昭和の流行スイーツと言えば…

名曲・珈琲 新宿 らんぶる

ミルクセーキ、プリン・ア・ラ・モード、キャラメルポップコーンなどたくさんのものがあげられますよね。
そのうちの一つに、パフェもかかせません。

昭和のパフェといえば、今の時代とは異なりちょっとしたご褒美として、親しまれていました。
昭和時代を生きた人でもそうでない人でも、その懐かしさにどこか惹かれて、純喫茶に足を運ぶ人が増えてきています。

この機会に純喫茶へタイムスリップして、まるで宝石のような、それでいてどこか懐かしさの漂うパフェを食べに行ってみませんか?

1. ギャラン@上野

50年代の古き良き曲と共に食べるフルーツパフェ

ギャラン

上野にある純喫茶・ギャランは徒歩2分と駅チカ。
外のショーケースには、食品サンプルが立ち並び、既にレトロ感が漂っています。

お店は2階。
年季の入った扉を開けた先には、ちょっぴりゴージャスな空間が広がっています。

ギャラン

レトロさと可愛さを残したクリームソーダを一緒に注文してみました。
こうして3つ並べてみると、昭和に流行したスイーツ3トリオの出来上がり。

ここで食べられるのは、桃、パイナップル、りんご、バナナ、みかんがたっぷり乗った「フルーツパフェ」(1,000円)。

ギャラン

アイスや生クリームメインのパフェとは違い、フルーツがしっかりと乗っているので、甘さ控えめで食べやすいです。

店内には、歌謡曲がかかっているので、コーヒーやクリームソーダ、パフェを食べながら、まったりできそうです。

ギャラン
場所:東京都台東区上野6丁目14-4
アクセス:JR上野駅より歩いて2分駅前おもちゃ屋さんの山城屋ビルのすぐ真裏です。JR線路沿い1階がセブンレブンの2階です。電車も見えますよ。東京メトロ銀座線、日比谷線 上野駅下車 5b出口より徒歩1分 京成上野駅から178m
営業時間:8:00〜23:00 朝食営業、ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

2. 珈琲西武@新宿

甘党に告ぐ!豪快さでいったらNO.1を誇る欲張りパフェ

珈琲西武

珈琲西武は、新宿駅から徒歩3分のところにある純喫茶。
昭和39年創業の純喫茶と言えども、店内は綺麗でオシャレ。そう、ここは「古いが新しい」を追求し続けるお店なんです!

ステンドグラス風の照明が印象的。

珈琲西武

写真右は、「プリン・ア・ラ・モード」(1,100円)。
中央にカラメルソースのかかったプリン、周辺にメロンやバナナ、そして生クリームの詰まったコーンが豪快に2本、刺さっています。

これだけでも十分食べ応えがありそうですが、その更に上をいくのが、「フルーツパフェ」(1,100円)。

珈琲西武

珈琲西武はパフェにも徹底してコーンを刺しているようです(笑)。
インパクト勝負でいったら、現代のパフェともひけをとりません。

生クリームにかかったチョコレートソースと、チェリー、フルーツの相性は抜群です。

珈琲西武
場所:東京都新宿区新宿3-34-9 メトロ会館 2F
アクセス:新宿駅徒歩3分 西武新宿駅徒歩7分 新宿三丁目駅徒歩3分 京王線新宿駅徒歩9分 新宿三丁目駅から175m
営業時間:[月~土] 7:00~23:30 [日・祝] 7:30~23:00

3. セダン@亀戸

亀戸天神のぶらり散歩ついでに寄りたい喫茶店

セダン

亀戸から徒歩8分のところにある「セダン」

店内は木の机に木の椅子、壁にはアートが飾られています。

クラシック音楽が流れていて、本を読んだりお喋りしている人がちらほら。

セダン

料理は800円台、アイスクリームやパフェは500円を切る安さ。
今回ご紹介するのは、「チョコレートサンデー」(480円)です。

これだけ安いと、味が気になるところですね…。

食べてびっくり!
チョコレートアイスがとっても濃厚でした。
傍らには生クリームとサクサクしたシリアルのようなものが乗っており、食感の違いを楽しめます。
ボリューミー過ぎないので、1人で来て残す心配もなく安心です。

セダン
場所:東京都江東区亀戸2-8-11
アクセス:JR亀戸駅徒歩8分 亀戸駅から570m
営業時間:8:00〜20:00 ※8:00〜11:00はモーニングセットサービス(月〜金) ※11:30〜14:00はランチタイムメニュー(月〜金) 朝食営業、ランチ営業