リアルな遊びをプロデュース

【石川・金沢】「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」でいただく3つの日本茶とスイーツのコース「コンセプトG」

3732
2016/01/23
0
【石川・金沢】「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」でいただく3つの日本茶とスイーツのコース「コンセプトG」
十文字 知花十文字 知花

世界的にも評価の高いパティシエ・辻口シェフが手掛けるスイーツ店「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」。実は、辻口シェフは石川出身でもあります。今回、「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」で、スイーツと日本茶のフルコース「コンセプトG」をいただいてきました。Gは「玉露」のGです。日本の緑茶の中で最高級品と言われている宇治の本玉露を、美味しいスイーツとともにいただけます。

このプランのマップ

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

石川県立美術館内に、「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」はあります。この日は年末ということもあり、入口には大きな門松がありました。

歩いて行ける距離のところに、兼六園や21世紀美術館もあるので、いっしょに行くのも良いと思います。

【定休日】年中無休
【営業時間】10:00~19:00(LO 18:30)
【食べログ】http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17001257/
食べログTOP5000にランクインしていました。
【HP】http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/contents/kanazawaCafe.html

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

コンセプトGを注文すると、モダンな茶室に案内していただけます。茶室といっても、座敷ではないのでご安心を。窓際は一面ガラス張りになっていて、とても開放的!

コンセプトGを注文する場合、席に限りがあるので、あらかじめ電話で予約していただいた方が確実です。1コースは11:00~各回1時間ごと(最終17:00~)。料金は税込2430円。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

ひとつひとつのお茶を、丁寧な説明とともにいただけます。
お口ならしのための季節のお茶、濃い宇治本玉露、薄い(軽い)宇治本玉露、熱出し玉露、ほうじ茶をいただきました。最後のほうじ茶は、自分自身で茶葉を炒ったものです。使用済みの茶葉に醤油をつけていただけたりもしました。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

熱いチョコレートソースをかけると外側のパリパリのチョコレートが溶けるアイス、梨をすりおろしたもの、ライムをかけていただくプディング等がありました。お茶とスイーツを交互にいただきます。季節によって、スイーツも変わってくるそうなので、行くたびに新鮮な気持ちになれそうです。

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA
場所:石川県金沢市出羽町2-1 石川県立美術館内
営業時間:営業時間(年中無休)/10:00〜19:00(ラストオーダー18:30) 日曜営業
金沢駅

辻口シェフのスイーツの味が忘れられない方には、こちらのお土産はいかがでしょうか。金沢駅は構内にお土産を購入できる場所があり、そこで販売されています。

「YUKIZURI(雪吊り)」という名前のお菓子なのですが、「兼六園の雪吊り」をイメージして焼き上げたものだそうです。雪吊りとは、雪から樹木を守るために行われているもので、雪が多く降った日には、真っ白なクリスマスツリーのようになっています(違うか?笑)。
「YUKIZURI」は、JTB第8回日本おみやげアカデミーの菓子部門でも金賞を受賞しているお菓子です。

十文字 知花
イベントコンパニオン、モデル、神奈川出身、今年の3月から新潟在住です。新潟にいるあいだ、新潟のプランをたくさん発信していきます!趣味は、国内旅行とおしゃれなカフェでの女子会です☆
金沢×カフェのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。