本当に行った 遊びのガイド

【鹿児島名物を短時間で堪能する!】鹿児島中央駅 しろくま&黒豚食べて、シースルー観覧車から夜景をみる

鹿児島県に夕方に到着などの便、出張で観光の時間があまりない、そんな人におすすめ。新幹線の発着、鹿児島空港からのバスでのアクセスなど、鹿児島中央駅周辺での鹿児島名物の楽しみ方を紹介します。

さん
更新日:
閲覧数
3889
お気に入り
0

JR九州 鹿児島支社鹿児島中央駅

JR九州 鹿児島支社鹿児島中央駅
鹿児島県鹿児島市中央町1−1

こちらは鹿児島中央駅からまっすぐのびる「ナポリ通り」から。イタリアのナポリ市と、姉妹都市になったことで命名されました。アミュラン観覧車がのぞめます。さて、それでは鹿児島中駅周辺を散策してみましょう。

無邪気

まずは、駅ビル「アミュプラザ」のB1Fにある『無邪気』へ。ここでは氷菓「しろくま」が食べられます。しろくまは、削りたての氷に練乳をかけて、フルーツや豆類を盛りつけたかき氷です。いまや発祥地の鹿児島だけでなく、コンビニでもおなじみですね。

ちなみに、しろくまの名前の由来は、頂点にあるレーズンとさくらんぼの組み合わせが、しろくまの顔に見えるため(右上)。見えますか?

こちらのお店は、かき氷の専門店ではなく、お好み焼や、もんじゃ焼き、薩摩の地産地消の料理をいただけるお店です。

住所:鹿児島市中央町1番1 アミュプラザ鹿児島B1F
営業時間:10:00~21:00※LO20:30

遊食豚彩 いちにいさん アミュプラザ鹿児島店

やっぱり鹿児島にきたら食べたいのが黒豚。地元の方に聞いてみると、黒豚の味がよくわかるのは「しゃぶしゃぶ」だとか。いろいろな店が駅周辺にありますが、老舗の「いちにいさん」へ。いちの味3800円(しゃぶしゃぶ単品2800円)、蒸ししゃぶコース3800円のほか、キビナゴの刺身など、鹿児島名物の料理も多数あります。

住所:鹿児島市中央町1番1 アミュプラザ鹿児島5F
営業時間11:00〜23:00※LO22:00) 
定休日:無休

出典:http://ichiniisan.jp/

アミュラン (観覧車)

こちらの観覧車は、アミュプラザ鹿児島のシンボル的存在。直径約60m、最大高約91mの大観覧車です。一周14分30秒。

住所:鹿児島市中央町1番1 アミュプラザ鹿児島6F
営業:10:00 〜 22:45(最終乗車時間)
料金:大人500、小人300※1ゴンドラ1200円

アミュラン (観覧車)

こちらはアミュランからの眺め。シースルーという透明なゴンドラに乗ってみました。数が少ないので混雑することもあるとか。

高所恐怖症の人は結構怖いと思います。鹿児島の夜景一望です。昼間なら、桜島など、鹿児島らしい景観をのぞめます。

風が強いときなど、運休する時間帯もありますが、風が止むと動き始めます。

薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店

薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店薩摩思無邪 鹿児島中央駅西口店
鹿児島県鹿児島市西田2-21-23

鹿児島にきたら、ぜひとも食べたいのが鹿児島ラーメン。「鹿児島ラーメン王決定戦」を行うなど、しのぎをけずり、レベルが高いです。こちらは駅近くにある「薩摩思無邪 (さつましむじゃ)」。鹿児島ラーメン王決定戦1回で、準優勝を飾ったお店です。鹿児島ラーメンは、コレっといった形がないですが、新しいタイプの鹿児島ラーメンです。

時間があればぜひ市内や桜島も観光してみましょう!

住所:鹿児島市西田2-21-23
営業時間:11:00~23:45 LO
定休:不定

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)がある。