日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,947
月間利用者数400万人以上

【え、都内にこんな村が・・・】小平市ふるさと村で体験する田舎暮らし。伝統ある小平糧うどんを食べよう!

4093
2016/07/11
【え、都内にこんな村が・・・】小平市ふるさと村で体験する田舎暮らし。伝統ある小平糧うどんを食べよう!

実は都内にはかやぶき屋根の村があるのです。東京にですよ!信じられない方、もし田舎暮らしを体験したくなったら小平市へ行きましょう。小平ふるさと村は農村の生活が見学できます。都会生活に飽きたらおすすめです。正直鳥取県の山奥と同じような建物が立っています。びっくりでした。都会しか住んだことのない人はものすごく貴重な体験ができます。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
小平駅小平駅

小平駅です。この地図の小平グリーンロードを歩いていきます。駅前は施設の表示がきちんとしていてとてもわかりやすかったです。

小平駅小平駅小平駅小平駅

このように小平駅周辺には様々な彫刻があります。八王子もそうなんですが、多摩地域は彫刻が様々なまちにあります。なんか理由があるのでしょうか。

小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村

そしてグリーンロードを超えてふるさと村へ到着。昔ながらの真っ赤なポストが迎えてくれます。また施設内にはメンコやけん玉があり子供たちが遊んでいました。童心にかえることができる施設です。家族づれにもおすすめです。家族でも楽しい時間が過ごせます。

小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村

それにしてもほんと村です。かかしがたっていたり、水車がまわっていたり、かやぶき屋根の家があったり・・昔の日本の風景がそのまま残っています。この時代を知らない次世代に伝えていきたい歴史です。入館は無料です。

開園時間:午前10時~午後4時
http://kodaira-furusatomura.jp/

小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村小平ふるさと村

そして伝統料理糧うどんを食べます。小平ふるさと村では、土日に地域の伝統料理である糧うどんを食べることができます。地元の人々の完全手打ちうどんで50色限定です。古民家を利用したスペースで食べることができます。馬屋や土間があります。

小平ふるさと村

やってきました小平糧うどんです。手づくりだけあってぶっとい麺が一本あります。てづくり感がでていてものすごく温かい気持ちになるうどんです。このうどんをつゆにつけて食べます。麺はこしがあってとてもおいしかったです。ぜひとも小平へいったらふるさと村へどうぞ!小平糧うどんは450円です。

http://kodaira-furusatomura.jp/kateudon

小平ふるさと村
場所:東京都小平市天神町2-57
アクセス:小平駅[南口]から徒歩約20分
GASMUSEUMGASMUSEUMGASMUSEUMGASMUSEUMGASMUSEUMGASMUSEUM

そして帰りはガスミュージアムへ。東京駅に似たレトロな建物はガスの歴史博物館になっています。中には日本のガスの歴史が展示してあります。我々の暮らしに密着した展示がしてありますのでどうぞ。入館は無料です。

開館時間:午前10時~午後5時
http://www.gasmuseum.jp/

GASMUSEUM
場所:東京都小平市大沼町4-31-25
アクセス:小平駅[北口]から徒歩約19分
営業時間:10:00〜17:00(入館は16:00まで)
shunji.eva
楽しく美しい旅のスポットをあなたに。 日本全国や世界を計画的に弾丸で旅行し、プレイライフで公開しています。 自分の知らないところをぶらぶら駆け巡るのが趣味です。
このプランが掲載されている特集
小金井・国分寺・国立×おでかけ・散歩のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。