本当に行った 遊びのガイド

【上京した地方民必見!】気後れしないオシャレなあったかカフェ3選

「せっかく東京に遊びに行ったらオシャレなカフェに行きたいなあ!」
地方在住者のそんな思いとはウラハラに都会のカフェの敷居は高い…。
私たち地方民がそう思ってしまう原因は「ちょっとお高めな価格設定」と「どこか無機質な雰囲気」じゃないかと考えました!
そこで地方出身地方在住の私が「2000円以下で楽しめる!温かい空気が漂う!地方在住者でも立ち入りやすいカフェ」をご紹介します!
近くに立ち寄った際は是非参考にしてみては!?

さん
更新日:
閲覧数
2086
お気に入り
0

ハティフナット

ハティフナットハティフナットハティフナットハティフナット
東京都杉並区高円寺北2-18-10

【雑誌の取材でもよく使われるおとぎ話のようなカフェ!】
店の名前の「ハティフナット」はスウェーデン語で「ニョロニョロ」という意味で、看板にもムーミンに出てくるニョロニョロが描かれています。
壁全体に絵が描かれていてまるで子供の秘密基地のようなわくわくした店内。
その雰囲気の良さから雑誌の写真撮影がここで行われることもあるようです!
ごはんメニューも充実していますよ!
玄米きのこたっぷりドリア(¥893)とクリームソーダ(¥630)がオススメ!

ハティフナット 高円寺のおうち (HATTIFNATT)
■お店へのアクセス
JR中央線 高円寺駅北口から徒歩4分
■営業時間
[月~土]12:00~24:00(L.O.23:00)
[日]12:00~21:00(L.O.20:00)
■平均予算
1000~1999円
http://hattifnatt.jp/

Glaciel 表参道店

【北海道の人気洋菓子舗ルタオ(LeTAO)と同じ系列のアイス店!】
表参道が最寄駅でありながら人通りの少ない路地裏にあるお店なのでゆっくりしたい方にオススメです!
LeTAOで大人気のドゥーブルフロマージュに使われているチーズを使ったアイスや季節の果物を使ったジェラートが美味しい「生グラス」(写真のアイスはダブルで各¥594)。
職人の手作りのアイスケーキ「アントルメグラッセ」。
店の外装からは少し無機質な感じが漂うのでこの特集に掲載しようか悩みましたが、
北海道からの旅行ということで店員さんに話しかけてみたら、北海道出身の方が多くてとても温かいおもてなしをしてくださったということで掲載することにしました(笑)
「地方出身者は地方在住者に優しい」という私の持論からいくと、まさに「地方民のミカタ」なカフェです!

グラッシェル 表参道店 (GLACIEL)
■お店へのアクセス
東京メトロ「表参道駅」A1出口より徒歩3分、「明治神宮前駅」A7出口より徒歩5分
■営業時間
11:00~19:00(カフェL.O18:00)
■平均予算
1000~1999円
http://www.glaciel.jp/

オレンジカウンティ 本店

オレンジカウンティ 本店オレンジカウンティ 本店オレンジカウンティ 本店
東京都世田谷区祖師谷3-1-17

【食べログクレープ部門1位の人気店!】
原宿でクレープを食べるには気が引ける、そんな地方在住者の肩身の狭い思いに応えてくれるお店を発見しました!
クレープを食べるために原宿を離れウルトラマンの町「祖師ヶ谷大蔵」へ!
テレビ番組でも特集されるこのカフェのクレープの秘密はなんと言ってもその大きさ!
クレープのクリームは+50円で1メガ、+100円で2メガ、+150円で3メガにすることが可能なんです!
せっかく来たからには3メガ…と注文したところ店員さんにやめたほうがいいと言われてしまいました。
そこで2メガで注文したのですが、確かに2メガで苦しかったので店員さんすごいです(笑)
お店がそんなに大きくないのですぐにお店に入るためにはお昼時とおやつ時を避ける必要がありますが、是非挑戦しに行ってみては!?

オレンジカウンティ 本店 (ORANGE COUNTY)
■お店へのアクセス
小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩1分
■営業時間
11:00~22:00
■平均予算
~999円
https://ja-jp.facebook.com/orangecounty20070217/

このプランのマップ

0
ライター紹介
ソウルドアウト株式会社でオウンドメディア「LISKUL」の編集部。 PLAYLIFEの元副編集長。千葉県在住。24歳。 地方に溢れている地方ならではの魅力を発信します。 世の中に溢れている課題をちょこっと解決する特集を作ります。 野球に関するプランをよく書きます。