本当に行った 遊びのガイド

《祇園祭2017》京都通が伝授!祇園祭をもっと楽しむ4つのポイントとは?

京都の三大祭りのひとつ祇園祭。
うわさには楽しいって聞いたことあるけど、実際そんなに楽しいの?どうやって楽しんだらいいの?
そんなお悩みに、京都在住だった筆者が4つのポイントと共にお答えします!

さん
更新日:
閲覧数
4391
お気に入り
0

四条通

みなさんは祇園祭がどんなお祭りかご存知でしょうか?

祇園祭とは、八坂神社のお祭りで7月の一か月間を通して開催されているお祭りです。祇園祭は前祭と後祭に分けられ、7月の特定された期間には四条通りを中心に「鉾」「山」と呼ばれるやぐらが組み立てられ、見物客を楽しませてくれます。
さて、そんな祇園祭はどうやって楽しんだらよいのでしょうか?

①宵宵山・宵山を狙って訪れるべし

まずは訪れる日にち。
祇園祭は7月の一か月間開催されていると前途ましたが、お祭りムードが一番高まるのは「前祭の宵宵山と宵山(7月15,16日)」の日です。
なぜかというと、その二日間の18時~はあの四条通りと山鉾がでている通りが歩行者天国になるんです。
写真のように、広い四条通りが人で埋め尽くされます。
また、この二日間だけ屋台も出ていて京都がとてもにぎやかになります。

②浴衣を着るべし

京都の夏祭ということで、やっぱり浴衣を着て楽しんでいただきたいです。
実際に浴衣を着ている方も多いです。夏の京都は暑いですが訪れるのが夜なら少し涼しくなるので、チャレンジしていただきたいです。

★浴衣を着る時のポイント
浴衣の着崩れ防止の為に帯を巻く前にタオルを巻くと良いです。
荷物は最小限にしてお祭りを楽しみましょう!

③山鉾を見物すべし

祇園祭の見どころと言えば、何といっても「山鉾」
四条通りやその界隈に数多く点在しています。どれも一緒でしょ?と見ない方も多いのですが、一つ一つデザインが違いますし、それぞれに歴史もあります。

私のおすすめの鉾は、綾小路通りにある「綾傘鉾(あやがさぼこ)」他の鉾とはちょっと違い、やぐらに傘がある鉾なんです。

山鉾のやぐらには一般の方も登れるので、登ってみるのも楽しいですよ。

④限定グルメを食べるべし

祇園祭限定のグルメも見逃せません。
京都の有名店がこぞって限定グルメを提供しています。

私のおすすめは膳所漢ぽっちりの「しみだれ肉まん」と、パンケーキが有名なうめぞのgarallyの「黒糖わらびもち」
わらびもちは口に入れた瞬間溶けてしまうほど柔らかくて美味しすぎるので絶対食べていただきたい一品です。
他にも祇園祭限定グルメがあります。詳しくはこちら⇩
http://play-life.jp/plans/13088

さて、祇園祭を楽しみ4つのポイントが分かったら、早速祇園祭へ行く準備を始めましょう^^
思いっきり楽しんできてください♩

このプランのマップ

0
ライター紹介
素敵なカフェめぐりが大好きです♡