本当に行った 遊びのガイド

【東京のオアシス清澄白河】深川の商店街を散策後は庭園鑑賞。おいしい深川めしを食しリフレッシュ!

清澄白河は東京の深川地域にあり、清澄庭園や深川江戸資料館があります。そのため東京の歴史を学び、庭園でまったり過ごすという最高の休日が過ごせます。都内の中心部からも半蔵門線ですぐに行くことができ都会とは思えない雰囲気を味わえるのでおすすめですよ!

さん
更新日:
閲覧数
1675
お気に入り
1

清澄白河駅

清澄白河駅
東京都江東区白河1丁目6−13

清澄白河駅ですこの辺りはかつての下町深川地区です。最近ではカフェも多くありデートやおでかけにもってこいのスポットです。

深川資料館通り商店街協同組合

深川資料館通り商店街協同組合深川資料館通り商店街協同組合深川資料館通り商店街協同組合深川資料館通り商店街協同組合深川資料館通り商店街協同組合深川資料館通り商店街協同組合
東京都江東区三好3丁目8−5

駅から徒歩3分で深川資料館通り商店街へ。このあたりにはお寺がたくさんあります。出世したい人は出世不動尊へ行きましょう。また東京名物の佃煮のお店や行列ができる深川めしの店深川宿等があります。公衆トイレも江戸時代のような建物になっておりこだわりを感じます。

深川江戸資料館

深川江戸資料館深川江戸資料館深川江戸資料館
東京都江東区白河1-3-28

商店街を歩いていると深川江戸資料館を発見。深川の文化や暮らしが展示されている博物や方です。江東区の公共施設なのですがこだわりが感じられます。

観覧料:大人400円 小中生50円
開館時間:午前9:30~午後5:00
http://www.kcf.or.jp/fukagawa/

清澄庭園

清澄庭園
東京都江東区清澄三丁目3−10

そして今回の目的地清澄庭園へ。このようにわかりやすい表示がしてあるので迷わず清澄庭園へいくことができます。加えて駅チカ庭園です。

清澄庭園清澄庭園清澄庭園清澄庭園清澄庭園

そして清澄庭園へ。春の昼前の庭園は観光客もまばらでゆっくりできました。清澄庭園は岩崎弥太郎とつながりがある回遊式築山林泉庭園です。数寄屋造りの涼亭もあり趣を感じます。涼亭は集会場として借りることもできます。

清澄庭園清澄庭園清澄庭園清澄庭園清澄庭園

本当に庭園は緑がいっぱいで癒されます。この清澄庭園は川と海が近いこともあり、多くの鳥が飛んでくるのでバードウォッチングも楽しめます。

開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
入園料:一般150円  65歳以上70円

清澄公園

清澄公園清澄公園清澄公園
東京都江東区清澄2-2

清澄庭園の横には立派な櫓のたった清澄公園もあります。とても広い公園で、サッカーをしたりキャッチボールをしている親子連れが多かったです。お弁当を買ってピクニックをするのもよいと思います。絶好の日向ぼっこスポットです。

深川資料館通り商店街協同組合

深川資料館通り商店街協同組合
東京都江東区三好3丁目8−5

そしてこの清澄白河周辺に遊びに来たら絶対に食べたいのがアサリがたっぷり入った深川めしです。深川の漁師がアサリの味噌汁をご飯にぶっかけて食べたのが起源です。現在は炊き込んでいるものが主流のようです。このあたりには深川めしのお店が多いのでぜひ。写真は門前仲町の門前茶屋の深川めしです。

このプランのマップ

1
ライター紹介
グローバルローカル問わず様々な地域を探検し魅力を発見するのが趣味です。プレイライフでは日本全国の食べ物や楽しい遊びを集めて精力的に発信していきます!どうぞよろしくお願い致します!