リアルな遊びをプロデュース

【松江の偉人を巡る旅】怪談で有名なあの小泉八雲を巡る旅!記念館や旧家を訪れた後は八雲庵で蕎麦!

ラフカディオ・ハーン通称小泉八雲。あの怪談などで有名な外国人が長期にわたって滞在したまち。それが島根県の松江市です。この松江市では小泉八雲にゆかりのある史跡が数多くあり、歴史好きが観光するのにはもってこいのまちです。小泉八雲の名前を冠した蕎麦屋と共にお楽しみください!

さん
更新日:
閲覧数
1331
お気に入り
0

塩見縄手

このように塩見縄手の一角には小泉八雲の銅像が立っています。松江では泉八雲は神のような存在です。それでは今から小泉八雲ゆかりの地を巡ります。ちなみに小泉八雲とは怪談を著者として有名なイギリス人の文筆家です。松江に行く際は事前に調べていくことをおすすめします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%85%AB%E9%9B%B2

小泉八雲記念館

小泉八雲記念館

まずは小泉八雲記念館です。こちらでは、小泉八雲に関する資料約200点が展示されています。小泉八雲を知らなくても、資料1つ1つにきちんと説明書きがあり、学びを深めることができます。ちなみに先日私が松江に行った際は改装中で入れませんでした。昔ですが中学生の時、校外学習で行ったのですが、かなり丁寧だった記憶があります。収蔵品は、八雲の遺品、著書、関係図書・資料、妻セツの遺品などで、約1千点以上に及ぶそうです。

料金:大人300円、小人150円
営業時間:8:30〜18:30(10〜3月は〜17:00)

小泉八雲旧居

小泉八雲旧居小泉八雲旧居小泉八雲旧居小泉八雲旧居小泉八雲旧居小泉八雲旧居

次に小泉八雲が暮らした旧居を巡ります。彼とセツ夫人が共に生活した、松江城内堀に面した武家屋敷です。ここでは八雲自身になった気持ちになって作品「知られぬ日本の面影」の舞台となった庭を見ることを強くおすすめします。四方を壁に囲まれてはいますが、自然の山水を絡めた造りで、麗しい緑がまぶしい日本庭園です。この住宅は八雲が住んでいた当時のままの姿で保存されています。ここではカエルの鳴き声と美しい庭を楽しみましょう。

料金:大人300円 小人150円、外国の方150円(小中学生80円)
営業・開館時間
4月~9月 8:30 ~ 18:30(受付終了 18:10)
10月~3月 8:30 ~ 17:00(受付終了 16:40)

松江歴史館

松江歴史館

そして松江市歴史館へ!このミュージアムの無料スペースでは小泉八雲の展示がされています。パネル展示などが非常に凝ってありますので歴史好きにとてつもなくたまらない素敵な観光地です。

八雲庵

八雲庵

これらを巡り終わったら八雲庵へ!小泉八雲の名前を冠したこの蕎麦屋はイチロー、錦織も通うかなり有名なお店です。味も抜群です。特におすすめなのが鴨南蛮!人気店なので並ばないように時間に気を使っていくことをおすすめします。

営業時間:10:00~15:00
http://tabelog.com/shimane/A3201/A320101/32000017/

このプランのマップ

0
ライター紹介
豊かさがあふれる時代、本当に楽しいものやおいしいものを発信できたらと思います。プレイライフではボランティアプランナーとして日本全国や世界各国の魅力を集めて精力的に情報を発信しています。皆様どうぞよろしくお願い致します。
Line pc bottom