです。

そんな街のおすすめランチができるお店を10店舗ご紹介します。神保町散策や、古本巡りなどをしていて、お腹が減ったら、こんなお店に足を運んでみては?

1. さぼうる 2

神保町の人気カフェの2店舗目

さぼうる 2

神保町の人気カフェ・喫茶店といえば、真っ先にこのお店「さぼうる」の名前をあげる人が多いのではないでしょうか?

さぼうる2は、さぼうるとは違い、食事系のメニューをメインに扱うお店。

さぼうる 2

レトロなお店で食べられるのは、喫茶店の定番メニュー。

しかし、ただの定番メニューではなく、かなりの山盛りサイズで出てくるのがこのお店の特徴。男性でもお腹いっぱい間違いなしのボリュームです。

それでも700円程度でランチを楽しめるリーズナブルさ。神保町でお腹いっぱいになりたいならこのお店へ!ただ、行列ができることもあるのでご注意を。

さぼうる 2
場所:東京都千代田区神田神保町1-11
アクセス:都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線【神保町駅】徒歩1分 ※地下通路A7出口近く 神保町駅から31m
営業時間:[月〜土] 9:00〜22:00 (ランチ・11:00〜14:00) 朝食営業、ランチ営業

2. スープカレー屋 鴻 (オオドリー)

カレー激戦区のスープカレー屋

スープカレー屋 鴻 (オオドリー) 神田駿河台店

神保町といえば、古本屋さんが有名ですが、カレー屋さんの激戦区でもあります。

神保町駅から徒歩5分のこちらのお店は、そんなカレー店が立ち並ぶ神保町の中でも、珍しいスープカレーのお店。レトロな雰囲気が神保町らしい雰囲気です。

お店の雰囲気がおしゃれということもあり、女性のお客さんが多め。

スープカレー屋 鴻 (オオドリー) 神田駿河台店

辛さを選べ、ノーマルな辛さの2レベルでも少し口の周りがヒリヒリするほどです。

ご飯のおかわりは自由!

ザ・スープカレーというようなトロみのない、サラサラのスープカレーでライスでもおいしいですが、パンとの相性も抜群。

スープカレー屋 鴻 (オオドリー) 神田駿河台店
場所:東京都千代田区神田小川町3-10-18
アクセス:JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口 徒歩7分/都営地下鉄神保町駅A5出口 徒歩5分/地下鉄新御茶ノ水駅 徒歩7分神保町駅から302m
営業時間:[月〜金]11:00〜15:30(L.O.15:00)17:00〜22:30(L.O.22:00)[日・祝]11:00〜21:30(L.O.21:00)ランチ営業、日曜営業

3. ボンディ

神保町のカレーの名店!

ボンディ 神保町本店

続いても、ランチにおすすめなカレー屋さんをご紹介します。ボンディは「一度食べたら忘れられない味」と言われるほどの評判。

何種類もの野菜や、フルーツをすりおろして作られたカレーは奥深い味わい。

ボンディ 神保町本店

付け合わせで1人2つじゃがいもが運ばれてきます。

カレーライスにじゃがいもとは、ちょっとボリューミーすぎない?と思われるかもしれませんが、パクパクと食べられ、気がついたら完食してしまっているおいしさ!

ボンディ 神保町本店
場所:東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター 2F
アクセス:地下鉄 都営三田線・新宿線半蔵門線神保町駅 徒歩1分 神保町駅から75m
営業時間:11:00〜22:30(LO.22:00) ランチ営業、日曜営業

4. キッチン南海

1度は食べたい、名物カツカレー

キッチン南海 神保町店

キッチン南海は東京を中心に店舗展開をしている、洋食店。その本店がこちらの神保町店です。

とても人気のお店で、常にお店の前には行列ができているほど。閉店時間も早いため、混雑はしますがランチタイムに足を運ぶことをおすすめします。

キッチン南海 神保町店

名物はこちらのカツカレー。「東京でカツカレーといえば南海!」と言われるほどの1皿です。

スパイシーなカレーなので、ご飯とカツと一緒に食べると◎

ゆっくりとランチを楽しむ…というようなお店ではないですが、サクッと、神保町ならではのものを食べたいならこちらのお店へどうぞ。

キッチン南海 神保町店
場所:東京都千代田区神田神保町1-5
アクセス:都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線【神保町駅】徒歩2分 (地下通路A7出口より徒歩1分)A7口を出て、左に進む。最初の角を左に曲がり、直進してすぐ左手にお店があります。 神保町駅から68m
営業時間:[月〜土] 11:15〜16:00 17:00〜20:00 ランチ営業

5. 炒飯屋 一

パラパラのチャーハンを運ぶ手が止まらない!

炒飯屋 一

平日のランチどき、9割の席が埋まってしまうこちらの人気のお店は、チャーハンがメインです。

680〜880円の間でチャーハンを食べられます。プラス300円でラーメンや水餃子、春巻きをセットにもできますよ。

炒飯屋 一

パラパラのチャーハンは、値段以上のクオリティ!
とてもリーズナブルにおいしいランチを楽しめるお店です。そのため、神保町周辺で働くサラリーマンにも人気のお店のよう。

チャーハンのメニューはとても豊富!
お気に入りのメニューを見つけてみてください。

炒飯屋 一
場所:東京都千代田区神田神保町2-2 亀山ビル 1F
アクセス:地下鉄神保町駅A4出口から 徒歩1分 神保町駅から108m
営業時間:11:00〜23:00 ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

6. みかさ

モチモチの自家製やきそばを

みかさ

神保町駅から徒歩2分の場所にある、みかさ。

モチモチの麺にヤミツキになる人も多い、焼きそばの専門店です。平日でもランチタイムには30分ほどの待ち時間ができるほどの人気ぶり。

14:00頃訪れると、待ち時間なしで入店できそうです。

みかさ

大きく、ソース味と塩味の2種類の焼きそばがあり、マヨネーズ、かやくは自分の好みで量を調節できます。

海外からのお客さんも多いというこちらのお店。ぜひ一度、長年多くの人から愛される味を、楽しみに行ってみては?

