リアルな遊びをプロデュース

【日ハム2軍本拠地の鎌ケ谷スタジアム!】鎌スタは1人で行っても楽しめる場所なのか?実際に行ってみた!

北海道日本ハムファイターズ2軍の本拠地が千葉県鎌ケ谷市にあるのをご存知ですか?
鎌ケ谷スタジアム、通称「鎌スタ」では平日の日中も試合を開催しています。
今回はそんな鎌スタでファイターズの試合観戦に1人で行ってきました。
初めての鎌スタを1人でも楽しむことができるのでしょうか?
アクセスやグッズ、グルメ情報に加えて私が感じた1軍での試合との違いなどを詳しくご紹介していきます!

さん
更新日:
閲覧数
49967
お気に入り
0

西船橋駅

西船橋駅西船橋駅

これまで札幌ドームでの観戦(http://play-life.jp/plans/11041)や千葉ロッテマリーンズ本拠地であるQVCマリンスタジアムでの観戦(http://play-life.jp/plans/13629)を経験してきた筆者。
北のファイターズファンとしてはどうしても行っておきたい場所があるので、今回は1人ではるばる千葉県までやってきました。

鎌ケ谷スタジアムへは駅からバスで向かうのですが、今回はJR西船橋駅から出る京成バスに乗ります。
他にも東武鎌ケ谷駅、新鎌ヶ谷駅からはシャトルバスが、船橋法典駅からは京成バスが出ています。
バスのダイヤや運賃、目的地までの走行時間については下記をご覧ください。
https://www.fighters.co.jp/stadium/kamagaya/

バスの中

西船橋らしい場所を探したのですが、なかなか見つかりませんでした。
地名を写真に撮っておこうと思ったのですが、それも議員事務所の看板とかぶってしまいイマイチな写りに…。

近くには不思議なスポット、大慶園遊園地があるので気になる方は下記のプランをチェックしてみてください。
http://play-life.jp/plans/11820

また、バスの中ではファイターズの選手たちによるバス内での車内放送を聞くことができます。
おそらくこれが聴けるのは全国でもこのバスの中だけなので、集中して聴いてみましょう。

鎌ケ谷スタジアム

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

バスに揺られること40分、鎌ケ谷スタジアムに到着です!
スタジアムにはファイターズで活躍している選手の写真と名前が書かれています。
ファンなら来た瞬間に笑顔になれること間違いなし!

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

スタジアムの近くにはファイターズの職員の事務所のようなところがあるのですが、そこにはファイターズ2軍のマスコットキャラクター「カビー」の日付入り看板がありました。
また、スタジアム正面では当日券も購入することができます。
チケットについては下記をご覧ください。
http://www.fighters.co.jp/ticket/kamagaya/2016/index.php

券売所の近くにはグッズの自動販売機もありました。
入場後も購入可能ですが、ここで購入できるのも鎌ケ谷スタジアムならではの楽しい工夫ですね。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

時間があったのでスタジアムの外を外周してみました。
この日は13:00からの試合だったのですが11:30前でも既に相手チームが練習していました。
また、近くにはファイターズ選手や関係者の寮である「勇勝寮」があるのですが、11:30頃から選手たちが寮から出てきてスタジアムに集まってきました。
それまでは併設の室内練習場で練習しているようです。
この日は1軍の試合がなかったのもあって、1軍選手も調整のため練習に参加したり試合に出場していました。
また、相手チームである横浜ベイスターズのバスが停まっている場所もありました。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

2015年3月7日にオープンした施設、ファンズ・ラウンジに行ってみました。
こちらは入場料にプラス300円を支払うことで入ることができるラウンジスペースです。
中に入るとこれまでの優勝旗や歴史を振り返るものが展示されていたり、新入団選手のカビーの似顔絵があったりしました。
飲食も可能とのことなので暑さや寒さをしのいで観戦したいときはここへ行くのがいいですね!

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

また、鎌ケ谷スタジアム限定のピンバッチガチャガチャがあります。
ここでしか手に入らない商品で200円なのでやってみるのはいかがでしょうか?

