リアルな遊びをプロデュース

大阪・京都から日帰りで行ける!和歌山県・白浜のエメラルドビーチに癒される女子旅♡

時間が無いけど旅に出たい!
思い立ったら吉日。京都・大阪から和歌山県・白浜へ日帰り旅行してきました!
綺麗なビーチは非日常感抜群!美味しい海鮮も食べてパワーチャージしましょう^o^

さん
更新日:
閲覧数
18349
お気に入り
2

白浜駅

白浜駅白浜駅白浜駅

大阪方面から白浜へのアクセスはバスと電車があります。
今回は行きは電車、帰りはバスを利用してみました^^

白浜駅行きの電車は「特急くろしお」
新大阪または天王寺から乗車できます。
天王寺からの運賃は乗車券2870円、特急券1730円でした!
乗車時間は約3時間です。
ちなみに白浜駅ではICカードが利用できないので注意が必要です!現金の準備をお忘れなくっ!

とれとれ市場南紀白浜 プラム工房

とれとれ市場南紀白浜 プラム工房とれとれ市場南紀白浜 プラム工房とれとれ市場南紀白浜 プラム工房

電車にゆらりゆられて白浜に到着したのはお昼過ぎ。
お腹がすいたぁぁあ!ということで、白浜で有名な「とれとれ市場」に新鮮な海鮮を求めて来ました!
白浜駅からバスで約5分で到着します。とれとれ市場行きとバスに書いてあるので間違える心配も無いです。

とれとれ市場には、美味しそうな海鮮がたっくさんあります!牡蠣やマグロなどの定番〜見たことない&食べれるのかわからない生き物まで、種類豊富で目移りしてしまいます。
また、とれとれ市場内には食堂も有り、新鮮な海鮮丼もいただけちゃいます!

とれとれ市場:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332737008

とれとれ市場南紀白浜 プラム工房とれとれ市場南紀白浜 プラム工房とれとれ市場南紀白浜 プラム工房とれとれ市場南紀白浜 プラム工房

海鮮丼もいいな。。。♡と思っていたのですが、今回はバーベキューをすることにしました。
市場内で購入した海鮮を焼いて食べることができる手ぶらバーベキューができちゃうのです!もちろんお刺身なども持ち込みオッケーなので、バーベキューと生魚、どちらも楽しみたい方におすすめです。
使用料は300円。

早速席に案内していただき、牡蠣や鮎、サザエを焼きました♩とれとれ市場内には白ごはんやお肉も売っているので、腹ペコの方もご安心ください!笑

焼きたての海鮮はどれもとーっても美味しくて幸せでした♩
ちなみに、お酒も販売してるのでお昼から飲んでちょっぴりリゾート気分も味わえちゃいますよ!

白良浜

白良浜

とれとれ市場からバスで移動し、「白良浜(しららはま)」へやってきました。
こちらが本日のメインです♩
ビーチの方へ行くと…

白良浜白良浜白良浜白良浜

エメラルドグリーンのビーチが、私たちをお出迎えしてくれました♩
この日はあいにくの天気だったのですが、それでも透き通るようなビーチにテンション上がりまくりでした笑

天気が良かったらもっと綺麗だったんだろうな〜〜>_<

白良浜白良浜白良浜

ここ、白良浜は「関西の沖縄」と言われているほど、関西屈指の美しいビーチなんです。
もちろん泳ぐこともできるので、晴れた日や夏休み期間中は多くの人で賑わいます。
そのためのんびりビーチを楽しみたい方には、雨の日もしくはシーズンオフの期間がおすすめですよ!

白良浜白良浜

ビーチの奥には、岩がゴロゴロと転がっていました。
まるで日本のストーンヘンジ!?と何故かテンションが上がる我々。単純。

三段壁

三段壁三段壁三段壁

さて、またバスで移動して「三段壁(さんだんべき)」までやってきました。
ここはドラマのロケ地としてよく使われている場所なのだそう。さらに、恋人の聖地でもあるそうです。
雨だったので荒波を見ることしかできませんでしたが、晴れてる日は綺麗なサンセットもしくはサンライズが見れてロマンチックなのでしょうか…?

三段壁三段壁

それはさておき。
三段壁の迫力は満点です。なんでこんな風に削れてるの!?と不思議に思うほど壮大な景色です。
ここまで来た甲斐があった〜!と思わせてくれる景色ですよ。白浜駅からはちょっと遠いですが、是非足を運んでいただきたいです。

三段壁(高速・連絡バス)

三段壁(高速・連絡バス)

実は、三段壁から大阪駅行きの直通バスが運行しているんです。大阪へ帰るのに、白浜駅まで戻らなくても良いのはかなり便利です。しかも、片道2980円と、電車よりも格段に安いんです!
予約制なので事前に電話しておきましょう。
当日でも、空席があれば乗ることができます。
その際も、電話で確認するのが望ましいです。

ちなみに、本数は少ないですが京都駅直通の高速バスもあります。

三段壁(高速・連絡バス)三段壁(高速・連絡バス)

三段壁付近にはちょっとしたお土産屋さんもあります。
私たちは和歌山名物の紀州梅とみかんのソーダ、和歌山が誇る柑橘系のフルーツ「じゃばら」のソーダ、地ビールを購入!

バスに乗り込み(爆睡しながら)大阪に帰りました!

大阪・京都から日帰りで行ける和歌山女子旅いかがでしたか?是非日帰り旅行の参考にしてください♩
明日からも仕事がんばろ〜〜ヽ(´o`;

このプランのマップ

2
ライター紹介
素敵なカフェめぐりが大好きです♡
Line pc bottom