リアルな遊びをプロデュース

【パクチーと青とうがらしが主役!】タイ バンコク風酒場でおしゃれな女子会ディナー!

2016年8月27日に新宿にオープンした「Pak-chee Village」をご存知ですか?
パクチーと青とうがらし(グリーンチリ)をめいっぱい堪能できるタイ バンコク屋台風の食堂です。
もちろんお酒も置いているので、夜の飲み会やデートにもぴったり!
今回はオープン直後のお店で女子会を楽しんできました。
パクチー、青とうがらし好きの人にはたまらないお店なのでぜひ行ってみるのはいかがでしょうか?

さん
更新日:
閲覧数
1060
お気に入り
0

新宿アルタ

新宿アルタ

今日は仲良しのメンバーで女子会!
ということで、新宿駅東口で待ち合わせです。
駅の前には新宿アルタがあるので、早めに到着した場合は店内でショッピングを楽しむのもいいですね。

■営業時間 11:00~20:30
※一部店舗は営業時間が異なります
■定休日 不定休
■住所 東京都新宿区新宿3-24-3
http://www.altastyle.com/shinjuku/

パクチービレッジ 新宿

パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿

JR新宿駅東口から徒歩3分のところに「Pak-chee Village」はあります。
ロゴがとてもかわいらしいですね。
しかし、かわいいのは決してロゴだけではありません。
店内に入る洞穴のような通路をくぐり抜けた先にも、女子の心をくすぐる世界観が広がっていたのです…。

パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿

見てください、こちらの店内!
「バンコク屋台風」と言われると、異国風の雰囲気漂う店内だったりして入りにくいのではないか?と思ってしまったのですが、そんなことは全くありません。
ちょうど良く異国風の雰囲気と、日本人にも入りやすい空間とが融合しています。
お店の紹介文によると、
『ワイワイ飲みたい男性のお客様はもちろん、女性グループでも入りやすいデザイナーズ“酒場”。
お仕事帰りのチョイ飲みから、少人数での女子会、宴会など、幅広い用途でご利用いただけます。』
とのこと。
なるほど、確かに今回は女子会シーンでの利用ですが、デートや飲み会などにも使える素敵な空間だと感じました。
これはお店の雰囲気だけでもリピート確定ですね。

パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿

店内の雰囲気の次に気になるのはメニューですよね。
一体どんなメニューがあるのでしょうか?
まだできたばかりのお店のため、口コミなどの情報は一切ありません。
こういうときにはメニュー表を開いてみるのが一番!
ということで一緒に見ていきましょう。

まずドリンクは塩レモンサワーとパクチーを使ったハイボールやモヒートなどがこだわりの商品のようです。
そして、フードはやはりパクチー推し!
やはりメニューに大きく表示されている商品に挑戦してみたいですね。

パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿

気になるので、パクチーハイボール(¥580)を注文しました。
爽やかなハイボールにパクチー独特の風味がマッチしています。
また、おつまみメニューのパクチー辛メンマ(¥400)も絶品。
お酒の味を引き立てるのはもちろんですが、ごはんに載っけて食べても美味しそうな味です。

パクチービレッジ 新宿パクチービレッジ 新宿

他にもパクチーサラダ(レギュラー¥1,380、ハーフ¥1,080)やパクチーポテサラ(¥500)、パクチーネギザーサイ(¥300)や青とうがらしのピクルス(¥300)、ORIGINAL トム・ヤム・クン(¥1,490)など、パクチーや青とうがらしを楽しみたい人にはたまらないメニューばかりです!
もちろん、苦手な人でも食べれるパクチーや青とうがらしを使用していないメニューもありますよ。
全部制覇したくなってしまいます!

パクチービレッジ 新宿

いかがでしたか?
駅からのアクセスも良く、お手軽にパクチーや青とうがらしを楽しめる素敵なお店なのでぜひ訪れてみてください。

■営業時間
[月~木・日・祝]
17:00~24:00(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
[金・土・祝前]
17:00~翌4:00(L.O.翌2:30、ドリンクL.O.3:00)
■定休日 不定休
■住所 東京都新宿区新宿3-20-6 FSビル8F
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13199147/

このプランのマップ

0
ライター紹介
ソウルドアウト株式会社でオウンドメディア「LISKUL」の編集部。 PLAYLIFEの元副編集長。千葉県在住。24歳。 地方に溢れている地方ならではの魅力を発信します。 世の中に溢れている課題をちょこっと解決する特集を作ります。 野球に関するプランをよく書きます。
Line pc bottom