リアルな遊びをプロデュース

【今東京で最も注目が集まっている美術展】一生に一度は行きたい!「生誕300年記念 若冲展」

2016年の春の東京で一番話題を集めているのは間違いなくこれ、生誕300年記念 若冲展でしょう。連日NHKなどで取り上げられ続け、行列は瞬く間に伸び続ける注目の展覧会です。その行列に並び日本が誇る名画家伊藤若冲を楽しむための過程をリポートしてみました。24日までで行列がさらに伸び続けることになりますがぜひとも行ってみてほしい名展覧会でした。

さん
更新日:
閲覧数
1863
お気に入り
0

上野恩賜公園

上野恩賜公園上野恩賜公園上野恩賜公園

朝の上野公園へ。時間は朝8時。今から東京で人気が殺到している美術展に行きます。話題の若冲展です。朝だからそんなに人いないだろって思って行ってみると・・・

東京都美術館

え・・・・なんと東京芸大のあたりまで行列が・・・まじか・・っと思いつつ行列に並びます。念のため、アイパッドと無線ランを持ってきていたので、youtubeを見ながら待ちました。噂では聞いていましたが、行列すごいですね。

東京都美術館

やっと東京都美術館の正面にやってきました。しかし、全然動きません。少しづつ少しづつ動いていきます。ちなみにテントは給水場になっており、お水を飲めます。飲み物を忘れたらここで飲みましょう。それにしてもトイレ等のこともあるので、1人でいく事はおすすめできませんね。友達や彼女と行きましょう。

東京都美術館

やっと敷地内へ。ここまで約一時間半です。係の人に聞いた話によると全然マシらしく、過去には320分待ちも発生したとか・・・恐るべし若冲。

東京都美術館

そして館内に入っても行列です。しかし館内に入れば20分程度でいけました。企画展は撮影禁止でしたのでここまでです。正直すごい立派な絵がたくさんありました。特に鶏を描いた「動植綵絵 群鶏図」が個人的に気に入りました。出口では公式画集が3000円で販売されていたのでもちろん購入。ぜひとも一生に一度は若冲を鑑賞することをおすすめします。それにしても朝から二時間半行列に並んだかいがありました。開催期間が5月24日までということもあり、平日土日関係なく最悪長時間並ばなきゃいけないのですが、お昼ご飯時が若干並びやすいみたいです。当日券の販売もありますのでぜひとも行ってみることを強くお勧めします。

会期:2016年4月22日(金)~5月24日(火)
開室時間 午前9時30分〜午後5時30分 ただし、金曜日は午後8時まで

東京都美術館

ところで若冲とはいったい何者でしょうか。 本名は伊藤若冲(1716-1800)で、繊細な描写技法によって動植物を美しく鮮やかに描く一方で、即興的な筆遣いとユーモラスな表現による水墨画を数多く手掛けるなど、85歳で没するまで精力的に制作を続けた画家です。18世紀の京都で活躍したことで知られています。

http://jakuchu2016.jp/

国立西洋美術館

国立西洋美術館国立西洋美術館国立西洋美術館

帰りは国立西洋博物館の前を。世界遺産登録も決まり、ここも人が多くいましたが、若冲展の大行列には全く及ばず。しかし芸術的な銅像などもあり、良い雰囲気でした。

http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

パークサイドカフェ

パークサイドカフェ

行列に並んだら足が棒になってしまい、かなり歩けなくなってしまうと思いますので、帰りはパークサイドカフェへ。スタバがものすごい行列でしたが、ここはほどほどの列で入れそうでした。今後も若冲展は全国各地で開催される可能性があるので、もし各地で開催されることがあればいってみてください!本当に一生に一度見ることを強くおすすめします。

このプランのマップ

0
ライター紹介
豊かさがあふれる時代、本当に楽しいものやおいしいものを発信できたらと思います。プレイライフではボランティアプランナーとして日本全国や世界各国の魅力を集めて精力的に情報を発信しています。皆様どうぞよろしくお願い致します。
Line pc bottom