みかさ
場所:東京都千代田区神田神保町2-24-3
アクセス:都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅A4出口:徒歩3分JR水道橋駅東口:徒歩6分 神保町駅から249m
営業時間:11:00〜17:00(売切次第終了) ランチ営業

7. アボカフェ

アボカド料理専門店でヘルシーランチ

アボカフェ

アボカフェは、アボカドを使った料理の専門店。

おしゃれな店内で女性1人でも入りやすい雰囲気です。デートにもおすすめ。

アボカフェ

ランチメニューは1,000円前後で楽しめ、アボカド焼きビーフシチューや、アボカドのキッシュなどの変わり種メニューも。

ヘルシーで、健康的なランチを食べたい時は、栄養価満点のアボカドを使った料理を食べに行きましょう。

アボカフェ
場所:東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F
アクセス:神保町駅よりA5出口を左折。靖国通り沿いを小川町方面へベーグルベーグルを超えそのまま直進すると金券ショップとスタバが左にみえますので、その間の小道を左折人生劇場(パチンコ屋)の向かいのビル(1階に天雷軒が入ってます)の3階です。 神保町駅から184m
営業時間:[月〜金] 11:30〜15:00(L.O.14:45) 18:00〜22:30(LO:22:00) [土・日・祝日] 12:00〜15:00(L.O.14:45) 15:00〜22:00(LO:21:30) ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

8. 豚大学 神保町校舎

ご飯が進む甘辛い豚肉の丼!

豚大学 神保町校舎

豚大学は、豚丼をメインに扱うお店。
小サイズ500円中サイズ650円というリーズナブルさから、学生にも人気のお店です。

豚大学 神保町校舎

お茶漬けセットもおすすめ。だし汁を入れお茶漬けにしても楽しめ、1つの丼で2回楽しめます。

甘辛い豚肉で、とてもご飯が進みます。七味をかけてみてもまた違う味わいに。あたなもぜひ一度、豚大学に入学(入店)してみて!

豚大学 神保町校舎
場所:東京都千代田区神田神保町1-8 FUJIビル 3F
アクセス:神保町A5出口を出て左方向へ歩いて徒歩2分。左手にある。 神保町駅から100m
営業時間:【月〜金】 11:30〜16:00 17:30〜22:30 【土】 11:00〜15:00 毎月第一土曜は休み ランチ営業

8. 勝ちゃん

リーズナブルすぎる牛カツのお店

勝ちゃん

先ほどご紹介した豚大学のあるビルの2階にお店を構える、牛カツのお店、勝ちゃん。

牛カツ1枚700円というリーズナブルさ!この値段で牛カツを食べられるお店は、東京中を探してもなかなか見つからないのでは?

2枚でも1,000円、3枚でも1,320円です。お腹いっぱい食べたい時は2〜3枚注文してみるといいでしょう。

勝ちゃん

サクッとあげられた牛カツは、付け合わせのソースをつけても、そのままでもおいしい!

ご飯のおかわり・大盛りは無料。牛カツをお供に、白ご飯を頬張りましょう。

勝ちゃん
場所:東京都千代田区神田神保町1-8 FUJIビル 1F
アクセス:東京メトロ神保町駅から徒歩1分 神保町駅から91m
営業時間:[月〜金] 11:00〜15:30 17:00〜22:30 [土] 11:00〜15:00 ランチ営業

10. うどん 丸香

本格うどんをリーズナブルに

うどん 丸香

「うどん県」である香川県で修行したご主人が営む、うどんの名店。ミシュラン東京2018“ビブグルマン”にも選出されています。

おすすめは釜玉うどんと、肉うどん。香川の醤油、赤ワイン、自家製和三盆で甘辛く味付けされた牛肉は絶品です。

うどん 丸香

それでもうどんチェーン店より少し高いくらいの値段設定も、魅力的。500円前後から、本格的な味わいを楽しめます。

トッピングの天ぷらも1つ、2〜300円程度。平日のランチ限定のおむすびもぜひ味わってみて欲しい1品。

うどん 丸香
場所:東京都千代田区神田小川町3-16-1 ニュー駿河台ビル 1F
アクセス:・地下鉄各線「神保町」駅(A5出口)より、徒歩4分・JR中央線「御茶ノ水」駅(御茶ノ水橋口)より、徒歩8分 神保町駅から219m
営業時間:[平日] 11:00〜19:30(L.O.) [土] 11:00〜14:30(L.O.) ※うどん玉が無くなり次第閉店 ランチ営業

本を読んでお腹がへったらランチに行こう

小宮山書店

古本の街・神保町のおすすめランチをご紹介してきました。

古本屋さん巡りをしてお腹が減ったら、神保町のおいしいランチでお腹を満たしましょう。