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

そしてついに12:05入場開始です。
入り口でカビーに対面することができました!
写真撮影にも応じてくれますよ。
私はカビーに会いたくてたまらなかったのでこの時点で感無量です。
中に入ると、くまのこ百貨店、鎌スタ☆キッチン、cafe cubbyのお店があります!
総合案内所ではファンクラブ会員の人にポイントが付与されます。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

くまのこ百貨店では鎌ケ谷スタジアム限定グッズを販売しています。
ここでしか買えないカビーの耳が人気商品ですよ。
また、鎌スタ☆ルーレットは1回300円!
とってもお得です。
しかも札幌ドームで販売している限定写真が景品となっていたので北海道に行けないファンには嬉しいです。
この日、私は野球グッズを持っていかなかったのですが、キャップ(¥1,800)とスティック(¥800)を現地調達で購入しました。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

鎌スタ☆キッチンの名物は鎌スタ丼(¥600)です。
北海道産の肉を使用したスタミナ飯となっています。
また、北海道で販売しているファイターズソーセージを購入することできますよ。
ドリンクは300円でカップを購入するとドリンクバーコーナーで1日飲み放題とお得なので、オススメです!

※ドリンク飲み放題は2016年までで終了。
現在はソフトドリンクは1杯200円で販売しています。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

試合開始前にはMCの「ぶそんくん」(https://mobile.twitter.com/busonbuson)とカビーのコーナーがあり、スタメン発表も行われます。
この日は両チームから1軍選手も出場する豪華なメンバーでの試合でした。
1軍の試合だと一緒にスタメンに入ることがないと言われているメンバーが同時に入った試合です。
時折小雨が降っていましたが、傘で凌げる程度の日でした。
選手の応援歌が1軍のものと2軍のもので全く違うのがびっくりでした。
また、せっかく買ったスティックは意外とあまり出番がありませんでした。
札幌ドームのように応援団の応援に合わせて応援する文化は根付いておらず、じっくり試合観戦をするファンが多い印象です。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

試合中に注目したいのが、マスコットキャラクターのカビーの行方です。
席で試合を見ていたかと思ったらイニングの間に急にコーナーが始まったり、お店屋さんを始めたりします。
この日はお客さんたちにプリンを買ってほしいとアピール。
お客さんが「買わないよ〜」と言うと、地団駄を踏んで買ってよ〜!とやってきます。

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

私はごねてかわいすぎるカビーに根負けしてしまい、プリン(¥200)を購入しました。
ついでに一緒に写真も撮ってもらいました。

また、試合の合間にラジオ体操をみんなでするコーナーもありました。
ラジオ体操をする文化があるのは鎌スタならではだそうです!

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

この日の試合は3-0でファイターズの勝利!
ヒーローインタビューを抽選で選ばれた人が行うことができるのも鎌スタの魅力です。

試合終わりにドリンクバーのところへ行ったら調整中の機械にはユーモアのあるお詫びが書かれていました。
カビーが全部飲んでしまったのなら仕方ないですね(笑)

鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム鎌ケ谷スタジアム

試合終わりには選手たちが寮に戻る様子を見に多くの人がダッシュします。
投手や捕手の人たちは自分の出番が終わると帰ってしまうので難しいですが、野手の人たちはこのときにサインや写真撮影などに応じてくれることが多いそうです。
選手たちが疲れていたり、用事があったりすると断られる場合もあるので確実ではないですが、お目当ての選手がいるときは待ってみるのはいかがでしょうか?

バスの中

たくさんの思い出を胸に鎌ケ谷スタジアムを後にします。
出口付近でカビーがTwitterに上げる写真の撮影をしている様子が見えました。
鎌ケ谷スタジアムの様子はカビーのTwitter(https://mobile.twitter.com/cubby_kamasta)でチェックしてみるのはいかがですか?
また、鎌スタでしか買えないお土産を購入したので野球友達へのお土産もバッチリです!
帰った後でカビーのTwitterを見て、その日の思い出を振り返ることができるのもとても嬉しいです。

結果…1人での鎌スタ巡りも最高に楽しめます!

【追記】
そこからたった2ヶ月後、鎌ケ谷スタジアムに再び来ることになるとは、私は思ってもいませんでした。
http://play-life.jp/plans/14987

このプランのマップ

0
ライター紹介
ソウルドアウト株式会社でオウンドメディア「LISKUL」の編集部。 PLAYLIFEの元副編集長。千葉県在住。24歳。 地方に溢れている地方ならではの魅力を発信します。 世の中に溢れている課題をちょこっと解決する特集を作ります。 野球に関するプランをよく書きます。
Line pc bottom