リアルな遊びをプロデュース

【メンズのファッションはセンスではなく理論】お出かけがもっと楽しくなる

洋服ってお金が掛かるし、結局持ってるモノで済ませている事ありませんか?そこで筆者は今話題の「服を着るならこんなふうに」という漫画にほぼ忠実に実際にコーディネートされて来ました。安くでオシャレに足を長く見せるのが目標です。

さん
更新日:
閲覧数
1495
お気に入り
1

自宅

「服を着るならこんなふうに」
定価980円で全国の書店で販売されています。現在は2巻まで出版されています。登場人物が可愛いのもモチベーションに繋がります。

取り扱っているブランド身近でお手頃なものを扱っています。メンズというよりファッションに疎い主人公と一緒に成長して行きましょう。

ビックロ ユニクロ新宿東口店

ビックロ ユニクロ新宿東口店

まずはビックロ新宿東口店に向かいました。目的は「黒のスキニーフィットテパードジーンズ」「イージージャケット」「白のTシャツ」です。

フレンテ笹塚

フレンテ笹塚フレンテ笹塚

次に向かったのは「ABCマート」です。ここでは黒いコンバースのスニーカーを購入しに来ました。黒いズボンと靴下、靴と同系色を合わせることで足が長く見えるようです。胴長短足種族の日本人には必須のスキルらしいです。3首と呼ばれる首、足首、手首を細く見せるとスッキリ見えるそうです。

自宅

こちらがユニクロで購入した商品一覧。白色のTシャツを購入する予定でしたが、ピンクに冒険したくなったのが筆者の悪い所。ティーシャツ1000円、ジャケット6000円、パンツ3000円、靴下400円、靴5000円と総額約15000円で全身コーディネートしました。

自宅

こころなしか足が長く見えるようになったかもしれません。漫画ではジャケットも黒を買っていて、それに従ったのですが、黒×黒はスーツに見えてしまうため、店員さんの意見なども取り入れるといいかと思いました。次回は2巻を購入してさらにオシャレになれるように頑張ります。

このプランのマップ

1
ライター紹介
好きな食べ物が里芋の時があります。常識人です。
Line pc bottom