リアルな遊びをプロデュース

【美味しんぼにも出た!】ラヂオ焼って?!昭和の時代から続くたこ焼きを開発した難波の会津屋へ!

3059
2016/04/07
0
【美味しんぼにも出た!】ラヂオ焼って?!昭和の時代から続くたこ焼きを開発した難波の会津屋へ!
shunji.evashunji.eva

たこ焼きの元祖って知ってますか?!ラヂオ焼って言うのです。時代は昭和初期、小麦粉のかたまりにこんにゃくがはいっていた食べ物がたこ焼きに進化したのは有名な話です。今日はそんなたこ焼きを開発したお店へ行ってみることにしましょう。レッツゴー元祖たこ焼き会津屋!元祖たこ焼きは素焼きで食べます。

このプランのマップ

戎橋戎橋

食の都大阪難波に行くと絶対食べたいたこ焼き。しかしみなさんたこ焼きの元祖って知っていますか?なんとたこ焼きのもととなったラヂオ焼をつくったお店が難波にあるのです!

戎橋
場所:大阪府大阪市中央区道頓堀1
アクセス:なんば駅[14]から徒歩約2分
会津屋 ナンバ店会津屋 ナンバ店

それが会津屋です。創業は昭和8年。創業者の遠藤留吉が1933年(昭和8年)に、こんにゃくを入れて販売していたラジオ焼きを改良し、醤油味の牛肉を入れ肉焼きとして販売しました。その後1935年(昭和10年)、明石焼がタコ・鶏卵を入れていたことに影響を受けてタコ・鶏卵を入れるようになり、名称も初めてたこ焼きと名付けたそうです。

会津屋 ナンバ店会津屋 ナンバ店

店内はこのようにカウンター中心ですが、すぐに人がいっぱいになってしまいます。各種番組でもとりあげられているので当たり前ですね。

会津屋 ナンバ店

今回はラヂオ焼、たこ焼き、ネギ焼の盛られた三種盛を食べました。価格は550円。ラヂオ焼は本当にこんにゃくが入っていました。家でタコパをするような温かい味が楽しめます。元祖たこ焼きは素焼きで食べますが、店にはソースと酢醤油がおいてあります。ぜひとも一1回元祖ラヂオ焼を食べてみてください。なかなか絶品ですよ。

営業時間:10:00~22:00
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001205/

会津屋 ナンバ店
場所:大阪府大阪市中央区難波5-4-1 ナンバ地下街なんなんタウン B1F
アクセス:南海、市交(御堂筋線)、各なんば駅から直結する地下街「難波なんなん」に位置。 難波駅(南海)から180m
営業時間:10:00〜22:00 ランチ営業、日曜営業
shunji.eva
豊かさがあふれる時代、本当に楽しいものやおいしいものを発信できたらと思います。プレイライフではボランティアプランナーとして日本全国や世界各国の魅力を発信しています。皆様どうぞよろしくお願い致します。
大阪市内(ミナミ)×ランチ・グルメのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。