リアルな遊びをプロデュース

【新千歳空港の新定番グルメ!】絶品!フードコート内「まつじん」のジンギスカンステーキ丼に大満足!

「まつじん」は北海道では知らない人はいないほどのジンギスカンの有名店「松尾ジンギスカン」のことです。
2015年12月17日にオープンした「松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店」はこれまでよりも気軽にジンギスカンを美味しく楽しむことをコンセプトにした「まつじん」初のフードコート形態のお店なんです!
定番のジンギスカン鍋を楽しむのもいいですが北海道の空の玄関口、新千歳空港に来たらここでしか楽しむことができない限定のジンギスカンステーキ丼はいかがですか?
ジンギスカン独特の臭みも気にならない「まつじん」の秘密もお伝えします!
老若男女の誰もが大満足すること間違いなしの一品です!

さん
更新日:
閲覧数
3230
お気に入り
0

飛行機

とある日の夕方の便で新千歳空港に帰ります。
「北海道の翼」AIRDOで「北海道の空の玄関口」新千歳空港へ。

新千歳空港

新千歳空港

到着したのが夕食時の時間でした。
何か食べようと新千歳空港国内線ターミナルビル3階のグルメワールドへ。
メニューがたくさんありすぎてどこに行こう…と悩んでいるとフードコートがあるということなのでとりあえずそこへ行ってみることに!

新千歳空港 フードコート

フードコート内の店舗は全部で8店舗。
ファーストフードから北海道の有名店まで様々なお店がそのときの気分に合わせて選ぶことができます。

■営業時間
(店舗によって異なるが最長)8:00~20:30(L.O.20:00)
http://www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/shop/eat/place/place8.html

松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

その中でも今回注目したのは「松尾ジンギスカン」です。
実は松尾ジンギスカンは既に新千歳空港内に店舗があるのですが、フードコート内にも2015年12月17日にオープンしました。
これまでよりも気軽にジンギスカンを美味しく楽しむことをコンセプトにした「まつじん」初のフードコート形態のお店なんです!
確かにジンギスカンは北海道の郷土料理とはいえ、外だとちょっとお高いのでお店で食べる機会ってあんまりないなあ~と思っていたので¥1,000でジンギスカン鍋のジンギスカン定食を食べれるなんてとっても魅力的!
さらに空港のフードコート内にあるということで、時間がない人でも気軽にジンギスカンを楽しめるのも良いですよね。

http://www.matsuo1956.jp/shop/chitose_food/

新千歳空港 フードコート

フードコートの座席数はなんと424席!
とても広々としているので快適な時間を過ごすことができます。
テーブル席とカウンター席があるので友達や家族とでも、1人でも気兼ねなく利用することができますよ。

松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

注文したのはジンギスカンステーキ丼(¥1,180)です。
なんとこのメニューは空港店でしか食べることができない限定メニューなんです!
ロースジンギスカンの網焼きがごはんの上にたっぷり載っていました!
ボリューミーながらもペロッと食べ切れちゃいます。
味噌汁と漬物付きなのもありがたいですね。

また「羊肉の臭みが独特で苦手」と言う方もいるかと思いますが、「まつじん」のジンギスカンはそんな心配がありません!
その秘密はその臭いを消すために10年間進化させてきた漬け込みダレとのこと。
おかげでフードコート内でもたくさんのお客さんがジンギスカンを食べていましたが、独特の臭いが漂ったりすることはありませんでした。

新千歳空港 フードコート

またフードコートのそばにはエアポートヒストリーミュージアムがあります。
私が行った時間は既に営業時間外でしたが、新千歳空港の歴史を知ることができるスポットです。
歴代の制服なども展示されているそうなのでぜひ行ってみては?

■営業時間
10:00~18:00
http://www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/enjoy/airplane/history_museum/

またフードコートから飛行場の様子も見ることができるので飛行機の離着陸の様子を観察するのにもぴったりです。

このプランのマップ

0
ライター紹介
ソウルドアウト株式会社でオウンドメディア「LISKUL」の編集部。 PLAYLIFEの元副編集長。千葉県在住。24歳。 地方に溢れている地方ならではの魅力を発信します。 世の中に溢れている課題をちょこっと解決する特集を作ります。 野球に関するプランをよく書きます。
Line pc bottom