リアルな遊びをプロデュース

【マレーシア在住が教える】旅の疲れを癒す!クアラルンプールの24時間営業スパ「Lavish Spa」

エアアジアの羽田便で日本からクアラルンプールに到着すると、KL市内に着くのがだいたい早朝8時ごろ。荷物もあるし、ホテルのチェックインまでどうしよう…暑いし疲れているし眠い…なんてことも多いでしょう。そんなときにぴったりの場所が、クアラルンプール1の繁華街、ブキビンタンにあります。
お手頃価格のサウナやジャグジーで旅の汗を流して、ごはんを食べ、仮眠をとり、これからの旅のパワーを養ってはいかが。
深夜便で帰国する前に、シャワーでざっと汗を流して、マッサージで疲れを癒すという使い方もおすすめですよ!

さん
更新日:
閲覧数
17410
お気に入り
1

Fahrenheit Suites

お目当てのスパは、ブキビンタンの「ファーレンファイト88」というファションビルの中にあります。
道路に面した1階がユニクロなので見つけやすいはず。

Lavish Spa

スパに行くためのエレベーターは、モール用とは分かれていますので注意。
1階にあるこちらの隠れ通路みたいなドアから入って、住民用のエレベーターで5階に上がります。

Lavish Spa

スパの入り口に着きました。全体的に清潔な雰囲気です。観光客むけの待合所?みたいなのがあるのでガヤガヤしています。

Lavish Spa

24時間利用で、女性は78リンギ(約2500円)、男性は98リンギ(約3000円)です。
この時はプロモーション中で、6時間だけの利用なら、68リンギでした。この値段に消費税は含まれません。
また、マッサージをすると入場料が48リンギになるプロモーションもあると説明を受けました。

Lavish Spa

館内着、バスローブ、タオルなどは用意されています。マレーシアではチャイニーズでも裸になることはありません。女性は紙製のブラとパンツがわたされるので、ここでそれらに着替えます。
ロッカーには係りの女性がいて、お客の持っているリストバントとこの女性が持っているカギを合わせてロッカーを開ける仕組み。女性が席を外しているとロッカーが開けられないのでちょっと不便ですが、セキュリティー的には安心です。

Lavish Spa

マッサージの料金表。5年以上の経験があるマッサージ師が40人以上在籍しているとか。
全身マッサージ1時間で3000円程度。街場のマッサージ屋さんよりは少し高く、ホテルよりは安い感じです。

Lavish Spa

フェイシャルもあるようです。このほか、ネイルサロンや美容室もありました。これらは別料金です。

Lavish Spa

飲み物や軽食を食べられるバースペース。飲み物、食べ物は入場料に含まれていて、飲み放題、食べ放題です。

Lavish Spa

レストランです。この日はスランゴール州の王様誕生日で祝日だったせいもあり、地元のチャイニーズ客で大にぎわいでした。
女性客が多いですが、子ども連れやカップルもいます。

Lavish Spa

ランチに揚州炒飯をいただきました。無料のランチなんてしょぼいんでしょ…と思っていましたが、チャーハンだけで5種類以上、このほか麺料理やマレーシア名物のナシレマ、パスタ、フライドポテトや手羽先、ナゲットなどもありました。チャイニーズ客の好きそうなメニューばかりですが、けっこう種類はあります。
料理は出来立てです。飲み物はドリンクバー方式でした。

Lavish Spa

仮眠スペース。こちらは女性優先となっていました。ブランケットとTVモニターがあります。

Lavish Spa

映画もいろいろ上映していました。たぶん中国語の字幕だと思います。6時間コースだと映画1本を見るのは少し厳しいかな。

Lavish Spa

屋外プール。このほか、ジム、サウナ(ドライサウナとスチームサウナ)、ジャグジーがありました。スパゾーンは男女別です。
化粧水や歯ブラシなどのアメニティーもそろっていますので、手ぶらで楽しめます。

このプランのマップ

1
ライター紹介
マレーシア・クアラルンプール在住のライターです。 食べ歩きと旅行が趣味です! 地元&観光客の方に人気のスポットを紹介します!
Line pc bottom
クアラルンプール(マレーシア)のプランを目的で絞る
海外のプランを探す